ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 二遊間編

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。オリンピック大好きさん、いつもコメントありがとうございます!

クライマックスシーズンは残念ながら1stシリーズ突破とならず、今シーズン日程が全て終了しました。 二試合目を決行し負けたことにより、もうすでに戦う前から雰囲気が違った感じでしたね。DeNAは雨で二試合流れれば自動的に敗戦となってしまったところをチャンスを得た形、阪神にしてみれば勝ち上がっていたところを試合をしなければならないという状況になり、精神面からして苦しい状況からの試合のスタートになってしまいました。
中でも物議を醸し出したのが坂本の先発起用。能見との相性も特によい訳でもなく(どちらかというと悪い)、終盤は怪我で一軍の試合に出ていなかったのですから、前回同カードで完投した岡崎とのバッテリーで臨むものかと思っていましたが、スタメンは坂本、結果が出ればよかったのですが、前述どおり阪神に不利な雰囲気で始まり、能見の調子も最悪、初回で試合が決まってしまった形でした。今日の能見であれば誰がリードしても同じだった気もしますが、コントロールのつかない内角に入るスライダーを連続した結果、悉く右打者に痛打され、坂本のリードにも問題はあったと思います。それよりも問題はこんな奇をてらった采配をした場合、失敗した際に精神的なダメージが大きく残ってしまうということ。岡崎と組んでいたならば能見の調子が最悪だっただけで終わっていたと思いますが、大事な短期決戦で物議を醸し出す采配をしてしまったことで、坂本にも批判が集まる結果となってしまいました。 特に捕手のリードは素人目にもわからない部分が多く、采配にけちをつけたくないのですが、結果的に矢野コーチの贔屓采配と揶揄されても仕方のない結果になってしまいました。坂本はネット上の批判も多くみてしまうでしょうが、この悔しさを忘れずにオフにトレーニングを積んで、来年ファンの掌をひっくり返してほしいと思います。がんばれ坂本!
短期決戦の戦い方はまだまだ選手起用含め課題が残る結果となりましたが、二年目で貯金17の二位という素晴らしい結果には変わりなく、チーム全体にもこのCSでの経験は大きな糧になったと思いますので、采配面含めチーム全体で来年の更なる飛躍を期待したいと思います。

本日は、捕手編に引き続き二遊間編です。
去年の同様の記事を書いた際は(2016年内)、鳥谷の処遇が二塁/三塁/遊撃ではっきりしておらず、昨年躍進した北條を優先的に起用することが予想されたことから構想としては以下の通りでした。
• レギュラー: 二塁/なし、遊撃/北條 • 一軍控え: 二塁/西岡・上本、遊撃/鳥谷・大和 • バックアップ: 二塁/荒木、遊撃/森越 • 育成: 二塁/糸原、(板山)、遊撃/植田
2017二遊間編

キャンプが始まりオープン戦までくると、三塁手候補のキャンベルが怪我で離脱、北條はキャンプからオープン戦にかけ結果を残しており、鳥谷が三塁コンバート、空いていた二塁の座は昨年苦汁をなめた上本が開幕スタメンの座をしとめました。開幕は6番遊撃/北條、7番三塁/鳥谷だったんですね。
その後北條の調子が上がらず、開幕一軍を果たした糸原が遊撃手でスタメンで出場機会を得て、暫くは左右の投手で北條・糸原の併用でした。それでも北條の調子が上がらず、糸原の怪我に伴い、スイッチヒッターに成功した大和が後半戦からがっちりと遊撃手の座を掴み、最後は3年目植田にもスタメンの機会が訪れました。二塁手は基本的に上本が務めましたが、怪我で離脱時や調子が落ちた際は大和・糸原・怪我から復活の西岡が代役を務めました。 ということで最終的には上本・大和の昨年苦渋をなめた中堅二人組みに軍配が上がった形となりました。

まず、上本ですが見事な活躍ぶりでした。管理人は上本のポテンシャルは可也買っており、粘り強い打撃、意外性のある長打力、広い守備範囲、ベースランニング・盗塁ともうまい走塁技術、と広陵時代は天才の名を欲しいがままにしていたウエポンですが、正に野球センスの申し子の本領を発揮してくれました。しかし課題としてはポカの多いドーナッツ型守備、疲労が溜まると打撃が崩れ、怪我も多く、一年間はもたないというのがこれまでの経歴であり、使う場合はこれを前提に使うべきであり常にバックアップ戦力が必要な天才打者です。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 二遊間編」へのコメント

こんばんは〜★ラテンアメリカさん。返信ありがとうございます。少佐です。ドラフト会議は清宮で決まりみたいな報道ですね。今年のサプライズは当たりクジを引くことかもですね(笑)
さて、気になるのは大和&俊介のFA動向になってきた感があります。他のブロガー様の意見にもあるようにファンの多い大和ですから、レギュラー確約の球団に移るのも納得なんですが(何処の球団?)植田君や糸原君のさらなる飛躍を阻害しているわけではなく『切磋琢磨して』チームの底上げを担えるのは守備のスペシャリスト大和が居てくれる期間ではないでしょうか?フロントもそこら辺を加味して交渉していただければ・・ラテンアメリカさんの言うように打撃にはあまり期待してませんが(苦笑)広い甲子園、大和の守備が失点を防ぐならば本塁打よりも価値がありそうなのは自分だけでしょうか・・

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 二遊間編

少佐さん いつもご覧頂きありがとうございます!

最終戦は悔しい結果でしたが、今年も育てながら戦った結果としては十分な結果だと思っています。
来年、去年・今年でた若手が花開いてほしいですね。

ドラフトは清宮でしょうね笑。安田君は外れであるかもしれませんが、左投手の獲得報道が出ていますね。
いずれにせよ、よいドラフト期待しましょう!

またコメントください!

「阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 二遊間編」へのコメント

はじめまして。ブログを毎号楽しみに拝見させてもらってます。阪神一筋の「少佐」です。今年は悔しい結果に終わりましたね。ラテンアメリカの虎様の今シーズンの振り返りに共感しましたよ(笑)さて、ドラフト会議の投稿を楽しみにしてますが、やはり清宮一位でしょうか?あれだけ公言した以上、行くでしょ〜が(苦笑)僕的には安田なんですが。何れにしてもクジなんで。では、また!

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 二遊間編

オリンピック大好きさん 前回に引き続きコメントありがとうございます。
荒木は前半戦そのような起用されていましたね。ほんと盗塁が期待される選手が少ないだけに、貴重なバイプレーヤー、特におっしゃるとおり終盤の盗塁を狙える代走としていてほしい選手です。

一方で、このポジションは来年植田にとってほしいんですよね。盗塁能力は荒木に負けていないと思います。ただ、大きく育てるためにも、打撃面の改善ができてから一軍で起用してほしく、それまでの間代走だけの起用であれば無理に一軍にあげず、荒木にがんばってほしいと思います。横田・江越なんかも同様ですね。

また、コメントお願いいたします!

こんな記事も読みたい

【タイガース】先発 石崎!?【no title】

ハイレベルな3位チーム【トラコ好きの虎男】

CS3戦目勝利。そして広島リベンジ【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

はじめまして。 そして阪神関係者の皆さん1年間お疲れ様でした。【阪神をのんびり応援するブログ】

【阪神】バツの悪いCS【ウル虎ブログ】

今シーズン終了しましたね、お疲れ様でした。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

昨日の甲子園に思う【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 捕手編【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:3594
  • 累計のページビュー:1980942

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  4. 阪神タイガース 一塁手補強
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss