J2にしがみつく

J2リーグ 第12節 京都x讃岐(1:0)

このエントリーをはてなブックマークに追加

5/7(日) 16:00~ 西京極

J2リーグ 第12節 京都x讃岐(1:0)

天気:晴れ 気温:25℃ 風:中風 動員:6,813人

・讃岐の最近5試合

名古屋 ●1-2(A) ※惜敗

岡山 ▲1-1(H) ※何とか追いつく

岐阜 ●1-3(H) ※惨敗

松本 ●0-4(A) ※惨敗

千葉 ▲1-1(H) ※泥臭く引き分け

ここまでの成績 第20位 勝点 8 得失点 -6

対戦相手(京都)の最近5試合

横浜C ●0-2(A) 

愛媛 〇3-2(H)

松本 ▲1-1(H)

大分 〇3-1(A)

名古屋 △1-1(A)

ここまでの成績 第16位 勝点 12 得失点 -2

雑感

 今日もまた負けてしまった。いつになったら勝てるのか、長いトンネルに入っている。近場のAという事で現地まで駆け付けた訳だが、無力感に苛まれている。讃岐にとっては残留が目標であるのだから、こういう事態には慣れているつもりであるが、やはり無力感を感じる試合は精神的負担が重い。  スタメンに関しては、前節に引き続き瀬口が起用されていた点に驚いた。前節に瀬口が無難なプレーで勝点獲得に貢献した点を重視したのだろうが、私はこの起用には反対である。GKはとても大切なポジションであり、実力主義で臨むべきである。清水のパフォーマンスが瀬口を上回っていると思うので、清水を起用すべきである。単純で良いと思う。他のメンバーに関しては、出場停止を受けていた二人が戻ってきており、驚きはない。システムも前節同様3-4-3である。  ゲーム内容としてはお互いが同じようなサッカーをしていた。非常に固いサッカーであり、前線にロングボールを蹴っていた。京都の2トップは非常に高さに秀でており、その特徴に合わせた適材適所のサッカーであった。讃岐は現状このサッカーしかないので仕方がない。同じスタイルであれば、当然個人能力の高い方が優勢になる。特に京都の闘莉王は支配的な選手であり、前線の起点としてアクセントをつけていた。セットプレーにおける守備においても、ことごとく弾き返せていたのでさすがである。それでも前半については、讃岐も計画通り安全運転でスコアレスを維持できていたように思う。37分にセットプレーのこぼれを闘莉王に押し込まれて失点したが、空中戦での個の差が出てしまった。必然的な失点と言えよう。  後半からは追いかける讃岐のポゼッションが上がり、決定機は京都に増えるだろうと予想したが、そうはならなかった。京都のポゼッションが上がり、京都の決定機も増えたのだ。冷静に考えれば当然であり、京都の中盤は上手いのだ。またこのゲームを通じて決定的であった要素として、京都の守備は組織的に整備されていた。讃岐のパスは至る所で寸断されていた。スコアこそ1-0であるが、それ以上に差を感じる、無力感の残る試合であった。  監督は60分くらいからエブソンを前線に上げてパワープレーを選択した。潔い事この上ない。他に打開策が見当たらなかったのだろう。この事は微力ながら効果があったようで、讃岐のセットプレーも多少見られるようになる。そんな折、京都のオリス選手が一発退場になった。最初、讃岐のリスタートの位置が低過ぎるという事で自ら蹴ってボールを正しい位置に動かした。これ自体は反則であり、イエローカードもありうる行為であるが、審判は流していた。その後唐突にレッドが出されたのだが、あれは何だったのだろうか。何かいけない言葉を言ったのか、暴力行為に及んだのか、全くの謎である。とにかく讃岐にとってはラッキーであり、多少押し込めるようになったが、大勢に影響は無かった。  讃岐はできる限りの抵抗を見せたが、勝つ事も引き分ける事も出来なかった。最近こうした総括が増えている点が寂しい事実である。伸びしろを感じないサッカーであるので、相手が悪いプレーをした時にのみ勝つチャンスがある。その時まで自分達の水準を最低限維持していれば良いと思う。それで残留できるかどうかは、他にもっと酷いチームが何チームあるかに依存する話である。  今日はA観戦という事で、讃岐のサポーターの方々と同じ席からの観戦となった。みなさん熱心に応援していて、一喜一憂していた。特に応援マナーで問題となるような事もなく、牧歌的な雰囲気であった。こういうサポーターを持つクラブのファンであって良かったと思った。  対戦相手の京都に関しては、良い印象を受けた。やるサッカーがコロコロ変わるという根本的な問題は置いておいて、現状では最も勝ちやすいサッカーである。守備の整備が出来ているので、闘莉王頼みで勝点を拾っていくスタイルは安定している。当然闘莉王がコンディション不良で離脱する場合が心配になるが、他にもエスクデロや大黒など名手が揃っている。安定した守備を前提に、前線を個人頼みでやり繰りしていけば、昇格の可能性は十分にあるように思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
マッチデー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドクトルの帰還【ピッチに紫の風が吹く】

なぜ、ジェフ千葉が勝ち切れないのかを考える~攻撃編【続き】【東京ドームに計画停電を!】

【GVK】急募!アイデア力!(VS栃木)【向日葵よ前へ進め!】

J2リーグ 第11節 讃岐x千葉(1:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第10節 松本x讃岐(4:0)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第9節 讃岐x岐阜(1:3)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第8節 讃岐x岡山(1:1)【J2にしがみつく】

J2リーグ 第7節 名古屋x讃岐(2:1)【J2にしがみつく】

ブロガープロフィール

profile-iconcarp-hooligan

香川県在住のスポーツ好きの人間です。
ユナイテッドや鹿島やカープが好きでしたが、数年前から地元のカマタマーレも好きになりました。
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:443598

(05月27日現在)

関連サイト:twitter@carp_hooligan

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J1残留争いとサックレース(第16節終了時)<前編>
  2. J1残留争いとサックレース(第26節終了時)
  3. 清水が本気を出した事について
  4. J1残留争いとサックレース(第16節終了時)<後編>
  5. 第三者から見た王国清水について
  6. J1残留争いについて
  7. J2定点観測 その4
  8. J2定点観測 その2
  9. 今季の讃岐について
  10. 第三者から見た王国清水 その2

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss