Sports Writing Report

卒業に寄せて

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの学校で卒業式を終えた頃でしょう。 この時期に読み返したくなるのが 藤島大さんの「悔いて恨まず」。 コラム「友情と尊敬」の第123回目の作品です。
> 心安らかに悔いる。この季節、卒業を控えたシーズン、これまでのチームを離れ、新たな場所へ向かうラグビー選手にそうあってほしい。(中略)負けたら悔いる。悔いるべきだ。でも心がささくれだって他者を恨んだり、ひがんだりしては人生が貧しくなる。では、こんなに悔しいのに誰かを恨まずにすむためにはどうすればよいのか。
で、この「どうすればよいか」の答えはコラムに記してあります。

なお、藤島さんは「勝利追求至上主義」で、その点は全く同感なのです。 部活の良さの一つに「時間的な制限がある」ところがあって、 要は終わりが決まっている。中高なら3年、大学なら4年。 有限だからこそ密度を濃くできるんだと思っています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ネット
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【スーパーラグビー「サンウルブズVSブルズ」戦を見て】【横浜港北ラグビー観戦部】

第3回全国女子ラグビー選手権大会【グラウンドから愛を込めて】

にしやん松戸ラグビー教室2017-11【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconbukatsukozou

  • 昨日のページビュー:244
  • 累計のページビュー:12978

(03月23日現在)

関連サイト:Twitter:SportsWritingReport

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武蔵丸=武蔵川親方の魅力
  2. 安美錦×甲本ヒロト!
  3. ジェシーの50年
  4. KAZUはいつまでKAZUなのか
  5. 卒業に寄せて
  6. 伝説のシューズ職人・三村仁司の眼力

月別アーカイブ

2017
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss