フリーダイバー 松元 恵

月別アーカイブ :2010年09月

島暮らし…祝!

仲間が伊豆諸島式根島に移住することになった! 明日の朝出発というギリギリの前夜、無理やり?引っ越し祝い?を兼ねて集まった。 何度か行ったことのある吉祥寺、ハモニカ横丁の焼鳥屋さん、 「大会後みんなで行こうね」といいながらずっとオアヅケになっていたこともあり、久々の味に感激…♪ ちょっと慌ただしかったけど会えてよかったね。 海辺の暮らし…楽しんでね〜!きっと遊びに行くからね。 行っ......続きを読む»

海猿…初めての3D 体験♪

海猿を3Dで見てきた。 初めての体験、入口でメガネを渡される。 試写会で観ていたがやはり迫力が違う! 文字や、景色や人が浮き上がって触れそうなくらい近くに感じる! 海、ダイビング、クジラ、ハワイ、と幾つかの共通項から、縁あってつかの間だがフリーダイビングをちょっぴり指導させてもらった伊藤君に、今もまだ特別の親しみを感じるのは彼の一人の人間、男性としての魅力があるからこそ…その魅力が多......続きを読む»

秋の身体感覚講座は…

季節の変わり目…… 今年は特に温度差が激しく、つい先週も1日で十数度も気温差があった。 私もご多分に漏れず、すっかり風邪を引いてしまった。 久々の身体感覚では、夏から秋への身体のメンテナンスとして身体全体のこわばりを取り、全身に気を通した。 そして猛暑の夏に水分調整やら何やらで頑張って働いてくれた腎臓のケア。 人の身体を使って自分も元気になる方法。 人の身体を通じて瞑想す......続きを読む»

帰国の朝・・・・

 パペーテから日本への便は朝が早い。 まだ暗い、4時40分にホテルのロビー集合で、空港に向かう。 手続きを終えての待ち時間・・・・東の空が明るく染まってきた。 朝焼けもいいなぁ・・・・・ 今回もたくさんのクジラとの出逢いを胸に。 いやいやクジラだけではなく、人、海、島の大自然、そしてやけに都会に感じたパペーテの短い滞在も全て。 やはり旅はいい・・・・いろんなことを感じて、......続きを読む»

パペーテの夜・・・・

 「いや~~今日はルルツは1日中晴れてましたよ。夕焼けも見れました!!」 ルルツに残した熊ちゃんの様子を伺いがてら、パペーテのホテルから電話すると案外元気そうな声・・・・えっ??・・・・どうやら私達、雨まで連れて来たらしい。 雨のパペーテの夜もなかなか良いよね・・・・と強がり言いたいがやはり残念。 そんな中、噂のベトナム料理「ジミー」に行ったり、パペーテの名物、港の屋台「ルロット」に行......続きを読む»

さよならルルツ・・・・

 私達の泊まった宿、ペンション「アリアナ」のママの孫にあたるバイテアに空港まで送ってもらった。 彼はこう見えて弱冠19歳!! 足腰を痛めて動けなくなったママを手伝ってる。今回は本当にお世話になりました。。。。 ものすごく、優しくて働き者で、家族思いで、こんな人がダンナ様だったら最高に幸せかも・・・?! って、私にとっても孫みたいな存在だけど(笑) 2度目の参加の熊ちゃんを置いていく......続きを読む»

クジラ雲発見・・・・!!

 フライトまでの最後の時間をビーチで過ごした・・・・ 天気は回復、海も凪いで来た。 滞在中、ずっと天気が悪かったので、今頃晴れるとは・・・・ちょっと悔しいが、クジラとの出会いは最高だったのでまぁいいか! そして・・・・クジラ雲発見!! それもちゃんと胸鰭が長いザトウクジラだ。        左が頭、右がテール・・・・そしてザトウ特有の大きな胸鰭・・・ ......続きを読む»

クジラの見える丘・・・・

 ちょっとしたドライブ・・・・島を周れるだけ周ってみた。 見知らぬ、村にも初めてたどり着く。 フイッシャーマンが魚をぶら下げて歩いてきたので、1枚写真を撮らせてもらった。 「マヒマヒ・・・・!!」 いかついローカルも、嬉しそうにはにかみ笑った。。。海の男だ! カメラを向けたら照れちゃった。 私達はシーラと呼んでいるその魚はキラキラ虹色に光っていた。 この島特産の手作り帽......続きを読む»

rurutuを去る日に・・・・

 ルルツを去る日・・・・ ママの愛車を借りて、ドライブをした。 本当はビーチからのスキンダイビングを楽しむ予定だったが、リーフの切れ目があるエントリーしやすいポイントはちょうど風の当たる側で、荒れていた。 この島には大少いくつもの洞窟がある。 そのひとつを見に行った。 前回はここから、クジラのブリーチングが見られたこともある。 ...続きを読む»

また来年・・・・!!

 「レ・マンタクラブ」のスタッフは、普段はランギロアでスクーバのガイドをしている。 毎年7月~9月は、ルルツに駐在して、クジラスイムを仕切っているのがエリック。自他共に認めるクジラ好き。 毎年必ず来て、クジラの写真を撮っている。 言葉は少なく、無口な方だが会話する時の笑顔は優しい。 世間一般から見れば、かなりの変わり者なのかも知れないが。 スクーバでガイドするエリックは想像しに......続きを読む»

ダンス、ウイズ、ベイビーホエール

子クジラが浮上してきた時、私はただそばにいて見つめていた。 興味深げに、私を横目で見て近づいてきた子クジラは、お腹を見せた。 私が水面で1回転回って見せたら、子クジラも周った。 私が又、くるくるスパイラル回転したら、子クジラも嬉々としてぴったり横に寄り添いながらクルクル周る。 何回一緒にかわりばんこにクルクルしただろう・・・?! 今年のベイビークジラは、この瞬間「クルちゃん」......続きを読む»

ラスト・クジラ・・・

 最終日もあいにくの雨・・・・・クジラと出逢うのに天気は関係ないとだんだん思えて来た。 再び、船を出す・・・・このクジラスイムを仕切ってる「レ・マンタクラブ」のユニフォーム?にも思える、Tシャツのほっかむり、最初見た時はちょっとビックリ、まるでテロリストみたい、と思ったが・・・・ すっかり慣れてみると晴れた日は日除け、天気の悪い日は風除けにもなって、なかなか実用的なんだなぁ~~~と思えて......続きを読む»

ママの手料理・・・・

 1日中泳いだあとの楽しみはママの手料理。 今夜はパパイヤとキャロットのサラダと海老のカレー風味・・・・!! シャキシャキのサラダも、ぷりぷりの海老もめっちゃ美味い!! 毎度、デザートも楽しみ。 思わず、HINANOのbeerからワインに移り、杯も進む。 明日はラストだね~~~早いね~~。 ...続きを読む»

また明日・・・・!

 クジラ親子とのおおせの後・・・・夕暮れも近い頃、ようやく私達の船は港に戻る。 みんな、クジラとの出会いに満足げだ・・・・ 雨と寒さは、南国タヒチとは思えないくらいだが。 さぁ・・・ジープに乗り込み、ママの宿に帰るよ。 明日はクジラのラストデイ・・・・あっという間の日々。 残り少ないルルツの日を味わおうね。 ...続きを読む»

夜のビーチで・・・・

 一日中・・・・(お昼の休憩は別として)ボートの上で過ごし、クジラと泳ぎ宿に戻ってシャワーを浴びたり器材を洗ったりしていると、すぐに夜の帳が下りてくる。 残念ながら・・・・楽しみにしていたサンセットは見られなかった。 何度もここに来ているがサンセット無しの日々は初めてだ。ちと寂しい・・・ けれどお天気と海はどうにもならない。 雨が続いても、クジラとの出会いはGoodなのだから・・・そ......続きを読む»

クジラ親子との最接近・・・・

 浅瀬をゆっくり移動する親子クジラにアプローチしてみる。 水面で待っていると、真正面から親子がやってきた。 すれ違いざまにお母さんくじらと目が合う・・・・子クジラは興味深げにじっと私達を観察しながら、お腹を見せた。 無邪気な心が伝わってくる。 ゲスト達は、クジラとのあまりの近さに、クジラ達の圧倒的な存在感に、ただただ固まったまま・・・通り過ぎるまで動けなかった。 ......続きを読む»

どしゃぶりの海・・・

 不安定な天気が時折り崩れて海に雲が降りてくると、周りは霧がかかったように視界が悪くなり、雨が頬をたたき、目が開けていられなくなる。 幻想的な風景の中で、クジラを思う。 ...続きを読む»

ザトウクジラの親子

 クジラ2日目・・・・ 天気は曇ったり、降ったりとあいにくのお天気・・・・ 今日も、ジープに乗り込み、山越えをして反対側の港へ向かう。 港から出ると昨日会った親子とすぐに遭遇。 静かな湾で、ゆっくりと休息をしているようだ・・・・ しばらく様子を伺ってみる。       クジラと泳ぐ時用のモノフインは、競技用より柔らかめ。       ダッ......続きを読む»

クジラ2日目の朝・・・・

 思いの他、肌寒いルルツの冬にゲスト達はびっくりしていたが、雨が降るとなおさらだ。 ありがたいことに、2日目の朝は流れる雲の隙間から青い空がチラホラ・・・・ 私達はエリック達の送迎専用ジープをペンションの前で待つ。 ...続きを読む»

ヒナノ

 どこへ行っても不思議とその土地のものが一番美味しく感じる。 beerも同じ・・・・タヒチと言えば「HINANO」 赤いパレオを身につけた、髪の長いかわいい女性がモチーフ。 パペーテには専門店があり、日本人観光客にはかなりの人気ブランドになっている。 「ペンション・アリアナ」の夕食はママの手料理が美味しいことで評判だ。 ここでは、白いご飯があってもかならずバケットブレッドがついてく......続きを読む»

クジラの親子が・・・!!

 今年、また新しい親子との出会い・・・・ 一昨年、ここで出会ったベイビークジラのミミちゃんは「オーシャンズ」でデビューしてすっかり有名になったが、今年初めて会ったこの親子クジラもどうやら私達を受け入れてくれそうだ。 静かに入水して、ホバーリングしている親子の浮上を水面で待つ。 私達フリーダイバーにはちょっと辛いが、潜水してクジラを脅かさないようにあえて水面にいるようにする。 ベイ......続きを読む»

クジラボート出港・・・・

 メインの港側は波が高く、もうひとつの反対側の港からの出航になった。 今回のクジラとはどんな出会いだろう・・・?? 馴染みのドミニク船長のボートに乗り込む。 スタッフはいつものエリックとミッシェル・・・そして新人のステファニー。 それぞれが担当の船に乗り込み、いざ出港だ。 この島には、こうやってクジラに会うために出るボートはたったの3艘。 6人くらいしか乗れない。 クジラへ......続きを読む»

雨上がりのサンセットタイム・・・

重たい雲の隙間から、オレンジ色の光りが差し込む。 空港に着いた時は雨模様だったから、すっかりあきらめていたから余計に嬉しいね。 このコテージの目の前の景色は最高だ。 朝も昼も夕方も夜も、部屋から裸足のまま出ればプライベートビーチ。 眠る時には波の音をBGMにいつの間にか夢の中・・・・ しばし、全てを忘れて海を眺める・・・・ ...続きを読む»

コテージの目の前のビーチで。

 到着は夕方、雨模様だったので夕焼けを楽しむのはほとんどあきらめかけていたら、雲の隙間からオレンジ色の光りが差し込んできた・・・・ 2年ぶりのワイルドペンション「アリアナ」・・・・ママとの再会。 昨年から、19歳になる孫が付きっ切りでママのヘルプをしてるんだそうだ。若くて元気で、素朴な好青年・・・名前は「バイティア」 部屋に入り荷解きをする間もなく、目の前の浜へ。 ここのブランコ......続きを読む»

タヒチ・ルルツ島到着・・・

 ようやくインターネット環境のある状態になったので、「クジラと出逢うツアー、タヒチ・ルルツ島」への旅の様子を紹介したい。少々タイムラグがあるが。 ハネムーナーに囲まれながらのタヒチへのフライトは、11時間とけっこう長い。国際線のロビーでウクレレの音と花の香りに迎えられると旅の疲れと眠気が、徐々に期待に変わって行く。 パペーテで国内線に乗り換え、約1時間で、ルルツ島に到着・・・・ゲスト達は......続きを読む»

クジラに会いに…♪

今日からタヒチのルルツ島に行って来ます! 「ザトウクジラと泳ぐツアー」昨年は耳の故障で開催できなかったのですが、今年から復活です!! 今回のメンバー・・・・熊ちゃん、由美子、圭ちゃん、 楽しい旅になりそう?! ルルツはインターネット環境が厳しいので数日ブログアップできないかも!? その場合は少し遅れてクジラとの出逢いや島の様子紹介しますね〜! では行ってきま〜〜す♪ ......続きを読む»

グラン・ブルーデジタルバージョン!

 プール講習のあと、友人達と新宿3丁目の角川シネマで上映されている「グラン・ブルー完全版」のデジタルバージョンを観てきた。 潜水の神様と呼ばれるジャック・マイヨールをモデルにしたこの映画が公開されたのは92年、私がちょうど本物のジャックにくっついてあっちこっち行ってた頃だ。 この映画は、その数年前に邦題「グレート・ブルー」として公開された時から何十回、見たか数え切れない。 本物のジャッ......続きを読む»

イルカに近づくため・・・?

 モノフインとは、イルカやクジラの尾びれのような大きなフイン。 足をひとつにして履くため、最初は拘束感があり、取り回しにも戸惑う。 元来、スピード競技で発達してきたが、現在ではフリーダイバーのアスリートはほとんどがこのモノフインを使っている。 けれど、競技ではなくても、海で遊ぶと楽しい!! 自分がちょっぴり、イルカに近づいた気分になれる。 ドルフインスイムや、クジラと泳ぐ時も、最小......続きを読む»

祝・シャンパン・・・!!

 大会後、帯状疱疹の治療でずっと安静にして家に引篭もっていたため今頃になって、なかなか会えなかった友人知人からのお誘いに、ようやく出向けるになった。 数年ぶりに会った仲間に今夜はお祝いのシャンパンを頂いた。 メデタイに引っ掛けた真っ赤な鯛の絵が描かれた手ぬぐいに包まれ、開けてみるとラベルも細かいところまで、ぜ~んぶオリジナルデザイン。 日付から大会名・・・ポイントまで、名前もイニシャル......続きを読む»

クレストン同窓会・・・

 今年3月・・・・人生の大きな失意を味わい、その変化に翻弄されながら、自分にとって自分らしい生き方を見失うまいと必死だった私に、手を差し伸べてくれた仲間達・・・・ そしてあの時、私はアメリカ大陸のど真ん中にある、不思議な街クレストンに導かれ、そこで自分の本質に出会い、みんなの力を借りて独りで立ち上がることができた。 その街には、25もの世界中の宗教施設が一同に集まっている。そんな処は世界中探......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconbt-meg

松元 恵(まつもと めぐみ)
競技:フリーダイビング
出生地:鹿児島県
出身地:東京都三鷹市


「フリーダイビング」という競技をご存知ですか?スクーバ器材を使わずに、ひと息でいかに深く潜れるか?を競う海のスポーツです。松元恵さんは、映画「グラン・ブルー」の実在モデル故ジャック・マイヨール氏との出会いをキッカケにその「フリーダイビング競技」を日本に導入した第一人者です。98年、日本代表として世界大会に初出場多くの日本記録を塗り替えてきました。また、多くの選手、インストラクター育成、安全潜水の啓蒙を使命として活動しています。
2008・エジプトWC銅メダル
2010・沖縄WC金メダル
2014・イタリアWC銀メダル(監督コーチ)

 
[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]

[[BLUETAG ×スポーツナビ+|http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bluetag]]
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:818242

(08月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 水中バレエ、恩師の訃報・・・・
  2. 呼吸法トレーニング
  3. 水中バレエの想い出・・・・
  4. 特殊器材・・・ゴーグル編
  5. スキンダイビングイントラ合宿
  6. TVロケ・・・
  7. 滅多に出来ないザボーラ体験・・・!!
  8. 益戸育江・出版記念パーティ・・
  9. ハンモック・エクササイズ!!
  10. DNAおそるべし・・・?!

月別アーカイブ

2016
05
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss