車いす陸上競技 洞ノ上浩太

大分国際車いすマラソン結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

日時:11月8日

大会名:大分国際車いすマラソン

結果:5位(1:26:45)

2002年の競技開始から毎年出場している「大分国際車いすマラソン」。 今年は、来年のリオデジャネイロパラリンピックフルマラソンの代表選考大会でしたので、今までにない緊張感が漂っていました。 リオの切符は、総合3位以内+国内1位+1時間27分00秒以内という厳しい条件でした。 前日まで雨予報でしたが、レース当日は晴天となり、気温が27度まで上がりかなり暑い中でのレースとなりました。 毎年スタートからマルセル選手に逃げられていたので、今年は、絶対に逃がさないという強い気持ちで、トレーニングに励んできました。 やはり今大会も、スタートからハイペースとなりましたが、トレーニングの成果が発揮され、なんとかスタートで食らいつくことが出来ました。 7kmを過ぎたあたりから、心拍も落ち着きだしたので、積極的に先頭に出て集団のペースを上げました。 気が付くと7人ほどの集団になっていました。 そこからさらにペースが上がりましたが、冷静に対応することが出来ました。 20kmを過ぎた辺りで先頭集団は5人に絞られました。 現在大分国際5連覇中のマルセル、大分国際のコースを得意とする山本選手、今年世界選手権ロンドン大会で銅メダルの副島選手、若手の成長株の西田選手と私の5人でした。 途中、西田選手が遅れ、副島選手も引き離したのですが、その後先頭集団の三人で駆け引きが入ってしまいペースが上がらず、副島選手に追いつかれてしまい、その後も西田選手にも追いつかれてしまいました。

先頭集団がまた5人となってしまったところで、私のレーサーに異変が起こり始めました。 前日ネジが緩んでしまって、業者の方をホテルまで呼んで、調整してもらったのですが、そこがまた緩んでしまったのです。 まっすぐ走ることが出来ずフラフラしているところで、マルセルが渾身のアタック! そのアタックに反応はしましたが、レーサーがまっすぐ走ってくれず、左に進むばかりでした。 そこから4人に大きく引き離されて、5位でのゴールでした。

マシントラブルによって、一番大事なレースで力が発揮出来なかったのは、とても残念でなりません。 大事なレースで、このような事態が起きてしまった事は、単に「悔しい」だけですませることが出来ません。 今後、このような事が絶対に起こらないように対処していきたいと思います。 応援していただいたのに良い結果が報告できずに申し訳ございません。 次の選考は、来年2月の東京マラソンです。 総合3位以内、日本人1位、1時間28分30秒以内で一名内定です。 東京でリオへの切符を必ずゲットしたいと思います。 引き続き応援のほど宜しくお願い致します!

1 位1:24:53 1 マルセル・フグ 2 位1:25:02 2 山本 浩之 3 位1:25:15 3 副島 正純 4 位1:25:16 12 西田 宗城 5 位1:26:45 5 洞ノ上 浩太 6 位1:29:00 11 ハインツ・フライ 7 位1:30:17 9 久保 恒造
8 位1:32:10 7 吉田 竜太
9 位1:36:06 13 鈴木 朋樹 10 位1:37:11 4 エレンスト・ヴァン・ダイク

                   レース当日ホテルのロビーでウォーミングアップ中

                   レース直前は意外にリラックスしてます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ソウル中央マラソン結果【車いす陸上競技 洞ノ上浩太】

11月13日の練習 動き作り【衣浦東部消防局陸上部】

ドーピング問題は かなり昔からあるのだが・・・【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconbt_hokinoue

洞ノ上 浩太
ほきのうえ こうた

競技:車いす陸上
出身地:福岡県
所属:Yahoo! JAPAN

2008年、北京パラリンピックの5000mで日本人初のファイナリストとなり、5位入賞。
またフルマラソンでは、北京、ロンドン、リオと3大会連続での入賞。

2010年1月には10000mで日本記録を樹立。
2010年6月には自身の持つ日本記録を更新するとともに、5000mでも日本記録を樹立。

2013年4月に開催されたソウル国際車いすマラソン(韓国)にて、フルマラソンの日本記録を樹立。

現在は東京パラリンピックを見すえ、日々トレーニングに励んでいます。金メダル獲得に向けて、新たなチャレンジが始まっています。

2015年に車いす陸上チーム「チームブルータグ2アームドライブ」を立ち上げ、現在6名の選手が在籍しており若手の育成・強化にも取り組んでいます。
  • 昨日のページビュー:71
  • 累計のページビュー:580194

(07月26日現在)

関連サイト:team bluetag 2ARM DRIVE

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NYCハーフマラソン結果
  2. 鳥取ハーフマラソン結果
  3. ボストン、ロンドン、ソウルマラソン3連戦結果
  4. 10月のレース結果
  5. ベルリンマラソン結果
  6. ソウル中央マラソン結果
  7. Lisbon Half Marathon 2014
  8. 吉備ハーフマラソン結果
  9. 東京マラソン2015結果
  10. 2016東京マラソン車いすの部結果

月別アーカイブ

2017
05
03
01
2016
12
11
09
07
06
05
03
02
01
2015
11
10
09
07
06
05
2014
10
03
01
2013
11
10
09
08
07
05
04
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss