HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、打つべき人が打ちました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月5日(ヤフオクドーム) ●F2-3H 負:有原航平(10勝5敗) HR:中田翔16号2ラン 勝:和田 8月6日 ○F8-1H 勝:高梨裕稔(6勝2敗) HR:大谷翔平15号2ラン・16号2ラン、レアード28号ソロ 負:千賀 8月7日 ○F8-3H 勝:加藤貴之(3勝1敗) HR:中田翔17号2ラン 負:中田

 首位ホークスとの週末決戦第3Rは2勝1敗で勝ち越し。大谷翔平が投げられず、有原で緒戦を落とし、どうなることかと思ったが、ホークスにとっては大谷に投げてもらった方がよかったかもね(笑)。第2戦第3戦は打つべき人が打って勝った。これが普通、って感じさせてほしいものだが(笑)、大谷が先発投手に復帰したときは、最低でも週に2試合は大谷なしのオーダーを組まなきゃならないわけで、そうなるとDHに打力のある選手がほしい。そろそろコンスケを上げる時期じゃないかなな



 緒戦。実は所用があってライブでは見ていない。勝っていればパ・リーグT∨の∨ODを見るのだが、負けたことがわかってしまうと、なかなか見る気が起きない(笑)。ハイライトくらいは見るけど。ホークス先発和田から初回に中田翔の2ランで先制したけど、その後はきっちり抑えられている。3者三振のイニングが2つ、しかも同じ打順(6~8番)。和田から直接サファテにつながれると、なかなか つけ込むスキがないよね。和田に対しては、他チームに比べればそこそこ打っていると思うんだけど、和田もファイターズにだけやられるのは悔しかったのだろう。9回のサファテに対しては、先頭の大谷が内野安打で出塁し、盗塁まで決めたのは良かったが、後続なし。特にレアードに対するサファテは他の打者と気合の入れ方が違っていた。5月19日に延長戦で打たれた決勝ホームランが残っていたんだろうね。何が何でもねじ伏せてやる、っていう投球だった。  第2戦。土日はしっかり観戦(笑)。高梨がナイピ! でした。これでホークス戦3勝0敗。1つはリリーフ勝利だけど、対戦防御率1.96は大したもんだ。ホークスにとって嫌~な投手になってきたね。  打線は9安打で8得点。大谷の2本のホームランもすごいけど、相手にとって利いたのは大野奨太の2点タイムリー2塁打だね。この後の大谷の2ラン、レアードのソロは付け足しみたいなもんだ。ホークス先発の千賀は、手も足もでないようないい球を投げたかと思えば、肝心なところで甘い球が来ていた。スコアを見ると、4回までに打者2巡、18人に対し、12個のアウトのうち三振が10個で、ファイターズ打線もよくもまあこんなに三振したものだが、一方で、打ちとったアウトは大野のセンターフライ1つだけで、三振かヒットか四球か、みたいな千賀のピッチングは、長くは続かないし、どこかでツケが回ってくる。それが6回に来た感じだね。5回までにホークスがリードしていれば、6回から継投だったろうが、ビハインドで投げさせる投手と千賀を比べた時に、100球超えても千賀の方が上、という判断だろう。それにしてもこの試合、ファイターズ打線が喫した三振16個。ちょっと多すぎないか(笑)。  あと忘れちゃいけないのが3回の中島卓也の四球だね。13球粘って四球をもぎ取り、次の大谷がホームラン。こういう四球、こういう得点はともに相手のダメージが大きい。その後の千賀はムキになって三振を3つ取るのだが、それが自分の首を締めることになるわけだ。  第3戦。先発加藤が5回0/3で2失点(自責点1)。本人は納得していないみたいだけど、まずまずのピッチングと言っていいんじゃないかな。初回の長谷川に与えた四球がもったいなかったね。5回の失点は、レアードがちゃんとやってれば無失点で済んだわけで、あまり気にする必要はない。  打線は14安打で8得点。3回はよくつながったね。2番の中島から4連打。レアードのセンターゴロを挟んでタイムリーが2本で、計4点。このところ不調をかこっていた陽岱鋼が第1打席でライト前、第2打席でセンター前タイムリーの2安打と、復調気配だけど、第3打席、第4打席はともにひっかけて遊ゴロ。まだ徹しきれていないかな。中田翔が4安打1本塁打。ホームランは打ち頃の甘いフォークだったけど、これまではあれを打ち損じていたのだから、仕留められるようになっただけで意味がある。難しい球を打つ必要はなくて、打てる球を確実に打点につなげてくれればいい。  というわけで、ファイターズはこれで対ホークス戦4カード連続の勝ち越しで、対戦成績を12勝7敗1分とした。通算では61勝38敗1分で、貯金23。ホークスとのゲーム差は4。先週の6連戦は3勝3敗で貯金を増やすことはできなかったんだけど、ホークスに対しては嫌なイメージを植え付けることができたかな。  今週はホームで対ライオンズ3連戦、ビジターで対イーグルス3連戦の計6連戦。メンドーサが首を傷めて登録抹消になってしまって、緒戦の先発がわからなくなってきた。順当なら新垣勇人、あるいは中村勝か。あとは順番通りなら吉川光夫、増井浩俊。ライオンズも順番通りなら岸、ポーリーノ、多和田、でいいの? 今週と来週の前半の9試合は下位チームとの対戦が続く。これまでの対戦成績は11-6(対L)、10-3(対E)、10-5(対B)だから悪くても6勝3敗で行かなきゃならないし、行けるはず。その後には対ホークス週末決戦第4Rが待っているから、できればそれまでに3ゲーム以内に迫っておきたいところ。4番が当たってきたのが心強いね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
中島卓也
陽岱鋼
中田翔
大谷翔平
加藤貴之
高梨裕稔
有原航平

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ファイターズ、打つべき人が打ちました。

ダルビッシュ無さん、毎度どうもです。

ライオンズ戦は緒戦ですよね。岸はいい投手ですが、札幌ドームに来ると、さらにスーパーいい投手になっちゃうので、なかなか厳しいゲームになりそうです。

有原、高梨くらいは長い回を投げて欲しいところですね。大谷はそろそろ先発復帰しないと、投手であることを忘れちゃいそうです(笑)。

「ファイターズ、打つべき人が打ちました。」へのコメント

初戦落としてどうなるかと思いましたが、何とか勝ち越せましたね
土日はピンチで最少失点で乗り切った守備力が大きな勝因だったと思います

西武戦は明日がバースなので、バース新垣増井ですかね
西武戦は先発に球数を投げさせて、早めにマウンドから降ろしたいですね
そうすると、西武の野手やベンチが何かやらかしてくれる(願望も入っていますけど)気がしています

それと、このローテだと長いイニングを期待できるのが有原くらいなので、今週はリリーフが忙しくなりそうですね
投手大谷が週末に復活するなら、非常にありがたいのですが…

ファイターズ、打つべき人が打ちました。

iwazouさん、コメントどうもです。

そうか、吉川抹消になっていたんですね。とすると、従来のローテからメンドーサ、大谷と合わせて3枚欠けることになりますね。大谷の代役は加藤、吉川の代役は新垣でしょうか。メンドーサの代役は・・・石井の復帰でブルペンはそれなりに充実していますから、バースという手もアリですね。
 ということは、この3連戦はバース、新垣、増井ですか。こりゃ、打線に頑張ってもらわないと。

ファイターズ、打つべき人が打ちました。

kazuさん、毎度どうもです。

ラジオでそんな解説していたんですか。聞けば良かった(笑)。もう一度イニングVODを見てみましょう。

緒戦、有原はこれで2連敗ですが、今回も打たれ始めると連打になる、という昨季の悪い癖が出てしまいました。「4回だけ」なんですけどね。
あと、和田対策考えないといけませんね。

こんな記事も読みたい

koboスタの魅力-球場観戦記番外編-【光散らし空へ】

まだ昨夜の衝撃から戻れない~!【カープとカープファンを応援するブログ】

再びの5割復帰【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

1位2位福岡決戦勝ち越し!! 2016.08.07 対ホークス【no title】

【7月】鎌熊通信【走守】【札幌ドームが見える部屋から】

ファイターズ、”幸運の種”が負傷退場。【HIT! RUN! WIN!】

しばらく更新しませんというお知らせ【FF】

【7月】鎌熊通信【打】【札幌ドームが見える部屋から】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:3923051

(12月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss