高木遊の『熱闘通信』

【都立片倉の快進撃から1年】Wエース 金井貴之&小田嶋治真人(立正大学1年)の現在

このエントリーをはてなブックマークに追加

 長い高校野球の歴史において、東京都立の高校が甲子園に出場したのは都立国立、都立城東(出場2回)、都立雪谷のわずか3校のみ。今年は都立日野が西東京大会でベスト4に残り、史上4校目の甲子園出場を目指している。
 昨夏にもそんな高い壁を乗り越え、4校目の「都立で甲子園」に近づいた高校があった。その名は都立片倉。原動力となったのは、他県強豪校を退学し転入してきた右腕の金井貴之と、もともとエースだった左腕の小田嶋治真人のダブルエースだ。
 今は金井そして小田嶋ともに立正大学(東都大学野球リーグ2部)に籍を移し、再び神宮球場のマウンドでの活躍を誓い、練習に励んでいる。そんな2人に、高校時代の思い出と現況を聞いた。


金井と小田嶋
金井貴之(かない・たかゆき/写真左/180cm80kg、右投右打) 小田嶋治真人(おだじま・やまと/写真右/184cm69kg、左投左打) ひょんなことから再び同僚に 昨年の夏から1年経ちました— 金井「自分としてはこの1年、とても早く感じました」 小田島「自分もあっという間でしたね」 反響はどうでしたか?— 金「高校の体験入部の数が120人近くになりました。それまでは5,60人だったのに」 高校卒業後の進路についてですが、金井くんはプロ志望だったんですよね?— 金井「そうですね。夏の大会終わってから、親と宮本先生(都立片倉監督)と話してそう決めました。そこから“プロ待ち”がOKな大学を探し、宮本先生からもここを勧められてセレクションを受けました」 小田嶋くんは進路に関してはどういう考えだったんですか?— 小田嶋「自分は体ができていなかったので、体を作ってからプロを目指そうと思い、最初から大学進学希望でした」 大学も金井くんと同じところでやりたくて立正大学に入ったんですか?— 金井「いや、それは...。言っていいの?」 小田嶋「自分はもともと拓殖に行くはずだったんですが...(笑)受験の会場を間違えてしまいまして、AO入試に落ちたんです。それで行くアテがなくなってしまい、金井が先に立正へ行くことが決まっていたので、それで坂田さん(立正大学監督)に拾ってもらいました」 会場を間違えた!?— 小田嶋「AO入試の会場は文京キャンパスだったのに高尾キャンパスに行ってしまったんです」 宮本先生には怒られたんじゃないですか?— 小田嶋「怒るというより、もう呆れられました(笑)」 金井くんはプロ入りが叶わずに、そして小田嶋くんは拓殖に入れずに..,(笑)今こうしてここにいるわけですが、立正に入ってみていかがですか?— 金井「自分はここに来て良かったです。上下関係は厳しいこともありますけど、先輩方も優しいですし、グラウンドや施設と学校、寮がすべて同じところ(熊谷キャンパス内)にありますから。寮もキレイですし」 小田嶋「先輩方も優しいですし、野球できる環境が整っているのでやりやすいですね」
金井貴之
現在は春に右肩を負傷したため、リハビリをしながら紅白戦の記録取りなど裏方にも徹する金井。ようやく投球練習ができるようになったという のびのびと快進撃 高校時代の宮本監督からの教えで印象に残っていることはありますか?— 金井「宮本先生は選手1人1人に優しく話しかけてくれますし、怒る時は厳しく怒ってくれます。あと何よりも試合中の会話が多かったですね。“この投手はどうだ?”とか僕らの意見もよく聞いてもらえました。自分にとってはそれがすごく良かったです」 小田嶋「良い意味でベンチに緊張感がなくて、声がみんなよく出ていてやりやすかったです」 では勝ち進んで舞台が大きくなっても、固くはなりませんでしたか?— 小田嶋「楽しんでやろうと、それだけでしたね」 金井くんは都立片倉に転入してきたわけですが、昨年の某記事で“窮屈な野球”(転校前にいた平塚学園)から、のびのびと野球ができるようになったと言っていましたね— 金井「環境が変わったことが1番大きかったですね。自分はストレスが出やすい体質なので、高校入学で環境が変わって監督や先輩と合わなくて、そういうことから体調を崩してしまい、野球すらやりたくないと思っていました。でも中学時代に同じシニアで野球をやっていた小林章(昨年度の都立片倉主将/現桜美林大学)が片倉に誘ってくれて入ることができて、楽しい野球ができました」 大学進学にあたり、再び寮生活という不安はありませんでしたか?— 金井「平塚学園は先輩と同部屋ですが、ここは同学年6人で同じ部屋なのであまり気にならないですね。そういう面では部屋でもリラックスできますし、楽しい毎日を過ごしています」 小田嶋くんとしては、いきなりすごい投手が転校してきた時の気持ちはいかがでしたか?— 小田嶋「最初はすごいなと思いましたし、悔しい思いもそれはありましたね。自分が途中までエースナンバーの1番だったんですが、突然来た投手に獲られたので(笑)でもそこはお互い高め合うことができたので良かったです」 では、“自分が投げたい”というより、最後の夏は特に“力を合わせて勝ち進みたい”そんな気持ちでしたか?— 小田嶋「はい。僕ら以外の他の投手も良かったので、その仲間の投手陣がいたからこそあそこまで行けたと思いますね。投げてない時(主に一塁を守っていた)も金井が崩れたらいつでも行く準備をしていましたけど、金井に行けるところまで行ってくれとも思ってました」
小田嶋治真人
現在アンダスローに挑戦中の小田嶋。「野球始めた頃は真上から投げていたんですが、高校・大学と経るうちにだんだん腕が下がってきました(笑)」 現在の目標 大学のの授業はいかがですか?— 金井「全然分かんないです(笑)法学部は頭よいイメージあったので不安だったんですが、案の定大変です(笑)」 小田嶋「自分もなんとか...という感じですね(笑)」 では最後にお2人の今の目標を教えてくださいー 金井「自分としては肩を怪我しているので、それを最初に治すことですね。1番近い目標としては秋までに間に合えばと思いますし、それが無理なら来年の春までにしっかり治したい です」 小田嶋「自分は今、コーチの小山さんに“アンダースローにしろ”とアドバイスされ、苦戦しているのですが、なんとかそれを自分のモノにして、2年生からバンバン試合に出たいです」  都立片倉時代は準決勝で夢破れた2人だが、今度はその神宮球場での雪辱、そして更なる高い目標に向け日々の練習に励む。彼らが活躍すれば、現在都立校でプレーする選手にも大きな励みとなるはずだ。今後の彼らの活躍に期待したい。 文・写真:高木遊 取材協力:立正大学硬式野球部




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:
立正大学
東都大学野球
戦国東都
都立片倉
甲子園
西東京大会
高校野球
金井貴之
小田嶋治真人

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2013期待の新戦力24【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【11年ぶり8強】見届けた、加賀屋の172球。お疲れ様、白堊の球児達【GO!GO!GO!イーグルス!】

監督に最も信頼される投手たち~第84回都市対抗野球大会【僕の中の大投手 諭】

2013期待の新戦力23【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

怪物たちの夏【アバウトG、アバウト・・・】

2013期待の新戦力22【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ボクシング部・関東大学ボクシングリーグ1部2部入替戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2013期待の新戦力21【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconbuaka

高木遊(たかぎ・ゆう)・・・田中将大世代の1988年生まれ。幼少時よりスポーツ観戦に勤しみ、大学卒業後にライター活動を開始。主に東都大学野球を中心とした首都圏の大学野球を取材。その他のアマチュア野球をはじめ、ラグビーやアイスホッケー、ボクシング、柔道なども取材領域とする。野球太郎主催のイベント「TOHKEN~東都大学リーグ野球観戦研究会~」随時(年数回)開催中。
過去の活動は→http://www.plus-blog.sportsnavi.com/buaka/article/1
もしお仕事のご依頼などございましたら、takakov205☆gmail.comまでお願いいたします。(☆を@に変えてください)
twitter:@you_the_ballad
  • 昨日のページビュー:77
  • 累計のページビュー:964874

(07月03日現在)

関連サイト:twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「本物」が育つ土壌 “ライアン”小川泰弘を生んだ創価大学 岸雅司監督インタビュー
  2. 【ドラフト候補右腕】新トルネード投法で真のエースへ 九里亜蓮(亜細亜大学)
  3. 長野、村田に続け! 青山誠(日本大学→巨人育成ドラフト1位)「無印」の秘密兵器
  4. 阪神・新「勝利の方程式」の一員へ 岩崎優(国士舘大学→阪神ドラフト6位)インタビュー
  5. 【コラム】アイスホッケー全日本選手権「不適切行動」で準優勝返上
  6. 【島袋を破り現在ブレイク中】今永昇太(駒澤大学)[東都大学野球]
  7. 「ドラフト指名漏れ」からの再出発(東洋大学・能間隆彰、青山学院大学・齋藤英輔)
  8. 【都立片倉の快進撃から1年】Wエース 金井貴之&小田嶋治真人(立正大学1年)の現在
  9. 【ドラフト候補の大型捕手】吉田裕太(立正大学)「その全力疾走を神宮で」
  10. 【ドラフト候補の大型右腕】杉浦稔大(投手 國學院大学)

月別アーカイブ

2015
04
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss