ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 一塁手補強

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。夏でも掛布団さん、元新在家の住人さん、ルパン三世、コメント頂きありがとうございます!
さて、日本シリーズが終わり今年の全日程は終了、と同時に各チームから第二次戦力外が発表されました。今年投手をドラフトで4名獲得したことにより、大方の予想通り、田面と柳瀬が戦力外通告となりました。
田面は即戦力投手として2012年ドラフト3位という高順位で指名されました。獲得当時は即戦力投手として当時穴だらけであったセットアッパーの座を一年目からしとめてくれないかと期待していましたが、入団後のキャンプ/オープン戦の段階から制球難を見せてしまい、3年目には育成落ち、掛布から目をつけてもらい昨年支配下登録復帰を果たし、同じく支配下登録復帰を果たした原口と育成上がりバッテリーを組むなど一時期話題となりましたが、結局今年も二軍でも目立った結果を残せず戦力外通告となってしまいました。

昔から阪神は中位から下位にかけての即戦力中継ぎ投手の獲得が上手だったのですが(弓長、久保田、橋本、渡辺、西村)、最近は余り当たりませんね(伊藤和、金田、山本、守屋)。。。。下位であればまだしも、中位は高校生の有望選手を獲得できる順位でもあり、非常に勿体無いドラフト枠の使い方になってしまっています。大卒・社会人をこの順位で獲得するのでれば、1年目からある程度活躍できる選手もしくはポテンシャルの大きい選手を獲得しないとあっという間に年を取ってしまいますので、しっかりとしたスカウティング体制をとってほしいですね。
そして、ソフトバンクから移籍してきた柳瀬。ソフトバンク産ということもあり、阪神の再生手腕に期待していたのですが、二軍ではしっかりと成績を残していたものの、一軍では炎上の繰り返し。移籍二年目以降で活躍しだした例も多いので(加藤・高宮・桑原)、もう一年様子を見るかとも思いましたが、他に外す選手も見当たらず戦力外となってしまいました。
今後、トライアウトを受けるのか別の道を探すのかは判りませんが、野球道には悔いを残さない形で最後まで頑張って欲しいと思います。社会人でいえばまだまだ若い年齢ですので、野球を去るということであれば第二の人生での活躍を祈念しています。
そして、朗報がひとつあり、兼ねてから報道されていた台湾アマNo1左腕の呂彦青と正式契約に至ったとのこと。まず、左の先発候補は岩貞・横山・高橋遥といるものの、人数不足且つ一軍ローテへの目処が立っていない状況(岩貞しっかり!横山怪我するな!)。唯一の先発ローテの能見さんは来年もう39歳、早急に跡継ぎの手当てが必要です。これに加え再来年からはメッセが日本人化するので、投手の外国人を一人先発に補強することができます。

呂はまだ大学4年生の年で若く、且つ田嶋よりもいいと一部のマスコミは言っていたものの、映像を見る限りにおいてはちょっと褒めすぎ。直球・変化球・制球ともに素晴らしいものを持っていると思いますが、NPBで助っ人外国人として活躍するためには、まだまだ努力が必要でしょう。ということで、来年一年は育成期間として阪神の優秀なコーチ陣の元でびっしりと練習し成長をしてもらい、再来年のローテ入りを狙うべく、じっくりと育成してほしいと思います。正式発表までは、怒りの撤退の不安があったのですが、無事契約となりまずはほっとしています。
それにしても、今年は自由契約が3名だけとなり、噂されていた歳内の育成落ちもないのですかね。

現在野手が32名、投手が呂も加えると34名となっており、合計66名。一塁手の補強はするでしょうから、67名。残り3枠しか余裕がありません。緊急補強枠は二つは空けて置きたいだけに、その場合後1枚しか補強できません。調査を噂されている選手だけでいうと、F/A野上、H/山田(何故か自由契約にならず)、2A/中後といるのですが、全員の獲得は難しいのでしょうね(大和が流出してしまえばもう一枠あきますが)。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神タイガース 一塁手補強

新在家の住人さん いつもいつもコメントありがとうございます!

まさにご指摘の通り、FAが先、ウィンターミーティングが後とタイミングが非常に難しいんですよね。ただ、中田の獲得に動くのであればすでにその意向はタンバリングにならない範囲でなんらかの形で伝わっているでしょうから、中田としてもその確信がないのであればFAせず残留なんじゃないかなと思っています。

西岡のインタビューご覧になりました?やはり中田は阪神移籍には大きな興味をもっているようですね。
昔から将来はきてほしいと思っていた選手ですので、当方の妄想通りに(再来年からDH制採用)なると面白いかなと思います。

今年は同じ意見で獲得はどちらか一枚にして欲しいと思います。中谷と高山の出場機会がなくなるので。

また、コメントください!

阪神タイガース 一塁手補強

ルパン三世さん

前回に引き続きコメントありがとうございます。まあ中田に関しては皆さんご意見あると思いますが、今年の成績で終わる選手ではないと思いますよ。今年はWBCと怪我の影響もあったので(にしてもひどい成績でしたが)。風の影響もあると思いますが、基本HRが出やすい球場が、ソフトバンクと西武だけなのに比べ、セの場合は、神宮、横浜、東京ドーム、広島とあり激減(というか今年の成績から激減すると一桁です。。。)ということはないかなと。

島田君には赤星二世としての期待がかかりますね!全ては今後の打撃成長次第だとは思いますが、糸井の後釜で高山・島田・中谷の外野布陣に期待したいですね。

岡崎は鶴岡・藤井のように経験豊富でリードに定評があればよいのですが、残念ながらこれまでの経験はほぼないに等しく、ぎりぎり及第点キャッチャーという当方評価です。原口は昨年は実は完封勝利数チーム一位、防御率も一番いいんですよね。あくまでキャッチャーとしての性能が及第点ということが前提ですが、3番手に入ってくると、岡崎をバックアップにできるくらい捕手の層が厚くなるので、来年以降育成は高校生捕手に集中できるため、よい相乗効果になるのではないかと思っています。



阪神タイガース 一塁手補強

私も一塁手の補強は必須だと考えています。となるとFA中田か外国人の2択となりますが、FA交渉の方が先に来ますので(MBLのウィンターミーティングが12月)、今回は外国人獲得となるのでは、と思っています。ただし雑誌か何かに記載がありましたが、中田のトレード獲得が可能なのであれば、並行して進めてもいいのでは?と思います。できれば金銭トレードにして欲しいですが。ただそうなった場合、さらに外国人を獲得すると一昔前に戻ってしまいますので、1枚の獲得にとどめて欲しいですが。。難しいですね。

「阪神タイガース 一塁手補強」へのコメント

ファーストの補強…ロザリオを是非とも獲得して欲しいです…クレイグ ブラゼルくらいの活躍を期待していますので、中田は獲得しないで欲しいです…当然中谷 大山の心中は穏やかではないと思います

セリーグのDH制も反対です…能見さん 藤浪 秋山 メッセンジャーの投手陣もホームラン打つし…パリーグと違い試合の見所として監督の駆け引きも面白いと思いますし、パリーグは風のないドーム球場ですからホームランもたくさん出るのではないのでしょうか?仮に中田がタイガースに来てもホームラン数は激減すると思います

ロザリオの獲得に成功したら、ドラフト4位の島田に期待できるのではないでしょうか?…タイガースに足りない機動力が十分使えますし、外野を守れるのならば福留さんの負担もかなり減るのではないでしょうか?…

前回のキャチャーの件ですけども、梅野はキャッチング スローイングはよくなりましたけど、配給面はまだ勉強が必要かな?…3人制にするならば岡崎でいいのではないかと思います…あくまでも守り重視でコメントをしています…いくらたくさん点を取ってもそれをどこか(想像してください)のチームみたいに還元するようではいつまでたってもダメだと思います

俺も選手の好き嫌いはありますけど、タイガースが強くなって欲しい気持ちはみなさまと同じです

こんな記事も読みたい

引越し準備完了 ですが 最後まで書きたく【ファン歴44年 神宮の杜】

ファン【no title】

セリーグ、2017、ゴールデングラブ賞予想【二つの歓喜をもう一度!】

あと少し【タイガースを応援しよう】

日ハム中田翔選手【一生涯阪神ファンの想い】

中田トレード記事について少し考えてみる【阪神をのんびり応援するブログ】

阪神タイガース 原口捕手再挑戦!【ラテンアメリカの虎】

【阪神】来季への希望【〜素人虎党の戯言〜】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1999608

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  4. 阪神タイガース 一塁手補強
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss