HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、1つの誤算がゲームプランを狂わせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月24日(札幌ドーム) ●F2-3B 負:バース(5勝6敗) 勝:塚原

 試合全体を通してなんだか中途半端なまま負けちゃったという印象。先発加藤貴之が5回1失点、6回に大谷翔平が1イニングの調整登板。ここまでは多分、プラン通りだったのだろう。1点リードのままなら、7回谷元圭介9番1番2番、8回宮西尚生が3番4番5番、9回マーティンというプランだったと思う。ところが7回谷元が2番安達に内野安打を許し、そこから1個ずつズレていく。2番大城の犠打で2死2塁で糸井に回る。糸井はこの日、先発加藤から2安打。前日もヒットを打っている。1回早く宮西を投入せざるを得ない。ここは抑えたが、イニングを跨いで8回先頭のT-岡田にストレートの四球を出して降板。バース登板で犠打の後、西野に四球、モレルにタイムリー2塁打、若月のスクイズで2失点。さらにボグセビック、安達に四球を与え、満塁の走者を残して降板。鍵谷陽平を投入してなんとかこの回2失点にとどめた。



 結局、この回は四球が4つ、被安打は1なんだよね。犠打が2つで、打ち取ったアウトは鍵谷の三振1つだけ。結果論だけど、それなら回の頭から鍵谷でいいじゃん、と思ったりもした。宮西のT-岡田への四球が誤算ではあったんだけど。回跨ぎはいかな宮西と雖も難しいもんだね。その1つの誤算が後へ後へと影響し、ゲームプランを狂わせた。そして最後までそれを修正できなかった。  攻撃では、どうしたことか、いつもはほぼ“オールグリーン”の白井三塁Cが際どいタイミングを全部止めてしまっていた。3回は1点取って2死1・2塁から陽岱鋼のライト前ヒットで二走大野を止め、6回には2死1・2塁から西川遙輝のライト前ヒットで二走レアードを止め、8回には1死2塁から中島卓也のセンター前ヒットで二走松本剛を止めた。3回のは、ライト糸井の肩を考慮したんだとは思うものの、1点取って同点に追いついた後だし、すでに2死だったことを考えれば突っ込ませても良かったかも。8回も2-3のビハインドだったのだから、ギャンブルしても良かったと思う。6回は止めて正解だと思うが。ヒットを打った西川が一塁塁上でレアードに向かって「ツーアウトだろ? 回れよ」的なジェスチャーをしていたけど、あれは無理でしょ(笑)。  あと、7回無死満塁からのレアードの併殺が痛かった。外角高めのストレートを引っ掛けて前進守備の遊ゴロ、ホームゲッツー。22日の試合では、外角球を引っ張りにかかっていたことを“反省”してセンター前にタイムリーを打っていたんだけど、また元に戻ってしまったね。三走陽だから外野フライで良かったんだけど、無理に引っ張ってしまった。  バッテリーにしても攻撃にしても、連勝を意識してか、妙に慎重になってしまっている印象があるね。  10本ヒットを打って、四死球7つもらっても2点しか取れないのかぁ。1番西川が3安打、3番陽が2安打しているんだけど、4~6番がノーヒット。返すべき人がブレーキになってしまうと、なかなか点が取れないよね。これまでは田中賢介とレアードが好調だったから点になっていたけど、この2人の調子が落ちてきて、途端に効率が悪くなった感じがする。こういうときこそ4番の出番なんだけどなぁ。  あと、満塁のピンチで鍵谷、満塁のチャンスで代打矢野謙次って、前の日と同じ采配。鍵谷は成功したけど、矢野は失敗。柳の下に・・・って諺を思い出したぞ(笑)。  鍵谷は2試合連続で満塁のピンチで火消し。札幌に戻ってきて、ストレートが良くなった。左肩の開きが早いのを修正する時間があったのかな。ただ、ストレート頼みではいずれ捕まると思う。ストレートの調子がいいうちに、もう一つの武器を身に着けれればいいんだけど。  というわけで、ファイターズはカード最終戦を落として連勝は5でストップ。通算成績は54勝33敗1分、貯金21となった。ホークスが勝ったのでゲーム差は4.5。今週からはいよいよ6週連続6連戦に突入する。第1週はビジターでライオンズ戦、ホームでホークス戦。先発増井浩俊はいつ登板するのか、日曜日の大谷翔平は大丈夫か、4番中田翔の復活はまだなのか、そして対ホークス戦9試合の結末は? 等々、見どころ満載の6週間。個人的希望的観測では、8月16日の週のホーム6連戦バファローズ、ホークス)に山場が来そう。というか、その辺までにもう少しゲーム差を縮めておきたいところだね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
陽岱鋼
西川遙輝
レアード
田中健介
中田翔
鍵谷陽平
バース
宮西尚生
谷元圭介
大谷翔平
加藤貴之

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ファイターズ、1つの誤算がゲームプランを狂わせた。

kazuさん、毎度どうもです。

8回1死2・3塁から陽三振、中田三振。吉田投手のフォークは落差が大きくて、そう簡単に打てるものではないとは思いますが、この日の陽はやや引っ張りに入っていたかなと思ってみていました。いつも通り右中間狙いならバットに当てるくらいはできたんじゃないかと。そういうところですね。

おっしゃる通りでファイターズの戦力は決して強くない。チーム力で相手に向かっていかないと勝てないわけです。単に力を合わせるだけじゃなく、ベクトルの方向も合わせなきゃならない。もう一度原点に、ですね。

ファイターズ、1つの誤算がゲームプランを狂わせた。

打線不調を危惧してたのがもろに出てしまいました。。
ヒットは出てるんです。
勢いに任せてビッグイニングを作って勝ってることもあります。
ただ恐らく前回のオリックスとのカード辺りからちぐはぐな攻撃が目立ってました。

楽天戦の9-3で勝った試合の7回8回の追加点はいい取り方だったんで復調したかなと思いきや、今回のカード初戦が12安打2得点。
2戦目も7回のビッグイニングまで手も足も出ない状態。そして今回。

数々の満塁での凡退の場面は仕方ないと割り切れるんですが、8回の1点ビハインド1死2,3塁で陽の場面。
これはいただけないというかまさしくこれが今の状態だと思ってます。

大型連勝でみんな忘れちゃってます。
ファイターズの戦力は「弱い」ということを。
ただその弱いことを自覚しているからこそ勝てていたんです。
監督と一部の選手はそれを改めて自覚していたとは思うんですが、一部がそれを忘れてしまい打撃が線にならず途切れてしまっている状態なのだと思います。

恐らく今週今シーズン最大の山場を迎えます。
全員が意思疎通を図り、一丸となって向かわなければ今までの連勝も頑張りも全てが無駄になってしまいます。
ホント頼みますよファイターズの皆さん。。


こんな記事も読みたい

カープ 逆転負け、巨人戦ローテは?【カープ日記】

第18週【かずのすけの日記】

散々なヤクルト戦。【中京地区を応援】

【フォトレポート】OB選抜vs西アフリカ選抜④【札幌ドームが見える部屋から】

3000ですら通過点に過ぎない イチローの天才性を示す驚異のメンタル 【MLB 戦いの原理を求めて】

「大谷調整登板」メインの継投【FF】

【フォトレポート】OB選抜vs西アフリカ選抜③【札幌ドームが見える部屋から】

ファイターズ、7回だけの集中打でした。【HIT! RUN! WIN!】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:39
  • 累計のページビュー:3922791

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss