HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、燃費が悪すぎます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月30日(東京ドーム) ●F2-9E 負:バース(6勝8敗) HR:近藤健介2号ソロ、中田翔20号ソロ 勝:菊池

 安打数は13-13なんだけどね(笑)。イーグルスが初回に4安打、5回に5安打+2四死球を集中したのに対し、ファイターズは初回以外毎回安打ながらタイムリーなし。何とも燃費の悪い攻撃だったね。残塁数を数えるのも面倒なくらい(笑)。初回に3点取られると小技を封じられてしまうからどうしても“打つだけ”の攻撃になってしまって、打線がつながらなければ点になりにくい。この試合では、3番大谷翔平、5番田中賢介、7番レアードのところで途切れてしまっていた。大谷は内角ストレートと低めの落ちる球にやられていたね。甘い球もなかったわけじゃないけど、落ちる球が気になってか、ストレートに振り遅れていた。賢介は4打席全部外野フライ。お疲れ気味かな。結果がこうだからそう見えるのかもしれないけど、振りが鈍いように思った。レアードは、まあ、こういう打者だから(笑)。残念だったのは西川遥輝かな。5の3の猛打賞+1四球で、4回出塁しているから1番打者としての役割は立派に果たしてくれたんだけど、凡退した2度の打席がいずれも満塁の得点機。下位打線が粘って出塁しているということでもあるのだが、苦労して作ったチャンスをモノにできなかった。前の試合まで1番だった陽岱鋼が6番に下がって3安打+1四球というのも、間が悪いというかなんというか。



 ゲームとしては、先発投手がこれだけボカスカ打たれるともうどうしようもないね。今のウチの打線は、打ち合いになると不利。ただ、やれることはあったはずで、T∨の解説で岩本さんもかなり厳しく言っていたけど、初回および4回の2番近藤健介は課題の残る打席だった。初回は先頭の西川が四球で歩き、コンスケは3球目を打ち上げてセンターフライ。4回は1死から9番中島卓也がヒットで出塁、西川がセーフティバントを決めて1・2塁の場面でコンスケ。カウント2-1から高めのボール球を打ち上げてショートフライ(インフィールドフライ)。いずれのケースでも一塁に走者がいて、一二塁間が広くなっており、2番の左打者としては何としても右に打って欲しい、というか、右に打たなければならない場面だった。初回は3点取られた直後だし、4回は2-3に追い上げた次の回で、9番1番がつないでチャンスを広げた場面。さらに打線をつなぐのが2番の役目だ。ホームランもいいけれど、それは2番打者の役割じゃないと思うぞ。  中田翔が3試合連続の20号。復調しつつあるのは間違いないのだが、それがチームの勝ちに結びつかないのがちょっと残念だったね。  というわけで、ファイターズは6週連続6連戦の6週目緒戦を大差で落とし、前のカードから2連敗。通算成績は72勝46敗1分で貯金26となった。31日の予告先発はファイターズがメンドーサ、イーグルスが塩見。メンディはイーグルス戦4勝1敗、防御率2.48。塩見はファイターズ戦1勝2敗、防御率5.55。ただ、今のイーグルス打線はひと味違うから、外国人3選手、特にウィーラーは要注意だね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
中田翔
近藤健介
大谷翔平
西川遥輝

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ようやく…【博多の熱烈G党オジサン】

有言不実行が招いた悲劇【がんばれ!マリーンズ】

力負け。今日へ繋ぎましょう。【ベイスターズファンの慟哭】

思い切って賢介を休ませるほうがいい【FF】

ジャッキー・ロビンソンからビーンGMまでロジスティクスの歴史  落合中日は日本ハム流広義のマネーボールに学べ 【MLB 戦いの原理を求めて】

ファイターズ、2度の重盗失敗と犠打について考える。【HIT! RUN! WIN!】

君たちがいて、僕がいる【鷹の止まり木】

中田の復調と加藤の投球イニング、球数増加は収穫【FF】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:36
  • 累計のページビュー:3923306

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss