車いす陸上競技 洞ノ上浩太

オーストラリア遠征

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア遠征報告書

日時:1月10日~1月27日 大会名:2016 Summer Down Under Series 場所:オーストラリア(シドニー・キャンベラ) 結果:キャンベラ1500m予選3位(3:04.57) キャンベラ1500m決勝9位(3:05.25) キャンベラ5000m決勝5位(10:40.39) シドニー1500m決勝(3:05.46) シドニー5000m決勝(DNF) 10kmロードレース(2位)

真夏のオーストラリアへ行ってきました。 本大会には10回ほど出場していますので、ここ数年お正月を満喫出来ていません笑。 しかし、寒い日本を脱出し、暖かいオーストラリアでトレーニング&大会に出場することは、2月末の東京マラソンや4月のロンドン&ボストンマラソンにも良い影響を及ぼします。 今年も、一昨年から実施している、シドニーオリンピックパークでの事前合宿(11日~18日)を行いました。 私を含むチームのメンバー5名+岡山の選手1名の合計6名で行いました。 オリンピックパーク内のクエストホテルに拠点を置き、キッチン付きの部屋で、皆で自炊を行いました。 パーク内の1周5km弱の周回コースをメインに、アップダウンやフラットでのインターバルトレーニングと、とても充実した合宿を行うことができました。

18日にキャンベラに移動し、20日・21日とトラックレースが行われました。 私は、1500mと5000mにエントリーしました。 私は、マラソンがメインなので、1年振りのトラックレースは、マラソンにはない緊張感がありました。 1500mの予選は、スタートからしっかりついていくことができ、ローテーションにも加わることができました。 しかし、その後、私の前の選手が中切れをしてしまい、それに対応が出来ず一緒に遅れてしまいました。 結果、前を行く選手2人に3秒ほどあけられての3位でしたが、無事に予選を通過することができました。 決勝では、予選のタイムが影響し、外側からのスタートでした。 ただでさえスタートが遅い私ですが、やはり良いポジションが取れず、9位という結果でした。 5000mでは、体が重く全く動いてくれず、私は6周ほどで集団についていくことが出来ずに落ちてしまいました。 そこからは一人で黙々と走り、トップに30秒ほど遅れての5位でした。 5000mで遅れるのは、これまであまり経験のない事で、とても動揺してしまいました。 2日間のトラックレースが終わり、翌日には大型バスで、選手みんなで3時間かけてシドニーに移動しました。 翌日は、事務局主催のメンタークリニックで、ジュニア選手や若手選手の指導を行いました。

24日はシドニーのブラックタウンでのトラックレースでした。 こちらも、キャンベラ同様1500mと5000mにエントリーしました。 キャンベラの走りを見直し、いくつか修正点を見つけて修正しレースに臨みました。 その修正がバッチリはまり、1500mではスタートから良いポジションを取ることができました。 ※1500mのような短い距離では、スタート直後のポジショニングがとても大事になってきます。

結果は5位でしたが、この距離を主戦場としている選手のなかで、トップから0.64秒差の5位は、しっかり修正が出来ていると感じました。 その直後の5000mでは、大分国際時と同じトラックレバー(トラックのRを走行する際に必要なレバー)のトラブルで棄権しました。 トラブルの場所は、いつもと同じ場所のネジに原因があるので、そこのネジを交換しました。 今回の件は、八千代工業のエンジニアの方に報告し、トラックレバーの根本的な構造の変更をお願いし、石垣合宿までに対処してもらうことになっています。 マシンのトラブルがあったとはいえ、1500mでの走りに手応えがあったので、シリーズ最終日の10kmロードレースには、良いメンタルで望むことができました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第70回香川丸亀国際ハーフマラソン結果【北のお部屋】

別府大分毎日マラソン、日本人最上位は石田の4位 気になるリオ五輪代表選考レースについても…!【0 to zeroのhorizon】

2016年別府大分毎日マラソンの感想【北海道に住むスポーツ観戦好きの30代後半男】

ブロガープロフィール

profile-iconbt_hokinoue

洞ノ上 浩太
ほきのうえ こうた

競技:車いす陸上
出身地:福岡県
所属:Yahoo! JAPAN

2008年、北京パラリンピックの5000mで日本人初のファイナリストとなり、5位入賞。
またフルマラソンでは、北京、ロンドン、リオと3大会連続での入賞。

2010年1月には10000mで日本記録を樹立。
2010年6月には自身の持つ日本記録を更新するとともに、5000mでも日本記録を樹立。

2013年4月に開催されたソウル国際車いすマラソン(韓国)にて、フルマラソンの日本記録を樹立。

現在は東京パラリンピックを見すえ、日々トレーニングに励んでいます。金メダル獲得に向けて、新たなチャレンジが始まっています。

2015年に車いす陸上チーム「チームブルータグ2アームドライブ」を立ち上げ、現在6名の選手が在籍しており若手の育成・強化にも取り組んでいます。
  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:580087

(07月22日現在)

関連サイト:team bluetag 2ARM DRIVE

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NYCハーフマラソン結果
  2. 鳥取ハーフマラソン結果
  3. ボストン、ロンドン、ソウルマラソン3連戦結果
  4. 10月のレース結果
  5. ベルリンマラソン結果
  6. ソウル中央マラソン結果
  7. Lisbon Half Marathon 2014
  8. 吉備ハーフマラソン結果
  9. 東京マラソン2015結果
  10. 2016東京マラソン車いすの部結果

月別アーカイブ

2017
05
03
01
2016
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
2014
10
03
01
2013
11
10
09
08
07
05
04
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss