HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、ミラクルはどこへ行った?

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月5日(帯広の森野球場) ●F3-4B 負:カーター(2勝4敗1S) 勝:佐藤 8月6日 ●F2-5B 負:上沢直之(7勝6敗) 勝:吉田

 帯広でも連敗。これで5連勝の後、4連敗。バファローズには後半戦5連敗。う~ん、かみ合わないというか、かみ合わせられないというか。実際のところ、地力の差みたなものを感じてしまった2試合だったね。中軸が好調なバファローズと、いつもだれかが不調なファイターズ、みたいな。あっ、それより下位打線がチームバッティングに徹しているバファローズと、脆いファイターズ。こっちの方がチームとしての差を感じる部分かな。やるべきことをやっているバファローズと、できていない、というかやろうとしていないように見えるファイターズ、と言ってもいい。



 緒戦。「あの1球が・・・」×3。最初の「あの1球」は6回表、T-岡田に打たれた逆転2ラン。ファイターズ先発浦野博司のインコースを狙ったスライダーが少し甘くなった。2つ目の「あの1球」は3-3の8回裏、バファローズの佐藤を攻めて2死満塁のチャンスを作り、代打稲葉篤紀のカウント3-1からの5球目だ。この打席、佐藤が投げたのは全部ストレート。3球目までは高めの球をきっちり見逃して3-0となり、4球目はストライクゾーンでファウル。そして5球目。3つのボールより高く外れたボール球を振ってしまった。見逃せば押出四球だったのに…。3球目までは手を出したくなる高さの球をしっかり見逃せていたが、ここで振ってしまうとは。3-0からも待てのサインが出ていなかった。ベンチも稲葉も押出よりタイムリーで点を取ろうという意識が強かったのかな。そりゃ打って点を取った方が気持ちはいいかもしれないけども、相手にとっては押出の方がダメージは大きいと思うのだが。特に相手投手がセットアッパーの佐藤だけに、ここで押出を取っておきたかった。打者が打ち気にはやる若手ならまだしも、稲葉だから余計そう思うね。結果的にはこの空振りが佐藤を助けてしまった。  3つ目の「あの1球」は言うまでもなく9回表2死無走者からカーターがペーニャに打たれた決勝ホームラン。8回から登板した宮西尚生はその回を3者凡退、9回先頭に死球を与えたものの次打者を併殺に打ち取って2死。ここでカーターに交代し、打者ペーニャ。初球、外角のスライダーを振らせて0-1からの2球目だ。捕手大野奨太はストレートを要求し、外角のボールゾーンにミットを構えたが、投げたボールはすーっと真ん中に入って場外ホームラン。完全に失投だね。最近、回の途中で投手を交代すると、必ず打たれているような気がするね。  中田翔が2本のホームラン。どちらも中田らしいホームランだったけど、惜しいのはどっちもソロだったことかな。  先発浦野は5回2/3、99球投げて被安打5(被本塁打2)、奪三振6、与四球1、自責点3。調子は悪くなかったよね。苦手な立ち上がり、先頭をいきなりエラーで出塁させてしまったけど、慌てず騒がず3番4番を片付けて無失点。4回まで内野安打1本許しただけの好投だった。やっぱり「あの1球」だね。  第2戦。ファイターズ先発の上沢は変化球が高めに浮き、ストレートの制球も今一つで、どうなることやら、って感じだった。毎回ヒットを打たれたが、5回まで1失点。上沢が粘っている間に打線が吉田を攻略しなきゃならないはずなんだが、こっちは5回までヒット2本。バファローズ戦発の吉田は、前回の対戦ではストレートはコースにビシビシ決まるし、変化球の投げミスもないし、途中までパーフェクトピッチング。手も足も出ない感じだった。それに比べればこの日の吉田はそこまで絶好調という感じでもなかったと思うんだけど、苦手意識みたいなのがあったのかな。ポンポンフライを打ち上げてしまった。6回にようやく代打北篤のホームランと中田のタイムリーで2点返すのがやっと。バファローズリリーフ陣が前日より遥かに調子がよさそうで、チャンスすら作れなかった。どうにも元気がないなぁ。  というわけで、ファイターズは帯広シリーズ2連敗。通算成績48勝48敗1分で、貯金を使い果たしてしまった。それより、上位2チームとの3カード8試合が追撃への足がかりとなるはずだったのに、逆に返り討ちにされてしまったのが苦しいところだね。8試合のうちここまで5試合消化して1勝4敗。単なる勝敗というより、力の差というか、野球の質の違いみたいなものを見せ付けられた感じがして、このままじゃ到底敵わないと思わせられるような連敗だ。現在、首位ホークスと11ゲーム差、2位バファローズと8.5ゲーム差に開いてしまった。まだ諦めるのは早いけど、相当厳しいのは確かだ。  次のカードは8日から福岡での対ホークス3連戦。ここは3つ取るつもりで行かないとね。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
中田翔
カーター
稲葉篤紀
上沢直之
浦野博司

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

好調要因は7月から13試合QS達成の先発陣【心の底から好きさベイスターズ☆】

勝つには勝ったが・・・。高津コーチに喝!【神宮燕の観戦記】

虎党のつぶやき【虎党のつぶやき】

ここからこそが、本当のミラクル!?【ハンサム村日記】

[オリックス] 帯広で連敗、後半戦の失速注意!【F×F BLOG】

[オリックス戦] 中田が帯広で2発! しかしペーニャにも2発・・・。【F×F BLOG】

大谷投手の空振りについて【ポツポツボソボソ】

160㌔礼賛とトリプルアクセル【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:50
  • 累計のページビュー:3923100

(12月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss