HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、「ショート近藤」はやめて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日(東京ドーム) ●F1-2H 負:木佐貫洋(2敗) 勝:攝津

 木佐貫に勝たせてあげたかったね。走者を出しながら要所を締めて粘り強く投げていた。初回2死2・3塁、柳田の見逃し三振とか、6回1死1・2塁、吉村の見逃し三振とか、よく制球されたストレートを投げ込んでいたし、フォークのキレも良かった。松田に打たれたホームランもそんなに甘い球じゃなかった。



 7回1死から中村のヒットと犠打で2死2塁。内川を半ば敬遠気味の四球で出したところで降板となってしまった。悔しかったろうね。2死2塁となったところでベンチから厚澤コーチが出てきて、(岩本さんによれば)「いくよ」と言ったとか。ここでのベンチの指示内容が気になるところ。内川、李という打順で、「2人でアウト1つ取ればいい」というのがガンちゃん予想だった。内川への投球内容(内外角のコーナーを狙い間違っても甘くならないような投球)を見る限り、「2人でアウト1つ」だと自分も思っていたところでの交代だった。じゃあ、ベンチの指示はなんだったのかってことになる。木佐貫が「話違うじゃん」とか思うような内容じゃなきゃいんだけど。  で、リリーフした谷元圭介が李に2塁打を打たれて失点。外角のスライダーで、ここまで何度か空振りやファウル取っている球種・コースなんだけど、一度は内角を攻めてから投げているから効果があるわけで、この打席は内角を一度も投げていないんだよね。谷元の球威とコントロールがあれば一度は内角を攻めておかないと、と思った。  前にも書いたけど、継投は結果論でしか語れない。続投を選択したらどうなっていたかは誰にも判らないので、比較のしようがないからだ。栗山監督は「(木佐貫の)フォークの抜けが怖かった」と交代の理由を語っていたけど、自分の見た限り、ここまで抜けたフォークはほとんどなかったと思う。そんなに多投していたわけでもないしね。球数が118球に達していたから、そろそろ代え時という判断はあり得るんだけど、自分としてはこの回は木佐貫に任せて欲しかった。ここで打たれて交代なら本人も納得するはずだから。抑えれば、次の回から交代だとしても、勝ち投手の可能性を残しての降板ということになるしね。それと、このところ回の途中での交代がことごとく失敗しているような印象が強くて(笑)。継投は難しいもんだね。  打線は初回にホークス先発攝津の立ち上がりを攻め、西川遥輝のヒット&盗塁、中島卓也の犠打、陽岱鋼のタイムリーという鮮やかな速攻で先制。畳み掛けたいところだったけど、中田翔が初球をレフトフライ、陽盗塁の後、大谷翔平が空振り三振で追加点ならず。惜しかったのは中田の打席。外角のカットだったんだけど、カットの分、バットの先だった。攝津は前回の対戦で中田にストレートをホームランされているから、保険的にカットを選択したんだろう。それが奏功したわけだ。こすり気味だったけど高く上がったので東京ドームなら…と一瞬思ったんだけどね。  この日の攝津は今一つの出来で、四球を4つ出していた。それなりにチャンスはあったと思うんだけど、結局攝津からは2回以降ヒット1本しか打てなかった。木佐貫が投げるときって援護が少ないなぁ~。  あと、「ショート近藤健介」にはびっくりした、っていうか、こういうサプライズは要らないから(笑)。前の回、飯山裕志に代打小谷野栄一を使い、先発を外れた大引啓次も使えず、近藤と小谷野、稲葉を残しておきたいための「ショート近藤」なんだろうけど、いくら高校時代に経験しているとは言え、ちょっとショートっていうポジションを軽く見すぎじゃないか、と思った。1-2のビハインドだから攻撃力を落としたくないっていうのは解るんだけどね。例えば一塁小谷野、二塁西川、三塁近藤、ショート中島、ライト谷口雄也じゃだめかね。稲葉を残したいならライト稲葉でもいい。ショート近藤よりはまだマシなような気がするんだけど。  というわけでファイターズはホークス投手陣を打ち崩せずこのカード1勝1敗。通算成績は61勝60敗3分で貯金1に減ってしまった。11日の予告先発はファイターズがメンドーサ、ホークスが武田。武田は復帰してから好調で防御率0.34。その武田から何点取れるかが勝敗の分れ目になりそうだね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
近藤健介
中田翔
陽岱鋼
西川遥輝
谷元圭介
木佐貫洋

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

残り20試合!【カープをポジティブに応援していくスタンス】

奪三振スタイルから技巧派スタイルに【Bsに物申す!】

3投手の門出を飾った井端の「引っ張り」【Lock-on Giants】

木佐貫に勝ちをつけさせたかった【FF】

【Fs】今日のTV欄の縦読みと日米野球で稲葉さん【閑話「球」題】

ファイターズ、西川が森福からヒットを打ちました。【HIT! RUN! WIN!】

NY砲炸裂と中村HOP-UP【FF】

ファイターズのドラフト戦略考察その9【FF】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:3923010

(11月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss