スポな美

-Sports is Beautiful- 懸命にスポーツに取り組む選手たちの姿は美しい

calcio001

[[20071106-05.gif]] [[calcio001|http://calcio001.aboutme.jp/profile]]: 自分が見た試合を自分なりに記録していきます。解説者ではなく1ファンとして応援を通じて もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:691318
  • (02月24日現在)

最新の記事

プレミア開幕

基本的に「観た試合」しか書かないんだけど、これは観てません。ていうのも、プレミアの開幕がこの時期だって、いつものことで分かってたのに何故かすっとんでた。日曜の朝にNHKのニュースを見ていたら、「プレミアリーグ開幕」というニュース。 え?聞いてないけど? そりゃそうだ、誰も教えてくれないもん。JSPORTSの番組表とかサイトは見ていたつもりだったのに気付かなかった。それもそうだ、放映権......続きを読む»

ネットビジネスの宿命

ワールドカップが終わって気付いたら、サイトの右上に何だかデカイ広告枠が。これまで広告は一切掲載してなかった当サイトですが、そのポリシーを崩して広告枠を掲載しなければならなくなったそうです。あまり気にしない人は気にしないかもしれませんが、「スポーツに関することだけを書くブログ」とユーザーと提供側とで約束してきたことで気付いたエンゲージメントが、こうして広告一本どーんと載せることでなし崩し的に崩れないか......続きを読む»

ドイツがアルゼンチン粉砕

アルゼンチン×ドイツ ケープタウンのグリーンポイント ともにここまで好調の両チーム。オランダ×ブラジルと並び順々決勝屈指の好カード。開幕当初から個人的にはアルゼンチンは優勝候補にはならないかと思ったが、世間的には違うようだ。ブックメーカーの予想などはドイツよりも上っぽい。今回のドイツはかなり強いし、アルゼンチンを現時点では上回っていると思う。自分が応援していたイングランドがあれだけ完璧にや......続きを読む»

日本代表ベスト8ならず敗退

パラグアイ×日本 プレトリアのロスタフ・ヴァースフェルド。 日本の夢、サポーターの夢、まだ夢は終わらない。 ベスト8を目指しての日本サッカー史にとって大事な戦い。 最初のシュートは日本。高い位置でパスミスを奪ってそのまま大久保が右足で強いシュート。ゴール左にそれたけど、「今日も積極的に攻めていく」その姿勢、意識を再確認してスタートできた大事な場面。 20分、ルーカス・バリオス......続きを読む»

幻のゴールか、デジタルな判定か

また議論再燃ですね、こういう問題が生じたことがトリガーになって・・という展開も無くはないですが、サッカーの歴史を大きく動かしますよね。これから先、FIFAが動くことがあるのだろうか。要注目。 以前も自分ブログで書いた覚えがあります。 ⇒「ホークアイ」 (以下、Goal.comの記事から引用) ファビオ・カペッロ(イングランド代表監督) 「審判団への怒りよりも…」 ......続きを読む»

だらしない試合もオランダ貫禄勝ち

オランダ×スロバキア ダーバンのモーゼス・マビダ。 まずピッチ、ダーバン最後の試合となるが、なかなかめくれ上がってひどかった。仕方のないことかもしれないが、決勝トーナメントの大事な試合会場であるだけに、ちょっと残念。 さて、若い力が躍動する初出場のスロバキア、イタリアを破った試合を見ていないので個人的にチームを良く分かっていないが、組織的でいいチームに見えた。ただ、最後の最後に決定力......続きを読む»

また歴史を刻んだドイツ×イングランド

ドイツ×イングランド ブルームフォンテーンのフリー・ステイト。 日曜の夜中にずいぶんと熱い試合をやられてしまったもんだ。金曜の夜にしてほしい、頭が熱くなって眠れない。でも、決勝トーナメント1回戦の中でも最大の注目カードであろうこの対戦だけに、期待していたのはつまらない潰し合いではなく、こういう試合なんだろう。その期待応えるに十分な試合である。ただ、結果だけ言えばイングランドを第一に応援して......続きを読む»

堅守強攻ウルグアイ

ノックアウトの決勝トーナメント、最初の試合。 ウルグアイ×韓国 ポート・エリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ。 ここからの試合は、戦い方も気持ちのスイッチも今までとは違ったものになる。すべてが生きるか死ぬかの試合。最初の試合はホスト国である南アフリカ、前回大会準優勝国のフランスと同居したグループAを勝ち上がったウルグアイ。フォルラン、スアレス、カバーニというFW陣が調子を上げている。韓国......続きを読む»

日本快勝!決勝トーナメント進出!

デンマーク×日本 ルステンブルグのロイヤル・バフォケン。 オランダ勝ち点6、日本勝ち点4、デンマーク勝ち点4、カメルーン勝ち点0で迎えた第3戦。デンマークがオランダに2点取られたのに対して、日本は最小1失点に留まったため、我らが日本は暫定2位で最終戦を迎える。この直接対決、引き分けで日本が勝ちぬけになる。メンバーはこれまで通り。日本時間で朝3:30のキックオフ、「ライブ放送で見て良かった」......続きを読む»

イングランド2位通過

スロベニア×イングランド ポート・エリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ。 スロベニアは勝ち点4、対するイングランド勝ち点2。引き分けでいいスロベニアに対して、勝たなければならないイングランド。立場上有利なのはスロベニア。もちろん実力ではイングランドのほうが高いわけだが、だから必ず勝てるわけではないのがサッカーだ。アウェイ側のイングランド、今日は赤いセカンドユニ。FWにはヘスキーではなくデフ......続きを読む»

劇的勝利

アメリカ×アルジェリア プレトリアのロフタス・ヴァースフェルド。 勝ち点2のアメリカと勝ち点1のアルジェリア、もう一方の試合にもよるが勝ち点3を取らなければ決勝トーナメント進出の可能性が低い両チーム。勝ち点3をめぐってかなりオープンな試合になった。イングランド戦が無ければこちらの試合をしっかり見たら相当面白かったと思うが、同時キックオフのスロベニア×イングランド戦と並べて2画面観戦なもんで......続きを読む»

ホスト国躍動の90分

南アフリカ×フランス ブルームフォンテーンのフリー・ステイト。 勝ち点1ずつの両チーム、一方は大陸初開催のホスト国、一方は前回大会の準優勝国。個人的な戦前予想では、そうは言ってもフランスが勝ちぬけるだろうし、ホスト国のサポーターの力が後を押して南アフリカが次に続くのではないかと思っていた。完全に裏切られてしまったが、前の2試合を見ればフランスが勝ち抜くと予想したことがどれだけ間違いだったか......続きを読む»

チリとスイスの好ゲーム

チリ×スイス ポート・エリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ。 国の名前だけ並べたらいつものワールドカップなら地味な対戦と言わざるを得ないカード、しかしこの大会は違う。初戦でともに勝利して勝ち点3を得ている両チームはグループHを激戦区にした主役の2チームだ。いずれもここでもう3つ勝ち点を重ねて決勝トーナメント進出を確実なものにしたいところ。特にチリについては、次の試合にまだスペイン戦を残して......続きを読む»

ウルグアイが首位通過

メキシコ×ブランコ ルステンブルグのロイヤル・バフォケン。 今日はブランコ、グアルダードがスタメン。メキシコのカリスマはスタメンでスタミナがどうなのかよく分からない。一方のウルグアイ、こちらは何気に見ていると、チリを彷彿とさせる。組織的にはチリのほうが攻撃力は高いと思うが、前線2人だけで形を作ってしまう強さがウルグアイにはある。さらに今日はカバーニが加わって攻撃陣に厚みが加わったウルグアイ......続きを読む»

スペインをスイスが撃破

スペイン×スイス ダーバンのモーゼス・マビダ。 今大会の優勝候補筆頭、スペインがグループリーグの最後に登場。日程的に最終日からスタートするだけに、その日程がために優勝できないのではないか、という見方も少なくない。ただ、選手層も厚いし、比べるのは違うかもしれないけど、EUROも最後尾グループDだったスペインが優勝している。そういうことは大したハンデにならないのではないか、それだけの期待をかけ......続きを読む»

オランダ順当勝ち

オランダ×デンマーク ヨハネスブルクのサッカー・シティ。 グループリーグの第一節屈指の好カードにして、日本と同じE組のライバル同士の対戦。個人的予想としてはこの2チームが決勝に勝ち抜けるだろうと思っているけど、その出来はどうか(もちろんその予想は我らが日本に覆してほしいのだけど)。気持ち、幾分かブブゼラの鳴りが控え気味な気がする。欧州勢同士の対戦ということや、ファン・マル・バイク監督が練習......続きを読む»

日本 カメルーンに勝利!

日本×カメルーン ブループフォンテーンのフリー・ステイト。 標高1400mのスタジアムが2010年ワールドカップ、日本の最初の舞台。 ついに迎えたこの時、親善試合でも勝利できず得点の感覚も失いかけてないか心配。勝ち方を忘れてないか、そんな不安いっぱいの初戦を迎えるサムライブルー。楢崎ではなく川島にしているというのも、本職のFWを置かずに最前線に本田を置くというのもそれがベストアンサーかと......続きを読む»

来たぞ韓国!

韓国×ギリシャ ポート・エリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ 収容46,000人というスタジアム。昨日は特に気にならなかったが、今日開始前にパッと目がいくのは空席の多さ。ゴール裏はまだしも、メイン側は相当に空いている。・・が、とにかくそれでもブブゼラが耳につくので、雰囲気的には人が少なくても多くても関係ないんだけど。 中盤と前線にキーとなるプレーヤーが配されている韓国。期待は十分。ヨ......続きを読む»

フランス厳しいぞ

ウルグアイ×フランス ケープタウンのグリーン・ポイント。 グループAは、Gのそれよりも派手さはないが死のグループといえる。本来抜きんでているべきフランスが低調がゆえ、「ほかの3チームが残り1枠を争う」という構図でもない。4カ国で2枠を争うこと必至だ。そういう意味ではアウトサイダーがいない分、“拮抗している”という面ではグループGよりも激しいかもしれない。開幕戦で南アとメキシコが引き分けてい......続きを読む»

南アフリカ開催国の誇り

南アフリカ×メキシコ ヨハネスブルクのサッカー・シティ。 ついに2010年ワールドカップ南アフリカ大会が開幕。 南アフリカ最大の都市、ヨハネスブルクにあるメインスタジアム、サッカー・シティは88,460人収容という巨大スタジアム。黄色、緑、赤というアフリカ色で埋め尽くされたスタジアム。アフリカナイズのオープニングセレモニーの後、ブブゼラの大きな歓声の輪をくぐるように選手たちが入場。その表......続きを読む»

W杯開幕

いよいよアフリカ初のワールドカップが開幕。 アフリカ大陸最南端の国、南アフリカが舞台。 開幕セレモニーもアフリカナイズされた演出。歌やダンスも民族衣装を着たアフリカのアーティストが演じてたかと思うんですが、セレモニー中も耳を劈くブブゼラの大音量が鳴り響いて何も聞こえない。・・・。 “つんざく”って初めて変換した。こういう感じなんだ。 なんだかなぁ。ホントにあれってそのままでイイん......続きを読む»

いよいよだ!

何事もビッグイベントというのは「始まる前」が一番面白かったりする。 ということで、自分のインスピレーションで振った予想、というか希望も含め。Aグループはフランスが落ちる可能性もある。意外に低くない確率で。実力的にはメキシコだけど、ホスト国に頑張って欲しいという想いを込めて南アに突破してほしい。Bでは韓国が抜けるんじゃないかと思う。ライバル国だけども、前線のタレントが力を発揮して、それ以上に......続きを読む»

アジアの力

スペイン×韓国、オーストリア・インスブルックのチボリ・ノイ競技場。 スカパー開放日でフジのCSで観る事ができた。ナイスですスカパー。 内容をじっくり見てはいないので大雑把な感想しかないけど、韓国はなかなか組織が整ってますね。個人個人も自信を持って堂々としたプレーが印象的。スペイン相手に見上げるような試合はまったくしてなかったです。 スペインも辛勝とは書かれているけれども特別悪いとい......続きを読む»

テンプレ:ワールドカップ南アフリカ大会

久しぶりにテンプレート変更。と、ワールドカップ仕様ができているとは。 このブログを始めてから初めて迎えるワールドカップ。ちょっと前まではまったく気持ちも沸かなかったけど、あと1週間というところになるとさすがに期待が高まってきた。この1か月、ワールドカップ仕様でいってみよう。 ...続きを読む»

不安しか得られなかった最後の試合

コートジボワール×日本、スイス・シオンのスタッド・ド・トゥルビオン。 ワールドカップに向けて最後の試合。仮想カメルーンとして最後の相手となるのはG組でブラジル、ポルトガルと同居しているコートジボワール。向こうからすれば、こちらは仮想北朝鮮というところか。日本のメンバーはイングランド戦のそれとそれほど変わらない布陣。今野と長友が逆くらい。 あまり内容についてここに記述するようなことはな......続きを読む»

エトーのモチベーション

カメルーン代表23名が決定、エトーも選出されたようです。ロジェ・ミラから「エトーは代表チームでは何も達成していない」と言われたことに対して「自分が必要か考えたい」と代表辞退を示唆。スポーツ大臣がこれに対してコメントしたりと大変みたい。 インテルファンとしては、エトーが代表で活躍してくれる姿も見たいものです。日本戦はおとなしくしてくれてイイけど。ワールドカップにはこうした?辞退とかボイコット......続きを読む»

カメルーンのW杯準備

スロバキア×カメルーン、オーストリア・クラーゲンフルトのベルターゼーシュタディオン。 日本グループリーグ初戦の相手となるカメルーンは本番に向けて4試合実施。グルジア、スロバキア、ポルトガル、セルビア。グルジアとは同じオーストリアの地で試合してドローだったらしい。ポルトガル、セルビアとその国に行っての親善試合ということで、なんだか慌しいような気もするんですけど、そんなモンですか? 余談......続きを読む»

ワールドカップ前のラスト2戦

イングランド×日本、オーストリア・グラーツのUPCアレナ。 ワールドカップ前の調整試合、日本は不甲斐ないあの"事件"ともいえる韓国戦に続いての試合で、このあとにコートジボアール戦を戦い、ワールドカップ初戦に臨む。日本代表は阿部がスタメンで中盤の底、俊輔コンディション不良により出場なし。メンバーだけ見るとやや守備的に見える中盤の構成。あの"事件"の後だ......続きを読む»

チェルシーダブル

今年のプレミアはチェルシーの年でした。残念だけど、やっぱ開幕時に感じた強さはホンモノだった。アンチェロッティさすがです。 ポーツマスは財政の問題もあり、今シーズンは早々にプレミア降格決定で最下位。リーグが終了したあとのFA杯決勝でリーグ優勝チームとリーグ最下位チームの対戦。・・という前置きがあると、ポーツマスはこのゲーム本当によく頑張ったほうだと思う。 下馬評は当然チェルシーだけど、......続きを読む»

ラージヒル予選 葛西がトップ!

ジャンプラージヒル予選。 あんまりジャンプって見ないんだけどな。しっかり見ちゃった。土曜日にしっかりみれるからね。いや・・・見てよかったわ。出場している日本人はノーマルヒルと同じ4人、竹内択、栃本翔平、伊東大貴、そして葛西紀明。50人が飛んで40人が決勝進出。世界の上位10名は予選免除。 この予選免除ってなんか少し違和感を感じる。ジャンプをいつも見る人にとっては普通のことなのかもしれ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 17 18

このブログの記事ランキング

  1. さいたまシティカップ2007 浦和レッズ×マンチェスター・ユナイテッド
  2. ランパード 亡き母に捧げる決勝進出
  3. リスタートの許されるタイミング
  4. ジェン・ジー 全英ベスト4入り
  5. スポーツと貧困と・・
  6. 安藤美姫 4回転失敗で3位(四大陸)
  7. 2007冬エル・クラシコ - 窮屈なバルサ -
  8. 中野友加里・・ほんとにヨカッタ
  9. ホークアイ
  10. リーグ・アン:リヨン7連覇

このブログを検索

月別アーカイブ

2010
08
07
06
05
02
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss