フリーダイバー 松元 恵

月別アーカイブ :2010年03月

天使達の生まれる家

 天使達を生み出す「石の小父さん」に会いに行った。 彼の家は部屋の中はもちろん、庭からベランダから、いろんな石で溢れている。 彼は石が小さい頃から大好きで石とコミニケーションができるという。 私達はそれぞれ、インスピレーションで、惹かれる天使たちを探す。 どの子も魅力的なのだが、自然と気になる子を手に取る。 生みの親である彼は、それはそれは愛おしそうに、一人ひとりのその天使......続きを読む»

砂漠にて・・・・思う。

 凍てつくような寒さの中、夜が明け陽が登ると、差し込む太陽の光りの暖かさが身にしみこむようにありがたく感じる。 砂丘に踏み出す1歩1歩の足跡は遥か彼方まで続く・・・・ 「朝の来ない夜はない」 その言葉どおり朝はやって来た。 冷えた空気は肺の隅々に、新しい息吹を吹き込み、私の魂を蘇らせてくれる。 一緒に泣いて、一緒に笑ってくれる友人のいることのありがたさ。 都会の中でも......続きを読む»

不思議な砂漠・・・・

 深夜に起きて車で、やく1時間・・・・真っ暗のうちに現地に到着。 気温は1,2度、深夜は零下になり、数日前に降った大雪はまだ町にも野原にも山にもそこいらじゅうにあり、日陰にある雪はガチガチに凍り付いている。 手探りで砂漠に入り始め、しばらく登るとようやく白々と夜が朝と交代し始める。 陽が射しはじめると、砂紋がくっきりと影をもち、海の底にできる波波もようとまったく同じ、美しい大自然のアー......続きを読む»

クレストンのwellcome・・・・

 友人達が総出で出迎えてくれた初めての夜は、暖炉の柔らかな暖かさに包まれながら穏やかなwellcomeパーティ・・・・ この地に縁のある友人の師匠のお宅で、数日間の合宿生活が始まった。 なんだか、自分でも信じられないくらい素直な自分に戻れるのはなぜだろう・・・?? この時が永遠に続いてほしいと思うほどの安堵感はなんだろう・・・?? この一瞬一瞬を味わい噛み締めながら、この仲間とこ......続きを読む»

ユニークな華?体験

 アラモサの空港から直行した先は・・・・ 仏教から禅がはじまったように、イスラム教からはじまったと云われる「スーフィ」の踊りを体験。 不思議な呼吸法を使いながら両手を挙げてグルグルまわる。 私は、時差ボケとライフチェンジの衝撃と相まって、意識がグルグル周り、止まることが不安になるほど周り続けた。 仲間の様子に泣き笑いしながら、こわばっていた何かが解れかけていくような気がした。。。......続きを読む»

導かれた場所へ・・・・

 ハワイ島での最初のゲスト達が帰ったあと、数日OFF・・・  コナから、友人に誘われた場所に向かう。 メインランド、コロラド州・・・クレストン コナからサンフランシスコ経由でデンバーへ・・・そして小さな小さなプロペラ機に乗ってアラモサへ。 そこから車で、やく1時間あまりの小さな町クレストン。 山には雪が積もり、見渡す限りの大草原、雪の野原・・・・ つい、昨日まで椰子の木と甘い......続きを読む»

またね・・・・!!!

アプネア・アカデミー上級コースと初級の合体コースも無事終了・・・ 最後のゲストを空港に見送る。 寝食はもちろん、アプネアの内観から自分と向き合うことまで、深いシェアを掘り下げた仲間は、もうファミリーの一員のような気持ちで自然と別れもつらくなる。 また、すぐ会えるね!! ...続きを読む»

ハワイアンの聖地

 いつもの海で仲間がスタティックの練習をしてる間に、亀に会いに行った。 ついでに公園になってる、ハワイアンの聖地に上って海の装備のまま、ちょっと散策・・・・ 大昔の人々の生活に思いをはせる。 大自然の中で海と大地と調和して暮らしていた人々。 私達は、彼等持っていた何か大切なことを忘れていないか。 ...続きを読む»

海を眺める後ろ姿・・・・

 海を見ながらひとりたたずむ古代ハワイアンか、はたまた宇宙人か・・・・?! うう~NN?? 誰かに似てるような・・・・・ 妙な親近感を感じたのは私だけではないらしい。。 無事日本に着いたかなぁ・・・・ ...続きを読む»

たこ焼きパーティ・・・・!

 フリーコースを手伝ってくれたアンディも招いて、私達のスティするコンドミニアムで「たこ焼き」パーティをやった。 楽しい時間は、矢の如く飛ぶように過ぎていく。 いろんな人生を抱えたいろんなバックグラウンドを持つひとりひとりが、お互いを心から思いやることで、エネルギーが渦巻きひとつになる。 こんなにステキな体験をシェアできて私も嬉しい。 ありがとう。 ...続きを読む»

海・海・海・・・!!

 スピナードルフインがジャンプの大サービスをしてくれるのを横目にフリーダイビングトレーニング・・・・!! みんな、自己ベスト・・・・!!おめでとう!! ダイナミックも、スタティックも海で練習・・・・これもまた自己ベスト続出・・・・!! 友人フリーダイバーが交代でサポートしてくれた。 ひとつの釜の飯を食う仲間同士のリレーションシップは深く深く、代えがたい宝になる。 ......続きを読む»

世界チャンピオンとの再会!!

 ホームグラウンドにしている海に行った。 現世界記録保持者のマーティンとの再会・・・・!! 彼はチェコの選手で、現在フロリダ在住。 自分のアプネア指導団体を立ち上げ、今回はここで上級~インストラクターのコースを開催中。 120mオーバーをコンスタントで潜る。 それもリキッドゴーグルやノーズクリップではなく、マスクを使って!! イタリアのダビデもそうだが、これは選手にとって凄い......続きを読む»

ハワイ島の友達・・・・

 今回ほどこの島で、現地友人達のありがたさを感じたことはない。 耳のリハビリ中の私は、みんなに助けられて無事アプネアコースを開催中・・・・ そして、その友人のひとり「アンディ」の自宅に招待され、みんなでのワイワイガヤガヤ、楽しいディナータイムとなった。 もう、忙しすぎて楽しすぎて、PCに向かう時間もままらならない(笑) 行く海、行く海、毎日のようにイルカ達に出会い、とびっきり......続きを読む»

ただいま~~!!!!

フロートに摑まって、深呼吸・・・・ちょっと硬いぞ。 ロープを手繰って身体ごと海に沈む。 全身を海に包まれた時のなんともいえない懐かしい感覚。 耳抜きが・・・・・できた!!!! 思わず、笑いながら、涙が出る・・・マスクの中に水が入り、鼻にも入り、つ~ん!! あたふたする。それがまた自分でおかしい。。。。 嬉しいのと楽しいのと、安堵感、興奮、ごちゃまぜだ。 水面を見上げると......続きを読む»

1年ぶりの・・・・

 ハワイ島にやって来た。 とうとう・・・やっと・・・・・再び。 今まで何度となく訪れたこの地・・・今回の旅はいつもとは違った覚悟があった。 多くの課題、難題のハードルを乗り越えるために。 魂の導きに真摯でいるために。 自分の選んだ道の責任を負うために。 そして、今とこれからの自分の人生をせいいっぱい悔いなくまっとうするために・・・・・。 私の周りにはたくさんの天使が飛び交い......続きを読む»

世界記録達成の場所・・・!!

 先日のフリーダイビングのインドアの大会は、辰巳国際プールで開催されたのだが・・・そこで。  平泳ぎの北島選手が、200m世界記録を出したコースには、こんな記念プレートがあった。。。 彼が泳いだタイムは、私達フリーダイバーがモノフインを履いて潜ったまま泳ぐスピードより早い??らしい・・・・!! 「すっげ~~~!!」 聞いたときには、思わず皆で目を真ん丸くして顔を見つめあいなが......続きを読む»

インドア大会・番外編・・・・

 番外編・・・・・ 日頃から、一緒に練習している仲間達・・・ 応援に来てくれた方もありがとう!! 選手のみなさん、スタッフ参加のみなさん、お疲れさま~~!! 小さい応援団も、かわいかったね~。 次回は5月館山でインドア大会が開催されます。 また、海の練習も、もうすぐ?? 引き続き、プールトレーニング、また大事なメンタルトレーニング頑張りましょう!! PS,数名のか......続きを読む»

アプネア・インドア大会終了・・・・!!

 まる1日かかって、3種目全てが終り無事、大会の閉会式を迎える。 表書式は、チーム、個人男女と華やかなものになった。 やっぱり表彰台の上には、活躍した選手達・・・・みんな晴れやかで嬉しそうだ。 くやしい思いをした選手も、それがまた次への活力となる。 選手、スタッフ、応援団入り乱れての集合写真・・・・ 男子個人の表彰・・・・ 続いて女子個人・・・・ ......続きを読む»

若手選手の活躍・・・!!

 ここ数年、若手選手の活躍がめざましい。 彼等の競技に取り組む姿勢は見ていて気持ちがいい。 なんだか爽やかなのだ。真剣、かつ楽しんでいる。 日本で最古参、休養中の私は今回はジャッジを務めたが、おおいに刺激された。 もう、気持ち良さそうでプールの中に服を着たまま飛び込んじゃいたい気持ちをぐっと堪える。 最近のスポーツはかなり低年齢化している側面もあるが、フリーダイビングの競技は年......続きを読む»

続インドア・カップ・・・・

 大会は、多くのボランティアスタッフの協力がなくては成立しない。 今回の大会もしかり。スタッフだけでも総勢30人あまり。 次の競技はダイナミックと呼ばれるフインありで、一息で泳ぐ距離を競うもの。 フリーダイビングが競技として始まって12年目の今年は初めて6月末にワールド・カップが沖縄で開催されるまで成長した。 そして日本人選手のレベルももう国際的にひけを取らないくらいにアップして......続きを読む»

アプネアインドア大会!

辰巳国際プールにてフリーダイビングのインドア大会が開催中。 設備の整った大きなプールでまず最初はスタティック(息止め)の競技が始まった! 初心者から世界大会目指すベテランアスリートまでレベルも年齢も幅広い選手たち。 静かな緊張感の中競技は続く…… 〓〜meg 開会式・・・・ スタティック競技・・・・ ...続きを読む»

海の中で…♪

「耳が抜けた…!よかったぁ〜」 水面ではすっかり忘れていた耳抜きを、数m・・・潜ってから耳が抜けたあの感触で、やっと思い出したくらい、潜ることも耳抜きも自然な行動だった。 その後は、そうだ慎重にやらなくっちゃ・・・・と思いながら何度も何度も確かめるように潜った・・・・ 「うん?もしかしたら鼓膜がちょっと分厚くなって柔軟性がまだちょっと足りないかも・・・」 なんて思ってる私。。......続きを読む»

内側から観る…

雪の中、平日の夜少人数でクラスはスタート。 いつも、????でいっぱいになりながらも、目に見えないけど確かに有る自分たちの身体の中の何かに意識を向けて観る。 今回のテーマのひとつは「肩甲骨」花粉症にも深く関係している。 呼吸器系である肺、私達フリーダイバーにとっては、とても大切なこの「肺の柔軟性」にも大切なポイントなのだ。 私自身、背中イコール肩甲骨は、実は弱点でもあり、柔軟性の......続きを読む»

アカデミー賞「ドキュメンタリー部門」受賞!

先月、始めにこのブログでも紹介したドキュメンタリー映画「The Cove」が、アカデミー賞「ドキュメンタリー部門」を受賞した。 フリーダイバーアスリートでもある仲間が出演していることはもちろんだが、海を愛し、イルカやクジラ多くの海洋哺乳類とのコミニケーションを経験し、人間と彼等との関係をもっと見直す時代ではないかとずいぶん昔から思っていたので、この映画をみんなに紹介したかった。 この賞を......続きを読む»

菊茶は耳に良い

この冬のインフルエンザ騒ぎをよそに年末年始の数ヶ月、外出も少なく術後のケアに専念していた私は、体調も良くなり先生からのお墨付きを頂いたことに、ちょっと調子に乗りすぎていたかも知れない。 数日前から鼻が詰まり始め喉も痛痒い。目もショボショボするし咳まで出はじめた。 毎年毎度の花粉症の症状がとうとう出たか…! と思ったら、どうもそれだけではなさそう… 外出先から戻り熱を計ってビックリ。ほ......続きを読む»

心の目で観る…

昨日の体験の続きを話そう。 影さえ見えない真っ暗闇の中を杖と手探りだけで、進んで行く。 たぶん・・・・一人では怖いかも知れない。けれど知ってる人、初めての人・・・ひとグループ8人が時にはぶつかり、時には声を掛け合い、目以外の全ての触覚を自然につかう。 木や土の匂い、枯葉、砂、でこぼこ、足に伝わる地べたの感触。 冷たさ、暖かさ、風がやってきて通り過ぎて行く。 さわって感じること。確か......続きを読む»

暗闇で見つけた光…

ダイアログ・イン・ザ・ダークって聞いたことがあるだろうか? 参加者は何人かのグループで全くの暗闇の中に入り、アテンド(視覚障害者)のサポートで、いろいろな遊びやゲームをしながら、日常では感じられない感性を思い出す体験をしていくというもの。 何の予備知識もないまま参加したが面白い体験だった。 つづく… 〓〜meg ...続きを読む»

ホネホネ君…part Ⅱ

ホネホネ君の持ち主、身体感覚講座の松田恵美子先生。 「太陽」「ひまわり」なんて言葉が良く似合う、明るく豪快な面倒みのいい姉御肌。 けど時に鋭く人を見抜く眼力は常人離れしてる。 この人はシャーマンなんじゃないかと密かに本気で思ったりしている。 いつもは、ご本人の写真をなかなか撮れない?撮らせてもらえないのだが、ホネホネ君の力を借りて、油断してる隙にパチリ。 2月の3回の「身体感覚講座......続きを読む»

ホネホネ君…♪

身体感覚講座の小道具、ホネホネ君、 自分たちの身体ではあるがいつもは骨を意識しながらは過ごしてるわけじゃないから、あらためて見てみると勉強になる。 かなり精度も高い。 なんだか可愛いし(え?私だけ?)密かにお気に入り… 私も欲しいなぁ… 〓〜meg ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbt-meg

松元 恵(まつもと めぐみ)
競技:フリーダイビング
出生地:鹿児島県
出身地:東京都三鷹市


「フリーダイビング」という競技をご存知ですか?スクーバ器材を使わずに、ひと息でいかに深く潜れるか?を競う海のスポーツです。松元恵さんは、映画「グラン・ブルー」の実在モデル故ジャック・マイヨール氏との出会いをキッカケにその「フリーダイビング競技」を日本に導入した第一人者です。98年、日本代表として世界大会に初出場多くの日本記録を塗り替えてきました。また、多くの選手、インストラクター育成、安全潜水の啓蒙を使命として活動しています。
2008・エジプトWC銅メダル
2010・沖縄WC金メダル
2014・イタリアWC銀メダル(監督コーチ)

 
[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]

[[BLUETAG ×スポーツナビ+|http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bluetag]]
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:815645

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 水中バレエ、恩師の訃報・・・・
  2. 呼吸法トレーニング
  3. 水中バレエの想い出・・・・
  4. 特殊器材・・・ゴーグル編
  5. スキンダイビングイントラ合宿
  6. TVロケ・・・
  7. 滅多に出来ないザボーラ体験・・・!!
  8. 益戸育江・出版記念パーティ・・
  9. ハンモック・エクササイズ!!
  10. DNAおそるべし・・・?!

月別アーカイブ

2016
05
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss