HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、今季初首位!

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日(Q∨Cマリン) ○F4-1M 勝:増井浩俊(5勝3敗10S) 負:古谷

 6安打で4点だから、打線は決して調子がいいわけじゃない。4回以降はわずか1安打だし。残りの5本を1回、3回に集めてホームランなしで4点取った。うち2塁打が3本というのもあるけど、曲がりなりにも4番が2安打2打点と役割を果たしてくれたのが大きいね。1回3回はともに1番からの打順で、1番2番でチャンスを作って、3番4番で還すというパターンで点を取ることができた。打順って、そういうパターンを想定して組むものだから、想定通りに点が取れるということに大きな意味があるわけだ。  とは言え、ゲームをモノにできたのは、先発・増井の好投に負うことは間違いない。吉井コーチが「増井は前に飛ばさせることができる」という話をしていて、解説の人が「ストレートとフォークの投手だから抑えるとしても三振かフライアウト」と異議を唱えていた。クローザーをやっていたときの印象が残っているからなんだろうね。だが初回の角中、4回の清田の併殺はいずれもストレートでニゴロを打たせたもの。27個のアウトのうち、ゴロアウトが併殺を含めて13個、フライアウトが6個、三振が8個だった。要所で三振も取れるし、走者1塁で併殺も狙えるなんて、最強じゃないか(笑)。



 9回最後の打者清田をニゴロに打ち取って、ナインとハイタッチをする増井は、ストッパーのときとは全然違う晴れやかな笑顔だった。最初は二の足を踏んでいたという先発転向は、本人の思う以上の大成功だったようだ。栗山監督、GJだね。  それにしても、こんなことってあるんだねぇ。増井の完投勝利を見届けてチャンネルを変えると、福岡では4-4。8回裏にH柳田の2塁打から内川の進塁打で相手内野陣に前進守備を布かせておいて、長谷川がショートの横を抜くタイムリー。流れるような攻撃で勝ち越し、あと1イニングを抑えればホークスの勝ち・・・ファイターズの首位浮上はお預けだな、と思っていたら、9回スアレスが打ち込まれ、ランニングホームランが飛び出してイーグルスの逆転勝ち。センター柳田は「2塁走者の動きを見て、捕ればゲッツーと思って勝負した」とのことだが、勝負するにしても後逸するような捕球の仕方をする場面ではない。身体に当ててでも前に落としていれば、1点で済んでまだ同点、その裏の攻撃もある。ホークスナインにもすでにQ∨Cの結果は伝わっていたはずで、「負けられない」という気持ちが柳田の状況判断を誤らせたか。  追われる者のプレッシャーというのはこういうことなんだろうね。首位に立ったファイターズが今度は追われる立場になるわけで、正直、逆転するのはもう少し先、9月に入ってからでもいいと思っていたが、シーズン前から優勝確実と言われ続け、4カ月もの間首位に座り続けてきたホークスと違って、ウチは首位に立ったとは言っても、ようやく追い付いたところで、これからマッチレースになることは覚悟の上だ。  というわけで、ファイターズは対マリーンズ3連戦をスウィープ。とりあえずマリーンズにペナントレースに関しては引導を渡せたかな。前カードからの連勝を4に伸ばし、通算成績は71勝43敗1分、貯金28。ホークスは67勝42敗5分、貯金25だから、ゲーム差は1.5になるけど、仮に26日にファイターズが負けてホークスが勝つと再び1厘差でホークスが上になるわけで、事実上、0.5ゲーム差、ホークスの方が残り試合が1つ多いから、ほぼ横一線と考えた方がいい。ただ、現時点でファイターズが上にいるということは、残り28試合をホークスと同じ成績を上げれば優勝できるってことだし、1.5ゲーム差は、残り試合の負け数が同じなら勝数は2つ下回っても勝率はファイターズが上回るってことだ。引き分けは勝ちに等しい。本当はこのまま一気に突き放せればいいんだけどね(笑)。実際にはまだまだデッドヒートが続くだろう。  6週連続6連戦の第5週後半は大宮・所沢でのライオンズ戦。26日の予告先発はファイターズが有原航平、ライオンズが菊池。強敵だなぁ。ライオンズは打線も活発化しているし。菊池は連勝中だけど、2~3失点くらいはしているから、有原がライオンズ打線を3点以内に抑えれば勝機はあるかな。慎吾ちゃん頑張れ!

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
中田翔
増井浩俊

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ファイターズ、今季初首位!

kazuさん、毎度どうもです。

>角中への四球の場面では明らかに抑えの時の増井が出てきてましたしね。力んで抜けるという。

そうそう(笑)、「そんなに力むなよ」とつぶやきながら見てました(笑)。でも、9回投げれば何度かは力む場面に遭遇しますよね。そういうときに自分を見失わないことが大事だと思います。この日の増井はそれができていたようです。

打線は得点したイニング以外はほとんど無音でしたね、第2戦以外は。少ないチャンスをモノにできているという点ではチームとしての集中力が増している印象です。みんなが得点機の匂いを感じている雰囲気があります。残塁が少なくて、淡々とゲームが進み、最後には勝っている、というのはフラストレーションがたまらずありがたいことです(笑)。

ファイターズ、今季初首位!

一度先発にしてみては?と冗談で書きましたがそれを戦力にしろとまでは言ってません。
力みすぎてたのと他の変化球を使うことを学んでくれれば、また守護神とまではいかなくてもリリーフを任せられるんじゃないかという思惑があってのこと。

それが1失点完投って何やってんだw
西川がまずい追い方していなかったら完封だったかもしれないという(次の目標がまた出来たということで・・・)

しかもすでに反省点もわかってる様子。
角中への四球の場面では明らかに抑えの時の増井が出てきてましたしね。力んで抜けるという。
他にも何度か力んでは「いやいや違う違う・・・」とマウンド上でやっていました(笑)
まだまだ試行錯誤。

そんな中で先発として9回のマウンドに舞い戻ってきた増井。本来の自分の居場所。
メチャメチャ力みまくってましたねwいやー怖かった。
まあこれもそのうち慣れるでしょう。

打つ方はこのカード、正直かなりヤバかったです。
大谷と賢介、陽も中島も3連戦で2安打しか打ってません。レアードと中田が3安打でまだマシといったところ。
よくこれで勝てたなと・・・てか全部で13点も取ってるんですよねw
2戦目は12安打打ってるのでまだわかりますが、残りの2試合は全部で10安打で8点取ってます。HRは陽の1本だけ。効率良すぎ。

ともかく監督も言ってましたがホークスとのゲーム差などは考えずに(散々ホークスしか見ていないって言ってたのは内緒ですw)目の前の試合をただ勝つだけです。

こんな記事も読みたい

八木アレルギー【南国のカープファン】

2016 ドラフトを考える 社会人投手編【飛鴎乗雲】

「賤ヶ岳」で功をあげた広島の「七本槍」【きたへふ おおの かわくち つた゛】

増井完投で今季初の首位浮上【FF】

【考察】今季、中田翔に何が起こっているのか?【札幌ドームが見える部屋から】

ファイターズ、粘り勝ちです。【HIT! RUN! WIN!】

大谷の指名打者からのリリーフ構想は面白いと思う【FF】

ファイターズ、再び-0.5差です。【HIT! RUN! WIN!】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:3923010

(11月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss