Sports Writing Report

伝説のシューズ職人・三村仁司の眼力

このエントリーをはてなブックマークに追加

三村仁司。 五輪が近くなるたびに、その名を聞くシューズ職人。 過去、シューズを手掛けたマラソン選手は君原健二、瀬古利彦、宗兄弟、谷口浩美、有森裕子、高橋尚子、野口みずき・・・。錚々たる面々です。

青春新書インテリジェンスの『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』は、三村さんのシューズづくりの裏側、こだわりなどがうかがえる一冊です。
Qちゃんのシューズのソールの厚さが左右で違うというエピソードは割と有名かも知れませんが、レース前の選手とのやり取り、その上での調整など読みどころは多いです。
個人的に面白かったのは、現代のランナー、日本マラソン低迷に関する意見のところ。 三村さんによると、練習が積めるとランナーの足というのは「大ぶり」になってくるそうです。 で、今の選手はどうなのか、と。 あと今は足首が柔らかい選手が多い、と。 詳しくは実際に読んでもらうのが良いと思いますが、長く国内外のトップ選手の足下を見つめてきた経験は、さすがダテではありません。

三村さんはただシューズを作るだけでなく、足の状態などから課題を見い出し、その克服法や対処法などもアドバイスしているそうです。 そういう職人さんって、日本にどれくらいいるのでしょう? どうすれば走れるか。 それを見通す眼力、彼を「特別な存在」にしている理由の一端が垣間見えます。
再び三村さんの能力を存分に引き出すランナーが出て来ることを願いたいところです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
書籍
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南陸上競技部】日本学生ハーフマラソン選手権大会【東海スポーツ】

世界選手権ロンドン 井上大仁選手はどこまで上位に絡めるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconbukatsukozou

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12735

(03月23日現在)

関連サイト:Twitter:SportsWritingReport

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武蔵丸=武蔵川親方の魅力
  2. 安美錦×甲本ヒロト!
  3. ジェシーの50年
  4. KAZUはいつまでKAZUなのか
  5. 卒業に寄せて

月別アーカイブ

2017
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss