フリーダイバー 松元 恵

月別アーカイブ :2012年09月

式根島へ・・・・

 初めて下田から、式根島へ向かった。。。。 大島、利島、新島、神津島・・・式根島のなんとヒラペッたいことか・・・! それぞれの島の個性がおもしろい。 式根島の海は、優しい海。 ...続きを読む»

ボート・スキン・・・

次の日は台風の影響であいにくの天気だったが、海況は良く、ボートでスキンダイビングを楽しんだ。 西伊豆の田子から堂ヶ島、雲見のもっと先・・・センガンモンと呼ばれる大きなアーチをくぐって、陸からは行けない洞窟めぐり。 自然の雄大さがここにも。。。    夜は、Kさんに手伝ってもらって、地元の新鮮な海産物で手料理のおもてなし。    めっちゃ喜んでいただ......続きを読む»

西伊豆の…

 大瀬の海で潜ったあと・・・昨年もお世話になった貝殻亭・・・ いつも、海の帰りに食事に立ち寄るお気に入りの店。 泊れることは滅多にないのだが、オーナー夫妻とも長いおつきあい。 お食事も和洋折中で、とてもステキ。 ...続きを読む»

秋の空・・・・

 北海道の網走から、昨年に続いてフリートレーニング合宿に来た洋サン。 一週間、伊豆の海や島を潜り歩く・・・ 初日は、まず大瀬の優しい海で身体慣らし・・・・ 週末の秋の大瀬はダイバーたちで大にぎわい。 秋の空は高く・・・海の中から見上げても秋の気配・・・ ...続きを読む»

花のある部屋・・・

 一人暮らしの自分のために花をかざる・・・なんてこと。前はしなかった。 母の仏前に花をたやさないようになってから、部屋に花があることが、心にも身体にもいい影響を与えてくれるのだと感じるようになった。 花をみると微笑みがわく。 香りをかぐと、優しい気分になる。 場のエネルギーや色も変わる。 これからは母のため、だけでなく自分のため、誰かのために花を置きたい。 花の命に感謝を込め......続きを読む»

DNAおそるべし・・・?!

帰国後・・・・初仕事は30年来の親友と親友の娘の体験モノフイン 彼女は私がスクーバイントラを取った1982年の同期。 その前の年、準備不足で試験に落ちた私は彼女の仲間たちとみんなで勉強し、励まし合って試験に臨んだ。 それから30年・・・お互いいろんなことがあったけど、いつもお互いを見守り時には支え合った。 何年会わなくても、会うとつい先月も会ってたくらいに感じる不思議。 大きな......続きを読む»

母・・・・

 生まれて物心がつくまでの記憶は、どこへいくのだろう。 でも確かにあの時、幼い私を抱き上げ優しいまなざしで見つめる母を感じた。 まなざしの奥底にある、海よりも深い愛。 ぬくもりと安心感。 世界はそれですべてだった。 呼吸が必要な世界で目が覚めると・・・すべてが遠い記憶の中に吸い込まれていく。 3次元の世界で自分の存在が確かなものになる分、それはいれちがいに去っていき過去に......続きを読む»

先駆者たち・・・

 私は本当にラッキーだと思う。 フリーダイビングの神様と言われる「ジャック・マイヨール」との出逢い。 そして永遠のヒーロー「ウンベルト・ペリッツアーリ」 この偉大な2人を師として出逢えたこと。 アシュタンガ・ヨガを初めてアメリカに伝えた「ノーマン・アレン」 その人から直接、ヨガの哲学の神髄を学べること。 そして水の世界での新たな出逢い。 「WATSU」というくくりをはみ......続きを読む»

不思議な授与式・・・!!

WaterDance2・・・・終了 みんなでサウンド・ボールの周りに扇に寝転がる。 shyntamがたたくと、大中小のボールから様々な音色と共に、バイブレーションが頭に顔に身体に伝わる。。。。 海の中でクジラの声を聴いた時みたいだ。 全身に振動で響く音・・・声・・・・ すると、いきなりもうすっかり大丈夫になっていた母の生前の存在感がリアルによみがえってきた。 過ぎ去った過去が......続きを読む»

人魚JAPAN世界大会2連覇!!

2年に1度、開催されるフリーダイビングの世界大会。 フリーダイビング発祥の地でもある地中海の南仏ニースで開催された今回の大会には、世界各国から26か国(女子は17か国)が参加しましたが、日本女子チームは強豪のフランスに大差をつけて圧勝。前回の沖縄大会に引き続き二連覇を達成しました!すでに選手団は日本に帰国しています。 ●大会結果(女子総合得点) 1位 日本   677.4点 2位 ......続きを読む»

Water Spirit・・・

水は、太古の昔から生命の源・・・・ 水の持ってるパワーとその柔軟性、私達の精神性との繋がりの深さ・・・ そして、私達自身の中にある海に心をよせた時・・・・よみがえる魂の記憶 今回の旅は、たくさんの確信を私にくれた。 天命を感じた。 水の持っている多くの側面を表現したり、伝えたり、感じてもらったり。 水の持ってる力強さ、厳しさ、優しさ、繊細さ そして、とてつもない深い......続きを読む»

最終日・・・・

 あっと言う間に最終日・・・ 最終日は外部から協力者が来てくれて、初めてのクライアントさながら、セッションを受けてくれる。 ほとんど本番・・・・気分だ。 めちゃくちゃドキドキした。 でも、あれこれ考えても仕方ないので、とにかくゲストを観よう・・・と思った。 少しでも、気持ちよくリラックスして・・・水との距離を縮められたら・・・・ そんな想いでセッションを続けた。。。。 ......続きを読む»

ドライ・スタディ・・・

 セカンドコースで習った新しい技をビデオでもう一度見直す。 シャンタムのセッションは、見とれるほど、優雅で滑らかで繊細・・・・で美しい。 デモを観て、ビデオも観て、マニュアルの写真や説明も読んで・・・頭で理解できても、それを実践しようとすると身体が思うように動いてくれない。 そうは言っても、残りの時間は少ない。。。なんとか覚えようとすると肝心な呼吸や姿勢が崩れる。 夜遅くまで居残って......続きを読む»

WaterDance2・・・

 セカンドコースが始まった。 新しい技が次々と入り、頭で理解しても身体が覚えるのが間に合わなくなって来た。 時間が足りない。もっともっとリピートしなければ。 一緒に受けてる仲間は3回目でようやくわかったと言っていた。 呼吸を合わせ、呼吸を誘う、呼吸を作る。 水に任せた上での補助でしかない自分の役割。 繊細な身体の声に耳を澄ますということ。 水の不思議・・・人間の不思議・・・......続きを読む»

たゆたう・・・

週末は、エレン・マリーにセッションをやってもらった。 昨年、みっちりしごかれた懐かしいエレン・マリーのプール。 まあるくって、暖かくって・・・気がついたら、ほっぽらかされて2時間半も浮かんでいた。。。 夢と現実を行きつ戻りつ・・・まどろみと瞑想の隙間にある、もうひとつの居場所。 子宮に浮かぶ胎児のように、ただそこに漂い、揺蕩う。 私の奥にあった何かがゆっくりと溶け出し、洗い......続きを読む»

B&Bの周りは・・・

エレン・マリーのB&Bの目の前は湖。 階段を降りて行くと、桟橋があって小さなボートが置いてある。 一度乗りたいと思うのだが、どうやら今回もおあづけになりそうだ。 夏休みシーズンは、週末は満室で、 「みんないったいこんなへんぴなところに何しにくるんだろうね〜」 って言ったら、「何にもしないためにくるんじゃない」ときよちゃん。。。 なるほど。。。そういえば桟橋のチェアで、ゲストさ......続きを読む»

rest day ・・・・

 まずは、1週目のコースが終了してつかのまのOFF・・・・ 週末の朝は、ゆっくり起きてB&Bの朝食。 前日の夜にペーパーを渡され、メニューから好きなものを選んでおくと、翌朝リクエスト通りの朝食が用意される。 私のリクエストはベーグルとオムレツ、フレッシュフルーツとヨーグルト。そしてコーヒー ベーグルのトッピングは、クリームチーズとレッドオニオン、トマト、アボガド。 昨年までの長......続きを読む»

クロージング・・・

 コース終了日・・・ ちょっとドキドキしながら、その時を待つ。。。。 シャンタムの手から、修了証と共に成績表までいただいた。 とにもかくにも、全員合格・・・・!!! 私も翌週のスタートラインに立てる。    ますはシャンタムからの全体のコメントが・・・かなりラフな感じ    ひとり、ひとり、優しいハグをしてくれた。    きよちゃんは2回目の受講・・......続きを読む»

2012人魚japanへのエール!!

 遥か遠くフランスのニースでは今日10日から、フリーダイビングの世界大会が行われている。 今日が海の競技、コンスタント(垂直潜水)の初日だ。 2年前、沖縄の世界大会で女子チーム金、男子チーム銀のダブル入賞を果たした。 その時のメンバーの一人だった私は今、海を離れて北カルフォルニアの水の中でゆらゆら揺れたり揺らしたり。 それは、私自身が選んだチョイスだ。 今は日本の選手団に心より......続きを読む»

メモリー・・・・

 ひとしきり真剣な練習に疲れてかける頃、シャンタムがいきなりイルカのおもちゃで、水鉄砲を始めた!! みんなで、キャーキャー子供のようにおおはしゃぎ。 子供の頃、よくお風呂でこんなおもちゃで遊んだなぁ〜〜 きっとだれでも、そんな記憶がある。 緊張の糸がほぐれたひととき。 ...続きを読む»

プラティクス・・・

 どんなことでもそうだが、継続することが上達への一番の近道だ。 次から次へと教えられるいくつもの技は、身体で繰り返し覚えていくしかない。 WaterDanceのクラスは3段階に分けられている。 waterDance 1,そして次が2・・・それから3。 たいていは月曜から金曜日までの5日間、週末はOFFだ。 今回、私は1と2を2周連続して受ける。 1を終了して受からなければ、次に進......続きを読む»

つかの間のヨガタイム・・・

 休憩タイム。。。みんながスタディルームに避難していたり、夕方きよちゃんにクックをお任せしているとき・・・ プールのラナイで、日向ぼっこしたり、寝転んだり、少々ヨガをするのが日課になりつつある。 まだ、ハワイ島でヨガの特訓?の余韻が身体に残っているのを味わいながら・・・・ 山の澄んだ空気と樹々からこぼれてくる、海辺とはまた違う凛としたさわやかなエネルギーを感じながら。  ......続きを読む»

スタディルーム・・・

 だいたいは、昼食を兼ねた休憩のあとは母屋のスタディルームでレクチャーだ。 もっぱら生徒達は、灼熱の昼間の強い日差しをさけて、昼食が終わると早々にこの部屋に逃げ込み、PCをいじったり、寝転んでお昼ねしたりしてくつろぐ。 ある日。シャンタムに促され、それぞれ想いのある品を持ち寄った。 それにまつわるストーリーを一人一人が話し、みんなでシェアする。 鳥の羽・・・・ドングリ・・・・水筒......続きを読む»

夕暮れ時・・・・

 午後7時・・・・ようやくプール実習が終了し、シャワーを浴びてから夕食の準備に取りかかる。 この日の夕暮れは、いつにも増して西の空が燃えるように茜色に染まった。 何もかもが夕焼け色だ。。。。 灼熱の昼間の熱さはうそのように消え去り、涼しいというよりひんやりした風に、思わず長袖の上着の前を綴じる。 夕暮れの晩餐・・・ワインをすすめられたけど、今の気分はno th......続きを読む»

午後の光の中で・・・

 午後のプール・プラティクスが始まった・・・ 大きな窓から差し込む光で、プールの水もキラキラ、それが壁やみんなの身体や顔に写ってキラキラ。 すべては、この太陽の光で映し出される・・・時とともに移ろい行く愛おしくも儚い世界。 人肌に温められたプールの水は、水というよりぬるま湯で、冷えた身体のまま入ると・・・ぬる目の温泉のよう。。。。 思わず、首まですっぽり浸かって大きく息をはく。。。。......続きを読む»

静かに流れる時・・・

 コースは朝9時から夕方の7時頃まで。 お昼休みは2時間たっぷり。 アウトドア・キッチンで自炊をする。もっぱら料理係はkiyoちゃんだ。 彼女はアートのセンスがあるので、絵も写真も料理も上手い。 私も嫌いじゃないが、ここは素直に任せた方が美味しいものにありつけるので、もっぱらアシスタントに徹する。。。といいながらナッツをつまみ食いしながら、コース仲間のエリンとふざけてばかりいるが。 ......続きを読む»

憧れの先生・・・・

 ここで指導していただくShantamは、水中ボディワークの世界では第一認者だ。 インド、ニューヨークを始め各国でコースを開いている。 優しくふんわりとした羽毛のようなセッションは、その人柄そのままだ。 繊細さの中には、感性にあふれた洞察力と細やかな気遣いがある。 物静かなパートナーと自然に囲まれた環境で、天職を全うしながらの暮らし・・・・ 何もかも素敵。憧れの師だ。 そ......続きを読む»

憧れのプール・・・

 水温は人肌くらい。36〜7℃。水深は110センチくらいがベスト(身長にもよるが) 広いに越したことはないが、ここは十分に泳げるくらいに広い。 そしてプールの水は、塩素は使わず銀と銅で浄化しているそうだ。 こんな贅沢なプールは日本にはない。 冷たいとリラックスどころじゃないし、暑すぎたらのぼせてしまう。 憧れのプール・・・ここの半分ほどでもいいから、日本にあったらいいなぁ〜〜 ......続きを読む»

WaterDance・・・・

 ハイウエイを降りてしばらく行ってから、広大なワイナリーをいくつも抜けて行く・・・・ どこを見ても、広い。 牧場だって果てしなく広い。 サンフランシスコから3時間ほどのドライブ。TwinLake の看板が目印だ。 宿泊は、前回お世話になった、エレン・マリーンのB&B エレン・マリーンは5、6年前にハワイ島で出会ったのが最初だ。 あの時、ずっと興味を持っていた彼女の水面のボディワー......続きを読む»

北カルフォルニアへ・・・

 コナを出た日・・・ちょうどサンセットタイムの頃、空港へ向かう途中で見た夕陽は、再びみごとなグリーンフラッシュだった。今回は初日に続き2度目だ。 ハワイ島の大自然の全てに背中を押されているにちがいない。。。と勝手に思う事にする。 カードリーディングでも、そうだった。3度目の正直・・・毎回いいカードが出たが、私の心の準備ができていないといつも言われた。 新しいドアが開きかけている。今まで......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconbt-meg

松元 恵(まつもと めぐみ)
競技:フリーダイビング
出生地:鹿児島県
出身地:東京都三鷹市


「フリーダイビング」という競技をご存知ですか?スクーバ器材を使わずに、ひと息でいかに深く潜れるか?を競う海のスポーツです。松元恵さんは、映画「グラン・ブルー」の実在モデル故ジャック・マイヨール氏との出会いをキッカケにその「フリーダイビング競技」を日本に導入した第一人者です。98年、日本代表として世界大会に初出場多くの日本記録を塗り替えてきました。また、多くの選手、インストラクター育成、安全潜水の啓蒙を使命として活動しています。
2008・エジプトWC銅メダル
2010・沖縄WC金メダル
2014・イタリアWC銀メダル(監督コーチ)

 
[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]

[[BLUETAG ×スポーツナビ+|http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bluetag]]
  • 昨日のページビュー:23
  • 累計のページビュー:818242

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 水中バレエ、恩師の訃報・・・・
  2. 呼吸法トレーニング
  3. 水中バレエの想い出・・・・
  4. 特殊器材・・・ゴーグル編
  5. スキンダイビングイントラ合宿
  6. TVロケ・・・
  7. 滅多に出来ないザボーラ体験・・・!!
  8. 益戸育江・出版記念パーティ・・
  9. ハンモック・エクササイズ!!
  10. DNAおそるべし・・・?!

月別アーカイブ

2016
05
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss