ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 外野手編

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。

少佐さん、元新在家の住人さん、コメント頂きありがとうございます!返信いたしましたので宜しければご覧ください。
本日は、一/三塁編に引き続き外野手編です。ドラフトまでにどうにか全てのポジションをおさらい出来ました。
去年の同様の記事を書いた際の(2016年内)、構想としては以下の通りでした。
• レギュラー: 左翼手/高山、中堅手/糸井、右翼手/福留 • 一軍控え: 左翼手/狩野、中堅手/俊介、右翼手/中谷 • バックアップ: 左翼手/伊藤隼、中堅手/緒方、右翼手/なし • 育成: 左翼手/板山、中堅手/横田、右翼手/江越
2017年外野手編

ほぼこの通りにシーズンが始まりましたが、高山の不調があり、不在の一塁手で起用されていた中谷が高山に代わる形でレギュラーを奪取しました。 そしてやはり危惧していた通り、糸井の中堅手の守備に綻びが見え始め、シーズン途中で糸井→右翼、福留→左翼、中谷・高山→中堅というトコロテンな形でコンバートが実施されました。

結果的には中谷が意外と中堅手の適正を見せ、福留も当初はフライの追い方など問題があったものの、最後はファインプレーも見せてくれ、やはりこの人の野球選手のすごさを見せ付けてくれました。

シーズン後半はパワーアップした俊介が結果を出し、ポストシーズンでも中谷の座を奪い1番センターで活躍。伊藤隼も狩野を引退に追いやる代打の切り札の座を確保し、高山の二年目のジンクスがあったものの、各選手二位躍進の立役者として活躍してくれました。

一方で、主軸である糸井の怪我での離脱、福留の休養日の必要性など脆弱さも露呈し、両主軸が不在のときに高山・中谷の主軸候補では穴を埋め切れなかったことも事実です。

来年も同様の形で、糸井・福留には休息日が必要になることから、外野手の層も内野と同様(上本・大和の休息日)、厚くしておく必要があります。こう考えると、鳥谷以外フル出場できるスペックの選手がいませんね。。。

まず、F/A移籍の糸井。怪我での離脱が惜しまれたものの、流石の活躍を見せてくれました。セ・リーグ移籍一年目で打率:.290、OPS.:829、HR:17、打点:62、盗塁21は立派な数字でしょう。一番打者を打たせてもよし、三番打者を打たせてもよし、間違えなく打線の中心でした。

一方で、移籍前の情報通り怪我が多いですね。まず自主トレの段階で足を負傷、6月に太ももを負傷し離脱、その後スタメン復帰を果たすも、ロジャースが加入しこれからという7月のところで、脇腹を負傷し一ヶ月近くの離脱。糸井が一年間働いていてくれれば、福留の休養日ももっと積極的に作れ違う結果もあったかもしれませんが、これは所与のものとして捕らえたほうがよいでしょう。幸い、中谷・俊介の成長、三年目のリベンジを狙う高山とスタメンで使える選手はいますので、福留ほどではないにせよ、守備は早めに変える、交流戦はDHで使う等、積極的な休養を充てながら大事に使ってほしいと思います。年は来年で37歳ですが、まだまだバリバリの主軸ですので、来年はキャリアハイを期待したいと思います。

福留は打率は去年と比べ落ちたものの、相変わらずの頼りになるところを見せてくれました。一方で6月は手首の怪我から打率一割台と大不振に陥り、失速の原因となりました。そして、やはり40歳ですので休息は必ず必要な選手です。 技術的にもまだまだ中谷・高山と比べ一枚も二枚も上手なのですが、四番打者を一週間に1-2回休息させなければいけないのはチームとしてはありえない状況です。。。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 外野手編

元新在家の住人さん、コメント頂きありがとうございます!

俊介の返信は本当にびっくりでしたね!来年31歳でベテランの域に入ってきますので、優先起用は難しいのかもしれませんが、高山・中谷が全幅の信頼をおくまでに達していない且つ、福留・糸井も介護が必要な選手なので、来年も出番は多いかと思います。

江越は打撃コーチが変わることで何か変わるといいですね。掛布、今岡の伝説選手の指導は素直にきかざるを得なかったと思いますし、目線の近い良太とかがなにかいいきっかけを作ってあげられるといいのですが。仰るとおり、守備・代走だけの選手になってほしくないのでじっくりと育ててほしいですね。

またコメントください!

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 外野手編

連日の更新お疲れさまです。ことしは高山の不振を俊介がカバーした印象ですね。去年までバットを2度引いて差し込まれていましたが、今年は大山と同様にトップを作るのが早く、ボールに一直線にバットをぶつけられていた印象です。来年も頑張って欲しいですが、俊足と言うわけではなく赤星のようなタイプにはなれないので、個人的には元木のような長打もあるが粘っこい打者(クセ者)になって欲しいです。
江越はまだ1ヶ月以上活躍できていないので、昔の桜井や林のように中途半端に仕上げて1軍に上げるよりは、もう少し待った方がいいと思います。来年は良太コーチの効果とかで確変することを期待します。
やはりドラフトでは育成のために高校生を指名して欲しいですし、トップバッター系と中・長距離砲になりうる選手を取れれば最高ですね。今後の記事も期待しています。

こんな記事も読みたい

来年のコーチ人事について思う事【阪神をのんびり応援するブログ】

雨中のCS【トラコ好きの虎男】

スイープは無理でした。【関西紅ショウガ】

【タイガース】鳥谷は完全復活したのか?【no title】

今季の阪神 総括 投手編【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

タイガース2017年がシーズン終わってしまった【甲子園浜通信】

戸柱恭孝の濡れたキャッチャーミット問題【CS final 2017 第1戦】【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 一/三塁編【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:6052
  • 累計のページビュー:1997866

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  4. 阪神タイガース 一塁手補強
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss