フリーダイバー 松元 恵

プライベート

リハビリトレーニング

 息子と一緒にリハビリトレーニングを始めた。 アシュタンガヨガを約1時間、ジムのマシンを使っての筋トレ、ランニング。 そしてプールで1キロ〜〜のスイム、スタティック(息止め)トレーニング。 最後は深いプールで、練習を兼ねたバブルリング作り。 トータル4時間〜〜 週に3回、このペースでトレーニングし始めた。 なんとか続けていきたい。 ...続きを読む»

空に浮かぶ富士・・・

東京へ戻る飛行機の中から見えた富士山は、凛々しく夕陽に染められて美しかった・・・・ 伊豆の馴染みの海辺から、また東京から伊豆へ向かう道中・・・ そして小さいけど調布の部屋からも見える富士。 子供の頃、鹿児島からこの関東の地へ移り住んでから、いつもそこにあることが当たり前過ぎて考えたこと、なかったけど。 今ころ、改めて富士山の美しさを実感するようになった。 (歳のせいかな・・・) この凛々......続きを読む»

故郷の海へ・・・

「吹上の海に骨・・・巻いてね・・・・」 3年半前に、空に旅立った母は、ホスピスに移って自分の死期を覚悟したころ・・・つぶやいた。 「うん、わかった・・・」 そう、約束しながら3年半もかかってしまったけど、ようやく母の願いを叶えることができた。 私にとっても、懐かしい吹上浜の海・・・ 子供のころと同じように端っこは左右どっちも見えない広い広いなが〜い浜だ。 どうやら、潮干狩りの季節らしく地......続きを読む»

生まれ故郷へ・・・

何十年ぶりだろう・・・・ 最後に訪れたのは、母と2人旅だった。 鹿児島は両親の故郷でもあり、ここ吹上は母の実家がある。 私はこの家で生まれる予定だったが、前置胎盤で出て来ず、指宿の病院に運ばれ帝王切開で生まれた。 記憶にはないが2歳半ころまで、母の実家に預けられ祖母に育ててもらったという。 子供の頃、夏休みに何度もここへ来た。 当時、母の姉家族が住んでいて、同世代の子供達と一緒に遊んだ。 そ......続きを読む»

龍馬が入った温泉〜♡

霧島から吹上に向かう途中に、坂本龍馬が妻のおりょうとハネムーンで滞在したという温泉があった。 新婚旅行というのは、それが始まりだったそうだ。 実際には、寺田屋事件で大怪我を負った龍馬が、追ってを逃れて療養がてら滞在した処だそうだ。 龍馬の入った温泉は、川沿いにひっそりとあったのだろう。 今は、観光名所となり、足湯やお土産屋さんや、龍馬とおりょうの銅像もある。 たった、150年前・・・江戸......続きを読む»

旅の途中・・・・

鹿児島県、霧島温泉、鹿児島空港からも車で30分ほど。 私たちの泊った宿は野々湯温泉という。 夕食は、温かい鍋・・・・ 家族のように食卓を囲むと、心まで暖かくなる。 私たちはそれぞれが、人生という長〜い旅路の途中にいる。 その過程では、なが〜く感じるが終わり近くなると、たぶん短く感じるのだろう。 旅の途中で、出逢う人はそんなに多くはない。 その時代に生まれ、縁あって巡り会う。偶然という運命......続きを読む»

霧島の温泉宿・・・

鹿児島の川内(センダイ)から車で約1時間半・・・・ 霧島の山々に囲まれたひなびた温泉宿に着いた。 硫黄の匂いが立ちこめる温泉の蒸気の天然サウナもある。 湯治場として長期滞在する人々も多いらしい。 日本には、まだまだこんな風景がたくさん残っているはずだ。 海外もいいけど、もう少し、日本を旅したいな・・・と思う。 ...続きを読む»

本州へ・・・

島を離れ本州へ向かう船に乗り込む。 今夜は霧島温泉へ泊まり、いよいよ明日は故郷、鹿児島の吹上に向かう。 この旅を息子と、恩人であるKさん達と共にできる幸せを想いながら。 今年は新年を娘と一緒にロタ島で迎えることもできた。 先日は、両親の眠る墓に3人で墓参りもできた。 そして今・・・・母の魂を故郷、吹上浜の海へ返す旅を息子と一緒にできることを心から幸せに思う。 ...続きを読む»

甑島の塩造り・・・

この甑島は青空・・・ 海は凪ぎ、トンビが空を舞う。 島のあちこちをドライブ・・・海辺にある炭焼き小屋では、釜に火が入り赤々と燃えていた。 聴くと、海水から塩作りをしているとのこと。 お話を聴くと、気軽にいろいろと塩造りの行程を説明してくれた。 帰りにこの塩をお土産に購入したのは、いうまでもない。 ...続きを読む»

鹿児島・甑島

甑島を廻ってみた。 上、中、下と細長くいくつもの島が連なっている。 私が滞在したのは上・・・まだまだ知らないところがたくさんある。 穏やかな山間に続く田畑・・・そして点在している集落。 古い武家屋敷の跡もある。・・・・ また、縄文時代の石器が数年前に発掘されたという・・・ 人間は本当にいろんなところに散らばって集落をつくり暮らしていたんだ。 甑島にも、春が来ていた。 いやいや、気温は......続きを読む»

命をいただくこと・・・

魚突きの名人、Kさんの後ろ姿を観ながら、チャレンジ。 命をいただくことは、こういうことなんだと実感する。 だから、食べない魚は獲らない。 スーパーで肉や魚を当たり前のように買っているが、私たちは必ず地球上の命をいただいて生きている。 畑の作物、春の山菜も、海の中に森を作って生命を育んでくれるワカメなどの海草類も、みんな命であることに変わりはない。 昔の人々は、みんなそんな命と対等に向き合って......続きを読む»

故郷・・・鹿児島へ

母が旅立ったのが、2011年震災の年の9月・・・ あれから3年半あまり・・・ ようやく父母の故郷、鹿児島への旅が実現できた。 母が子供の頃から慣れ親しんだ、吹上浜の海に散骨をするのが目的だ。 父母ともに若くして、手に手をとって東京で新生活を始めていたが、母が私を宿して、産むために実家に戻った。 お産婆さんを呼んで実家で産もうとしたのだが、陣痛が始まって、三日三晩苦しんでも出て来ず、これはおかし......続きを読む»

母が繫げてくれたもの。

何年ぶりだろう・・・・ 娘、息子、3人でお墓参りに来れたのは。。。 母が一番、願っていたこと。 みんな仲良く。 家族・・・の大切さが心に沁みるようになった。 ありがとう・・・・ ...続きを読む»

初詣・・・・

 年末年始を過ごしたロタ島から帰って、すぐ・・・調布の自宅に戻って来た息子を誘って、近所の深大寺に初詣に行った。 子供の頃、三鷹に住んでいたので、おたまじゃくしを掬いに来たり、湧き水を飲んだり、よく遊びに来ていたエリアだ。 今では、ゲゲゲの鬼太郎やら、ドラマやらで、深大寺蕎麦と一緒に、すっかり有名になって、訪れる人は多い。 おみくじを引いた。 私は、吉、息子は凶・・・・息子は一番自......続きを読む»

大切なとき・・

 「なんだか、お墓参りばっかりだね〜〜〜」 娘がつぶやく。。。 「そうだね〜〜」と私。 数年前まで、当たり前だったことが、もう二度と戻って来ない。 ジャックレストランでの久美子さんを交えた夜の団らんも、ご夫婦の辛口のやりとりも。 林さんのお子さんがそこいらをキャッキャと走り回り、それを奥さんがおっかけまわし、そのそばで林さんが船のメンテナンスをしていた何気ない光景も。 今、この瞬間だって・・......続きを読む»

ロタ島へ・・もうひとつの・・

 11年ぶりのロタ島へ訪れたのには・・・いくつかの目的があった。 もうひとつの訃報・・・残念ながら、それは突然で、海でのアクシデント、お酒を飲んでの素潜り中のことだった。 ダイビングサービス、セレナのオーナー林さん。 奥さんと、面影を受け継いだ、中、高校生の息子さん2人が残された。日本へ帰国する準備をしているという・・・ セレナポイントと呼んでいる、サービスの前の海は、切ないほどに明るく綺......続きを読む»

ロタ島・・・・

 初めてロタ島へ訪れたのは、90年代前半だったと思う。 まだ、私が東京、新小金井駅近くに「BIGBLUE」の店舗をオープンして1、2年しかたっていない頃だ。 スクーバのゲストを連れて、この島に来た。 「パウパウホテル」という、ソンソン村の一番高台にある海の見えるリゾートホテルに泊って毎日海に潜った。 ゲストのスクーバのCカードを取るための海洋実習をこの海でした。 なんにもない島だったが、人々は車......続きを読む»

年末のご挨拶・・・

   年末年始は、ロタ島で過ごすことになった。 ここしばらくは、年末年始はどこにも出なかったが、しばらくぶりに娘に誘われて出ることになった。  10数年ぶりに訪れたロタ島は、全体的に錆びれて、しってる店や前によく泊ったホテルもほとんど閉めてしまっていた。 人間的には、さびしくなった感じだが、自然はそのまま守られてるとも言えるかもしれない。 ロタにはたくさんの想い出がある。 初めてフリーダ......続きを読む»

My Birthday・・・・

今年の誕生日は、思いがけずメディアのお仕事で、小笠原に迎えました。 今回、フリーダイビングの手ほどきをしたのは、滝川クリステルさん。 気さくで優しくて、感性がゆたかで、ちょっと天然・・・女性からみてもとってもチャーミングな方でした。 ますますファンになりました。 彼女は動物虐待や処分をなくすため、NPO団体を立ち上げて積極的に活動しています。 応援したいです! スタッフもいい方ばかりで、こう......続きを読む»

元気です・・・!

しばらくぶりに ブログをUPしようと思ってみたら、リニューアルしたようで、あらためてアカウント名、パスワードを入力しなければ、ログインもできなくなっていました。 ところが・・・ずっと自動ログインしていたので、どうしても想い出せない。 事務局にお問い合わせをしても、メールアドレスが登録されているところからじゃないと、セキュリティの関係上、教えられないという・・・ そんなや......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbt-meg

松元 恵(まつもと めぐみ)
競技:フリーダイビング
出生地:鹿児島県
出身地:東京都三鷹市


「フリーダイビング」という競技をご存知ですか?スクーバ器材を使わずに、ひと息でいかに深く潜れるか?を競う海のスポーツです。松元恵さんは、映画「グラン・ブルー」の実在モデル故ジャック・マイヨール氏との出会いをキッカケにその「フリーダイビング競技」を日本に導入した第一人者です。98年、日本代表として世界大会に初出場多くの日本記録を塗り替えてきました。また、多くの選手、インストラクター育成、安全潜水の啓蒙を使命として活動しています。
2008・エジプトWC銅メダル
2010・沖縄WC金メダル
2014・イタリアWC銀メダル(監督コーチ)

 
[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]

[[BLUETAG ×スポーツナビ+|http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bluetag]]
  • 昨日のページビュー:42
  • 累計のページビュー:817249

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 水中バレエ、恩師の訃報・・・・
  2. 呼吸法トレーニング
  3. 水中バレエの想い出・・・・
  4. 特殊器材・・・ゴーグル編
  5. スキンダイビングイントラ合宿
  6. TVロケ・・・
  7. 滅多に出来ないザボーラ体験・・・!!
  8. 益戸育江・出版記念パーティ・・
  9. ハンモック・エクササイズ!!
  10. DNAおそるべし・・・?!

月別アーカイブ

2016
05
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss