J2にしがみつく

今季の讃岐について

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季の讃岐について

総論

 今季の讃岐に関して、開幕時点では昨季まで以上に残留への自信を得ていたような記憶がある。主力の流出も最低限であったし、他のクラブで実績のある選手を複数補強できた。昨季の泣き所であった層の薄さを大幅に改善できたのだ。これで怪我人が同ポジションに重なったとしても、ゲームの質を極端に落とす事は無くなるように思われた。しかし蓋を開けてみると序盤戦から勝てない試合が続き、昇格初年度並みの低調なスタートとなってしまった。原因は色々有ろうかと思うが、一番は失点の多さである。  昨季までの讃岐は守備的な戦術で何とか残留してきた。昇格初年度は弱過ぎて守備をするしかなかった。15年シーズンは清水の加入もあって、ベタ引きを貫きJ2最少失点を達成した。だがこれではあまりに見栄えが悪いので翌年の昨季は少し攻撃的にした。予想通り失点は増えたのだが、試合内容は少しまともになった。そうした経緯を踏まえて今季は選手層を厚くしたのだ。怪我人が多少出たとしても、攻撃的な試合を維持する事を目指していたように思う。  世に失点の仕方という物は色々有ろうかと思うが、序盤の讃岐は万遍なく悪かった。勿論セットプレーからの失点がまずもって酷かったのだが、流れの中からの失点も嵩(かさ)んだ(カウンターからも遅攻からも失点していた)。全てに共通しているのは、DFがペナルティーエリアの中でスペースを掴んでいなかったり、マークが曖昧であったりした事だ。守備の苦手な選手を最終ラインに置いたり、低い位置で横パスを繰り返した結果、マークが外れがちになっていたようだ。  7月ぐらいには、「もう降格するな・・・」とJ3に陥落した際のポジティブな面とネガティブな面を想定するようになっていた。これは人間なので仕方がないだろう。この時期が最もキツかったが心の支えがあった。14年シーズンの富山のような存在として、群馬がいてくれた事である。普通25試合で勝ち点14という物はダントツ最下位のはずである。にも関わらず隣に群馬が寄り添ってくれていたのだ。ただ今季から降格枠が1.5から2へと増えているので、これだけでは無意味であった。そこへもう1つの要素として、J3上位に秋田沼津がいてくれたという事情もあった。この2クラブはライセンスを持っていないので、所謂(いわゆる)門番である。どちらか1つが2位以内に入ってくれれば降格枠が減るという事実は、降格圏のファンにとっては貴重な希望となった。  8月になって突然5連勝したのだが当時は意味不明であった。なぜ好調になったのかよく分からなかった。今振り返ってみると、色々な面で勝ち易いタイミングが重なったように思う。対戦相手の5チームは逆立ちしても勝てないような強豪ではなかったし、偶々(たまたま)相手が不調であったり、讃岐の開き直ったようなポジション変更やアレックスの加入などもあった。これら様々な要素が複合的にハマったと言えるだろう。今季の攻撃的な基盤がこれらの要素を得て勝ちに繋がった(もちろん幸運も忘れてはならない)。  その後ハラハラするような終盤戦であったが、秋田沼津の奮闘や群馬の低迷もあってなんとか残留できた。  今季の総括としては、これまでの残留がいかに快挙であったのかを思い知らされるシーズンという事になる。14年の長野との入れ替え戦を経ての残留。15年のベタ引きでの残留。16年の浮き沈みのある残留。これらの残留はなりふり構わず残留のみを狙っての残留であり、凡(およ)そ再現が期待できない快挙であったのだ。今季は残留どころか中位も狙えるか、という甘い見通しの讃岐サポーターもいたのかも知れないが、これだけのメンバーを揃えてもまだ残留争いが妥当であり、今季は特に不運でも幸運でもなかったのだ。それぐらいJ2で讃岐程度のスモールクラブが残留するという事は至難の業である。讃岐は普通に事が進めば降格する位置にいる、という現実を忘れてはいけない。謙虚に行こう。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
閑話
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

100万援軍を得た気持ちです。

おおおおおぉぉぉおおおお~~~

早速のお聞き届けありがとうございます。

感謝感謝感謝

感涙感涙感涙


100万の見方を得た気分です。

2018シーズンに向けてブログ村最強最大の補強です。


本当にありがとうございました。


がくおさんへの返信

コメントありがとうございます。いつも読んで下さっているそうで、ありがとうございます。読者の方々の存在がブログを続けていくモチベーションになっております。サッカーなどのスポーツは喧々諤々(けんけんがくがく)議論するのが楽しいですよね。選手の皆さんからすると素人に的外れな批判をされて迷惑なんでしょうが、それもある程度は給料の対価であろうかと思います。
カマタマーレブログ村という物を初めて知ったので、登録方法を調査して私も登録してみようと思います。紹介して下さりありがとうございます。

今季の讃岐について

いつも楽しみに拝見していました
今年1年ありがとうございました。


わたくしのような素人でもわかりやすく
戦術や選手、監督の狙い・動きを解説下さいました。


おかげで前日の試合を冷静に振り返ったり
次節への期待を膨らましたりさせていただきました。


試合後は何時更新されるのか
ドキドキして楽しみにしていました。


お引っ越し先でも
必ず拝読いたしますね。



よろしくお願いいたします。




故に読めば読むほど
もっと多くの仲間に読んでほしいと
望むようになりました。


色々お考えおありでしょうが
いかがでしょう・・
カマタマーレブログ村にご登録いただけないでしょうか。



カマタマーレブログ村は
2012年に「いつでもサポがカマタマーレに触れられる場所を」との呼びかけに
有志が参加し、現在に至っております。
みんな熱心に更新してくれています



おっしゃる通り
来期のカマタマーレは
その生存を賭けたシーズンとなると思います。



故に
試合そのものを冷静に振り返ることのでき、
今置かれた場所を指し示す
ブログがとてもありがたいのです。


是非引越しを機会にお考えくださいね

よろしくお願いします


長文失礼いたしました。




追伸
参加いただけたら来シーズンに向けて
カマタマーレブログ村最大の補強になります(笑)

ssさんへの返信

コメントありがとうございます。引っ越し先のブログでも讃岐の試合の事を書いていこうと思います。大変励みになります。

こんな記事も読みたい

スポナビ気付ブログ御中の周辺をウロウロと…(最後の最後に感謝を込めて)【4thDayMarketCenter】

天皇杯の罠〜横浜vs柏(12月23日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

総覇【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

J2リーグ 第42節 讃岐x名古屋(0:2)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第41節 長崎x讃岐(3:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第40節 讃岐x松本(1:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第39節 町田x讃岐(1:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第38節 讃岐x山形(0:0)【J2にしがみつく】

ブロガープロフィール

profile-iconcarp-hooligan

香川県在住のスポーツ好きの人間です。
ユナイテッドや鹿島やカープが好きでしたが、数年前から地元のカマタマーレも好きになりました。
  • 昨日のページビュー:70
  • 累計のページビュー:529218

(01月15日現在)

関連サイト:twitter@carp_hooligan

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J1残留争いとサックレース(第16節終了時)<前編>
  2. J1残留争いとサックレース(第26節終了時)
  3. 清水が本気を出した事について
  4. J1の残留争いに関して(2017年10月の中断期間)
  5. J1残留争いとサックレース(第16節終了時)<後編>
  6. 第三者から見た王国清水について
  7. J1残留争いについて
  8. J2定点観測 その4
  9. J2定点観測 その2
  10. 今季の讃岐について

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss