Activate Baseball

花巻東へのエール

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球への批判や不満をかなり目にするようになった。
見てみると、野球に対する教育云々や微笑ましく思いたいなどのハードルが、飛びぬけて高いように思われる。

坊主にして野球に打ち込み他人に感謝し礼儀正しい高校生で十分すぎると思いますが。  指導者への賞賛もなくあまり見ない。 当たり前にできることではない。

サイン盗み疑惑とは大げさに思う。

捕手の位置でコーチャーが声を出したり、2塁走者が手で合図しても、役に立つわけがない。  

こんな些細なことを、この世の一大事のような悪行だと大げさに批判するのはひどいなと。

捕手が座る位置を変えるのは簡単なこと。 

それに打者は投手から目を切れない、打つには相当な集中力が必要。 うるさい声は逆にシャットアウトしたいくらいではないか。

それに花巻のように相手に気づかれるくらい大げさにやったなら、望めない効果もまったくなくなる。 打者がコーチャーや2塁の合図をあてにして打とうとしてたと仮定すれば、相手に気づかれ警戒されれば、裏をかかれるリスクは増大する。

スポーツジャーナリストの菅谷さんという方が

「意識的に相手を惑わす、花巻東の陽動作戦だったのでは。それも、千葉選手が考えて、本人の判断でやったのではないでしょうか。ああいうタイプの体が小さい選手は、レギュラーを獲るために、あらゆることをやります」

私も同様に思う。  投手を惑わせるよう、打者以外の選手が頭を使い一生懸命やっただけだろうと思う。

投手だってスピードが無ければ、横や下から投げて打者を惑わそうとするものでしょう。  

花巻だけでなく、ちょっとしたことで学校や指導者への批判をよく目にする。

そういう種類の批判には。

球児や指導者の素晴らしい部分を頭に置いてから、評価してるとの前提を、まったくしてない気がする。

花巻の排出した菊池・大谷は実力がある高校生で世界基準だったでしょう。 でも真面目の中でも真面目な方だったと思う。  野球以外のスポーツ、学問でも実力のある人間、そして普通の高校生と比較して、そういうのは当たり前のことだと思えない。

花巻はグラウンド整備した人に向かっても、整列しありがとうございましたと礼をしていた。

礼儀を大切にする野球においても、そこまでやるチームはなかなかいない。 そこまで他人に感謝の気持ちを示す高校生など、他にいるのか?と。

そしてこれは指導者の手柄。 

試合の中でくらいは、闘志を見せて戦ったって良いじゃないかと。  

野球は礼儀だ・教育だと、試合で戦う権利まで奪われると、男の子として面白くないだろう。 誰がそんなスポーツやりたいかな?と

指導者として、ファイティングスピリットを否定するようなことを言うのも、難しいことに思えるんですけどね。

桜井高校は立派すぎるけれど、あれがスタンダードではなく。 野球はスタンドからも、相手ベンチからも。 結構ヤジの多いスポーツだと思う。 投手は大変だなーと感じてはきました。 心乱されず平気で投げるのですから。

仲間と勝利をなにより目指すことを通じて、手に入れられるものも大きい。 子供に対しても、見てる人に対しても、真摯で正しい態度だとも思う。 そういう考えの指導者がいても、当然だと感じる方です。
 
改善すべきは日程だけじゃないかな。 応援しにくる生徒も含めた学校の勉強の都合で、早めに終わらしたいという理由から、過密スケジュールにしてきたと聞いている。  最後の方まで残る学校や優勝する学校は3・4日1週間休んだって良いじゃないかとずーーっと思ってきましたから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

花巻東へのエール

先程投稿した内容に誤字がありました。

(誤)捕手が相手ベンチを除くことも禁止にし
          ↓
(正)捕手が相手ベンチを覗くことも禁止にし

です。すみませんでした。

花巻東へのエール

まずサイン伝達ですが、私が見た限り今回の甲子園ではかなり多くの学校がやっていたように見えました。ある捕手はわかっていたけど審判にアピールする勇気がなかったそうです。遊撃手が2塁走者の前に立って阻止したというチームもあったようです。選抜大会では捕手が審判にアピールしたが、審判は「わかっている」と答えたものの注意しなかったということもあったようです。今回鳴門の捕手のアピールで花巻東が注意されたというのが史上初だったので、花巻東のみに批判が集まっていますが、そもそものサイン伝達禁止というルールに矛盾と曖昧さがありすぎることが問題だと思います。

攻撃側である走者やコーチャーが打者にサインを送ることは禁止されています。しかし守備側である捕手が相手ベンチのサインを見ることは禁止されていません。なので捕手が相手のスクイズサインを見破った場合に、投手、野手に伝達するのは良いとされているのです。矛盾しています。

さらに攻撃側がサイン伝達することは禁止ですが、違反が発覚した場合、注意のみで罰則は無いのです。これもおかしい・・・!こんなこと納得できません。

私の個人的見解ですが、野球は読み合い、駆け引きのスポーツ。サインを盗まれることが嫌なら野球などやめてしまえば良い!とつい思ってしまいますが、それでは成り立たないのでやはりルールが必要であると思いますが、サイン伝達を禁止にするのであれば、捕手が相手ベンチを除くことも禁止にし、サイン伝達が発覚した場合には没収試合にするといったルールに改正すべきだと思います。これなら納得できます。

カット打法ですが、漫画の世界になってしまいますが、「メジャー」で出てくる海堂高校の眉村が「バントが嫌ならさせるな」と言っていましたが、私はその通りだと思います。カットされるのが嫌なら投手がしっかり研究してカットされないようなボール、コースを投げれば良い!!
そしてこのカット打法がバントとみなされるのであれば、試合中にスリーバント失敗バッターアウトを宣告すれば良い!わざわざ試合前に説明したり、メディアを通して議論することではないと感じます。

1つのチームだけが批判を浴びるようなことがあってはならないと思います。





花巻東へのエール

陽動作戦にしろルール違反というかマナー違反だからやってはいけない。紛らわしい動作もいけない。だから注意された。
それで終われば何もこんなに大きな問題は無かったと思います。
問題は試合後の花巻東の選手や監督のコメントが批判の的になってしまい、黒にしてしまった。
が、しかし記事にあるようなコメントは果たしてどういう経緯で引き出されたコメントなのでしょうか。インタビューの全部を掲載すべきですね。切り貼り記事はフェアではありません。
黙って謝れば良かったとの批判も見受けられますが、謝れば「認めた」と書くでしょう。
どっちにしても黒にさせられたという悪意を感じるのです。
鳴門の選手への批判も相当有ると聞きます。
試合後に「花巻東をあんな学校・・・」のコメントも本当なのでしょうか。
このようにネットに一度流してしまったら、取り返しのできない事になります。
いたずらに目の前の利益を追い、無責任極まりない記事、それを平気で書く人間、書かせる人間には憤りを感じます。
プレースタイルが好きか嫌いかは別として、ひたすら野球に打ち込み、またそんな子供を理解し応援し、光を与えた指導者がこんな形で批判され、今後の人生に影響が及ぶのではないかと思うと残念でなりません。

花巻東へのエール

今回の件は客観的に見て、改善すべき点は高野連・監督・選手全てにあります。

まず、選手ですが‘塁上での紛らわしい行為は止めましょう。’
ボクシングの村田選手では有りませんが、野球も相手あってのスポーツですので礼儀を忘れてはいけません。
陽動作戦とは言え、相手が不快に思う様な挑発行為は行うべきではありません。

次に高野連ですが今回のカット打ちの注意は、あのタイミングで本当に必要だったのか?
鳴門戦のみ問題があったとの事だが、具体的に何打席目の何球目なのか?
どういった点が問題だったのか花巻東側にしっかり説明したのか疑問です。

選手にしてみれば鳴門戦も他の試合も大きくバッティングを変えている意識はないと思う。
なのに、鳴門戦でのみ疑わしいバッティングがあったと言われルールブックを見せられても
具体的な説明が無い限りは改善しようもない。

正直、この説明では選手を委縮させてしまっただけで、対応のまずさの言い逃れは出来ない。

最後に監督ですが、ルールを知らない事はさすがに問題です。
また、選手をかばえなかった事も大きな責任です。

これはスポーツだけに限らずに、事前に与えられたルールや規則を見もしないで、
違反した段階でルールの存在に文句を言っても相手からすれば不快なだけです。
反感を買っても当然です。

花巻東は小さい心配りや、審判団や応援に来た方への礼儀を備えた見習うべき点も多いチームなので
深刻に考えず、今まで通り良い点は伸ばし、悪い点は改善するを繰り返していけばよいだけだと思う。

こんな記事も読みたい

エースで勝つ事と、チームが勝つ事の どちらが大事なのか?【スポーツ えっせい】

U-18高校野球世界選手権 昨年五位の日本今年はどこまで行ける?【】

勝利至上主義も一理あるが・・・。【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconbriver39

野球ファンです
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:819631

(10月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 香川真司ユナイテッドからドルトムントに復帰
  2. 18Uワールドカップ VS韓国
  3. 18Uワールドカップ VSカナダ
  4. 18Uワールドカップ VS台湾
  5. 花巻東千葉君の技術と代表メンバー
  6. 大阪桐蔭、桜井、浦和学院を見て
  7. 18Uワールドカップ VSベネズエラ
  8. 国内FA移籍は廃止にしては?
  9. 18Uワールドカップ VSキューバ
  10. 18Uワールドカップ VSメキシコ

月別アーカイブ

2014
09
07
06
2013
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2012
12
03
2010
11
10
08
07
04
03
2009
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss