HIT! RUN! WIN!

ファイターズ、161キロでも負けは負けです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月3日(札幌ドーム) ●F1-3H 負:大谷翔平(3勝1敗) 勝:岩嵜

 161キロは、そりゃすごいけど、大谷のストレートに照準を合わせて攻略してきたホークス打線に軍配が挙がった試合。ファイターズはホークス先発岩嵜を最後まで攻め切れなかった。ホークスのブルペンは勝ちパターンに入るとファイターズ以上に充実しているので、序盤にリードしなきゃ勝つ可能性がグーンと低くなるわけだが、5回まで8安打で1点しか取れなかった。大谷は悪いなりに一所懸命投げていたんだけどね。



 ファイターズ先発の大谷に対して、ホークス打線はストレートに的を絞ってミートに徹するバッティング。かつてダルビッシュがこれでやられたことがあるよね。特に中軸以外の選手がバットをコンパクトに振って当ててくる。初回先頭の中村に160キロをレフト前に運ばれて、大谷が妙に力んでしまったか、動揺してしまったか。この回は犠打、四球の後、4番5番を打ち取って失点はなかったものの、続く2回には6番7番にヒット、8番に四球を与え、無死満塁から9番にタイムリーを許した。さらに1死から2番にタイムリーを打たれ、この回2失点。大谷はベースカバーが遅かったり、ホームのカバーを忘れたり、明らかに動揺していた。初回から160キロは出たものの、決して本調子ではなく、シュート回転したボールが多かった。あわや危険球という球も3つほどあったし。こんなに制球の悪い大谷は久しぶりだ。去年の大谷に戻ってしまった感じだったね。3回に入ってもストレートはアバレていたが、フォークで2つ三振を取ることができ、柳田の三盗失敗もあって無失点。だけど、三盗を試みられるっていうのは投手がほぼノーマークだったからじゃないかな。市川友也がよく刺してくれたからよかったものの、あれが成功していたら、ますます心が揺れたはず。そういう狙いの三盗企図だったと思う。4回から捕手が大野に代わったせいか、変化球でストライクが取れるようになり、少し落ち着いて投げていたと思う。大谷は7回129球投げて被安打9、奪三振7、与四球3、自責点2。7回に161キロを計測したが、悪いなりにはよく投げていたと思うけど、10勝目はおあずけになっちゃったね。この経験はきっと将来に生きるはず。というか、来週もホークスとの対戦になるはずだから、いろいろ作戦を練っておきたいところだね。  8回は武田勝。2死をポンポンと取ったところでまたしても回の途中での投手交代。そしてまたしても失敗。継投って、ホントに難しいものだね。勝さんを代えたのは打者が右の細川だからってことだろうけど、勝さんの場合、右打者の方が被打率は1割5分以上低いんだよね。なんで代えたんだろう? 谷元だって、いきなり得点圏に走者を置いて登板するより、イニングのアタマからの方が投げやすいだろうに。  とは言え、この敗戦を投手陣のせいにするのは酷だろう。5回まで8安打しながら1点しか取れず、6回以降は走者さえ出せないんだから。やっぱ打つべき人が打たないと、ね。  4回から捕手が代わったのは、市川にアクシデントがなかったのだとすれば、大谷との兼ね合いってことなんだろう。交代したその裏、1死から四球、内野安打、ヒットで満塁のチャンスを作り、打席には代わったばかりの大野。市川の交代がもう1イニング遅ければ、ここで代打小谷野栄一なんて場面を作れたんだけどね。一事が万事で、前日の投手交代以来、チグハグというか、タイミングが悪いというか、打つ手打つ手がことごとく裏目に出てしまっているような気がするね。9回に近藤健介が投手を強襲する一ゴロで、一塁走塁のときに左のわき腹を傷めたみたいでちょっと心配。その後、大野に代打を出したんだけど、万が一(笑)、追いついて延長に入ったら捕手はどうするつもりだったんだろう? いよいよ捕手飯山か(笑)。  あと、前日は2ランを放った中田翔が今日はさっぱり。中でも8回裏の第4打席は五十嵐に手玉に取られていた。初球カーブがボールになったあと、2球目を五十嵐がクイックでストレートを投げて、中田は慌ててバットを出すも振り遅れて空振り。これですっかり狂わされてしまって、3球目4球目のワンバウンドするカーブを空振り三振。ボールが来る前にバットを振ってしまっていた。たった1球のクイックでこの打席は完全に五十嵐のものにされてしまった。大谷がこういう技を身に付けたら面白そうだよね。クイックで160キロのストレートを投げ、その後に120キロのスローカーブや145キロのフォークを投げれたら、きっと誰も打てないぞ(笑)。  というわけで、ファイターズは首位ホークス相手に1勝2敗。また1ゲーム離されてしまった。どうも打線にムラが多いね。それと投手交代といい、スクイズといい、栗山監督の勝負勘みたいなものがちょっと狂い始めている感じ。通算成績は48勝46敗1分で、貯金2。なかなか積みあがっていかないね。  次のカードは帯広で対バファローズ2連戦。先発投手はファイターズは浦野博司と上沢直之かな。バファローズにはこないだ3タテ食らっているからお返ししないとね。さて、平日のデイゲーム。どうフォローしようかな(笑)。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ファイターズ
タグ:
中田翔
武田勝
大谷翔平

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

熱闘 甲子園! 高校球児達の熱き戦いのその跡は・・・はたしてなるのか?横浜DeNAの・・・強者どもの夢の跡に。【愛と哀しみのベイスターズ】

阪神!。オフの準備、再びメジャー帰り日本人選手獲得へ・・?。【マニュアルモード「超」】

緊急補強の成果に賭けよう【楽天無風地帯】

メンドーサ&大谷 Hard Lack…【犬好きの日ハム語り】

[ソフトバンク戦] 連勝の勢いはどこへ・・・・暗転首位に負け越し【F×F BLOG】

今季4人目の守護神は誰だ?【FF】

先発がQS達成してくれる【FF】

[ソフトバンク戦] ミラクルの1歩手前【F×F BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconbutch

ファイターズの北海道移転以来のファンです。
地元に心から応援できるプロ野球チームがあることの幸せを日々感じています。
  • 昨日のページビュー:39
  • 累計のページビュー:3922791

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ファイターズ、斎藤佑樹は残念でした。
  2. ファイターズ、いかにもらしいトレードです。
  3. ファイターズ、斎藤佑樹は何を目指しているのか。
  4. ファイターズ、ショート大引獲得は正解でしょう
  5. ファイターズ、大谷君を1位指名します
  6. ファイターズ、大引啓次選手のFA会見について
  7. ファイターズ、栗山監督驚きの采配。
  8. ファイターズ、ぜんぜん「いつも通り」じゃありません。
  9. ファイターズ、ホーム最終戦は斎藤佑樹が投げるそうです。
  10. ファイターズ、野球は戦力だけでは決まらない

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss