フリーダイバー 松元 恵

水中バレエの想い出・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

 懐かしくって思わず昔のアルバムをのぞいてみた。
水中バレエ劇場の水中でのスナップが数枚出てきた。

あの頃、スクーバダイビングのインストラクターを目指していた私は、潜水士の免許も持っていたこともあって、まずは水中の裏方の見習いに入った。

水中バレエはどちらかといえば、水中レビュー、水中ミュージカル・・・・・スポーツというより芸術の域に入るが、中に入ってみると表も裏も体育系だった。

先輩、後輩の礼儀は厳しく、近藤玲子先生の一言ひとことには、誰も逆らえない雰囲気だった。
もしかしたら宝塚もこんな感じなのかも知れない。

朝、出勤すると水槽の入り口近くに祭ってある「水難よけの神様」に手を合わせる。
毎朝、近藤玲子先生の朝礼があり、先生が挨拶のあと「番号!」と号令をかけると先輩から順に、直立不動の姿勢で番号を叫ぶ。その後、役割分担を命ぜられるのだ。

タレントさんは土、日が2回講演になって休めない。夏休みは休み無し。夏に海に行ったり焼いたりもできない。本当に厳しい世界だった。
多少の体調の悪さも水の中ではすぐ響く。

ある日、ショーが始まる前、なにやら声が聴こえるので、そちらの方を見てみると主役のタレントさんが、ガラス面ギリギリ、表舞台の下、観客席から見えないところでホースから空気を吸いながら泣きじゃくっていた。。。
サイナスや耳が抜けなくって痛いのを堪えているのだ。
それでも、ショーの照明、スポットライトがあたると、しっかりと笑顔になって演技に徹していた。最も、水中で裸眼なのだから、泣いていてもわからないのだが・・・

しばらく勤めると、タレントさん(水中で踊る方の役)にならないかと誘われた。人魚の役にはとても憧れがあったので、やりたい気持ちもあったが、目指すインストラクターの修行が土、日にあるし、夏は海に行って勉強したかったので、裏方を望んだ。

イントラになってからは、陸のバレエの世界からタレントの卵さんが水中バレエの世界に送り込まれて来ると、水槽の水面を泳ぐことから素潜りの基礎も教えたりするようになった。

タレントさん達に教えるうちに、自分もタレントさんと一緒に水中のポーズや回転を練習したり、時々「海老」や「サメ」の役をやったり、休んで穴が空いたときのピンチヒッターをしたり・・・メディアも時々入っていたので、水中スタントなどをやったのもこの頃からだ。

毎日、毎日、数時間水の中にいるのが当たり前で、水の中に住んでるような気分だった。
こっそり、いろんな水中実験をしたり、仲間と一緒にお互いのボンベのバルブの閉めっこをして遊んだり、息止めの練習をしたり、秘密のトレーニングをしていた。

楽しかった・・・・・

そんな場所がなくなるのは本当に寂しかった。



     あこがれの人魚の衣装を身に着けて練習したとき・・・・
     笛のようなものが着いているホースから空気を吸う。
bt-meg-107272.jpg
     裏方の合間に水中で、遊んでいたころ・・・・
bt-meg-107273.jpg
     もちろん、BCも残圧計もない。ハーネスとレギ1本。      これは、中性浮力のいい練習になった。     
bt-meg-107274.jpg




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
meg
タグ:
水中スタント
水中バレエ
水中ミュージカル
近藤玲子先生
人魚
中性浮力

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

水中バレエの想い出・・・・

 そうでしたね~
懐かしいですね~
まだ、あるのかな。あの元祖水中バレエ・・・
ナチュラルウォーターで、すっぽんみたいな亀が、踊り子さんの横で泳いでたりしてましたね。
湧き水だから、本当に冷たそうだった・・・・

水中バレエの想い出・・・・

偶然にも夕刊の小さな記事でこの訃報を読んだ時、
すぐにメグさんのことが浮かびました。

そして、このblogを読んだ時、
11年前にメグさんと一緒にフロリダのマナティーツアーに行った時に、
帰りに現地で観た水中バレエを思い出しました。

読売ランドの水中バレエは観た事が無かったのですが、
アメリカで初めて水中バレエを観て素晴らしいと思いました。

懐かしい・・・。
まだ、あそこで水中バレエは、やっているのかしら・・・。

こんな記事も読みたい

水中バレエ、恩師の訃報・・・・【フリーダイバー 松元 恵】

仲間へのエール・・・!!【フリーダイバー 松元 恵】

ヤマモトのフリー専用ウエットは・・・【フリーダイバー 松元 恵】

ブロガープロフィール

profile-iconbt-meg

松元 恵(まつもと めぐみ)
競技:フリーダイビング
出生地:鹿児島県
出身地:東京都三鷹市


「フリーダイビング」という競技をご存知ですか?スクーバ器材を使わずに、ひと息でいかに深く潜れるか?を競う海のスポーツです。松元恵さんは、映画「グラン・ブルー」の実在モデル故ジャック・マイヨール氏との出会いをキッカケにその「フリーダイビング競技」を日本に導入した第一人者です。98年、日本代表として世界大会に初出場多くの日本記録を塗り替えてきました。また、多くの選手、インストラクター育成、安全潜水の啓蒙を使命として活動しています。
2008・エジプトWC銅メダル
2010・沖縄WC金メダル
2014・イタリアWC銀メダル(監督コーチ)

 
[[center|20070730-00.jpg]]
[[BLUETAG.JP|http://bluetag.jp]]

[[BLUETAG ×スポーツナビ+|http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bluetag]]
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:815627

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 水中バレエ、恩師の訃報・・・・
  2. 呼吸法トレーニング
  3. 水中バレエの想い出・・・・
  4. 特殊器材・・・ゴーグル編
  5. スキンダイビングイントラ合宿
  6. TVロケ・・・
  7. 滅多に出来ないザボーラ体験・・・!!
  8. 益戸育江・出版記念パーティ・・
  9. ハンモック・エクササイズ!!
  10. DNAおそるべし・・・?!

月別アーカイブ

2016
05
02
01
2015
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss