高木遊の『熱闘通信』

学生審判からNPBを目指す男 清水一延内野手(東洋大学→群馬ダイヤモンドペガサス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あまりに緊張しすぎて帰りの車で蕁麻疹(じんましん)出ちゃったんですよ」

 清水一延はそう苦笑いした。群馬ダイヤモンドペガサスの入団会見が終わった後、体は正直すぎる反応をしてしまった。
 そして今回のインタビューが入団会見に続き、人生2度目の取材。それだけ彼はこれまで「影の存在」だった。

清水一延顔写真
清水一延(しみず・かずのぶ)・・・東京都出身。山梨・日本航空高校から東洋大学を経て、昨秋にベースボール・チャレンジリーグ(以下、BCリーグ)の群馬ダイヤモンドペガサスにドラフト5位で指名される。東洋大学での公式戦出場はなし。174cm70kg。右投右打。内野手。※大学4年時は外野手登録。 定位置は審判だった大学時代  失礼ながら彼はまったくの無名の存在だ。それもそのはず、彼はこの4年間で公式戦に1試合も出場していない。ベンチにすら入っていなかった。彼が主に活躍していたのは3部リーグのグラウンドだった。  東都大学野球では、1部は球審・塁審ともにOBで構成される審判団が担当するが、2部以下の試合では、当該ブロック以外の各校野球部員が塁審を務める。  清水は3年時から東洋大グラウンドで行われるオープン戦の審判を務めるようになり、最終学年になった4年生からは3部リーグの公式戦で試合を裁いた。東洋大はチーム3度目の2部降格となってしまうなど激動の時を迎えるも、清水の出番が増えることはなかった。  だがそこに残る感情は不満ではなく、自分自身への悔しさだ。 「最後の最後まで試合に出られなかったので悔しかったですね。使ってもらえるだけの実力になれなかった自分が悔しいです」と言い訳はない。  一方でやり切ったとは言えない感情があるのも確か。しかし、公式戦出場の無い選手に手を挙げる社会人チームは無かった。  東海地方に本拠を置く新興の企業チームの練習に参加したが結果は不合格。それでも、なにがなんでも野球を続けたかった清水は父親のツテをたどり、北関東・北信越に拠点を置く6球団で構成される独立リーグ・BCリーグのトライアウト参加にこぎ着けた。  そしてラストチャンスに見事合格。その後のBCリーグドラフト会議で群馬ダイヤモンドペガサスに5位で指名。その後、大緊張の記者会見に臨んだ。 「人に強く言えないというか、他人には“優しすぎる”とよく言われます」と自らの欠点を話した清水。だがこれからは自らをアピールし、熾烈な生存競争をしなければいけない立場だ。 「でも・・・」と続けた清水。 「我慢強さと諦めの悪さはあるんじゃないかと思います」と自らに言い聞かせるように話した。  もちろんこの4年間で学んだことも無駄にするつもりはない。東都通算500勝を達成している名将・高橋昭雄監督からは「野球にすべて賭けていた」とその勝負や練習に対する姿勢には大きな影響を受けている。 「野球が好きなんです。だからこそ自分でダメだと思うまでやりたいんです。やるんだったらNPB(プロ野球12球団)に行きたいですし、まずは大学時代に試合に出られなかったので試合に出たいですね。その喜びは誰よりも感じられると思います」と今後の抱負と率直な想いを最後に述べた。  まずは自信を持つ打撃でアピールし、出場機会を得たいところ。記者会見で蕁麻疹が出た男ではあるが、更なる刺激的な舞台を彼は目指し、今日もバットを振る。 文・写真:高木遊 取材協力:東洋大学硬式野球部、東都大学野球連盟、 青山幸平 東大、青学…「一流大学」から独立Lへ―野球を「諦めない」男たちが見る夢 同じくBCリーグ挑戦を決めた、東京大学・井坂肇投手、青山学院大学・渡邉雄大投手の記事をYahoo!スポーツ(スポーツナビ コラムページ)にて掲載しています。そちらもぜひよろしくお願いいたします!




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:
東洋大学
東都大学野球
清水一延
BCリーグ
群馬ダイヤモンドペガサス
独立リーグ
日本航空高校
高橋昭雄

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

90回大会を彩った選手たち⑫~塩谷桂大~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

その後のサムライたち(上野啓輔編2)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

見聞きしたことを声に出そう!【倉俣監督BLOG】

大学が設立する「総合型地域スポーツクラブ」の可能性 その1【ぶんきち日記】

ソン・アソプ(孫兒葉/WBC13代表)【韓国スポーツ考察(旧「データから見る韓国野球(2013年度版)」)】

90回大会を彩った選手たち⑪~山岸宏貴・倉田翔平・佐藤舜~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

90回大会を彩った選手たち⑩~竹ノ内佳樹・高松峻平~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2014年東京マラソン【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconbuaka

高木遊(たかぎ・ゆう)・・・田中将大世代の1988年生まれ。幼少時よりスポーツ観戦に勤しみ、大学卒業後にライター活動を開始。主に東都大学野球を中心とした首都圏の大学野球を取材。その他のアマチュア野球をはじめ、ラグビーやアイスホッケー、ボクシング、柔道なども取材領域とする。野球太郎主催のイベント「TOHKEN~東都大学リーグ野球観戦研究会~」随時(年数回)開催中。
過去の活動は→http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buaka/article/1
もしお仕事のご依頼などございましたら、takakov205☆gmail.comまでお願いいたします。(☆を@に変えてください)
twitter:@you_the_ballad
  • 昨日のページビュー:86
  • 累計のページビュー:972123

(11月09日現在)

関連サイト:twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「本物」が育つ土壌 “ライアン”小川泰弘を生んだ創価大学 岸雅司監督インタビュー
  2. 【ドラフト候補右腕】新トルネード投法で真のエースへ 九里亜蓮(亜細亜大学)
  3. 長野、村田に続け! 青山誠(日本大学→巨人育成ドラフト1位)「無印」の秘密兵器
  4. 阪神・新「勝利の方程式」の一員へ 岩崎優(国士舘大学→阪神ドラフト6位)インタビュー
  5. 【コラム】アイスホッケー全日本選手権「不適切行動」で準優勝返上
  6. 【島袋を破り現在ブレイク中】今永昇太(駒澤大学)[東都大学野球]
  7. 「ドラフト指名漏れ」からの再出発(東洋大学・能間隆彰、青山学院大学・齋藤英輔)
  8. 【都立片倉の快進撃から1年】Wエース 金井貴之&小田嶋治真人(立正大学1年)の現在
  9. 【ドラフト候補の大型捕手】吉田裕太(立正大学)「その全力疾走を神宮で」
  10. 専修大学硬式野球部・斎藤新監督と眠りから醒める精鋭たち

月別アーカイブ

2015
04
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss