ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 2017年総括と補強ポイント 先発投手編

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。 夏でも掛け布団さん、だいのじさん、Yumegさんコメントいただきありがとうございます!

さて、2017年も公式戦全日程終了しました。最終戦は安藤と新井良太の引退試合、CSに弾みをつける見事な勝利となりました。新井の電撃引退にはびっくりしましたが、腰痛がよくないとのことで、今年のオープン戦をみていると打撃も改善しまだまだいけると思っていましたが、お疲れ様でした。中日から移籍し、兄弟で数々の記録を作り、ファンにも愛され阪神に移籍して辛い事もあったでしょうが、惜しまれて引退していくのはある意味幸せな幕引きだったのではないかと思います。
安藤も良太もお疲れ様でした。そして、これまで阪神を支えてくれて有難うございました!

金本タイガース超変革二年目、結果は貯金17の二位と昨年の借金12の四位から大躍進を果たした我が阪神タイガース、若手長距離砲育成のために有望外国人野手を獲得せず、またエース/メッセンジャーの離脱、期待された藤浪・岩貞の不調がある中、非常によくやったといえる結果なのではないでしょうか。打撃タイトルは誰も取らず、B9は誰も取れそうにない中、強力な中継ぎ陣を軸にこれだけの貯金を積み重ねられたことは、勝つためのチーム力全体があがってきているといえるのではないかと思います。
金本監督としては毎月貯金3を目標としており、6ヶ月のシーズンとすると一つ足りませんでしたが、十分な結果でしょう。 まだCS/日本シリーズと残しておりますが、日本シリーズが終わるまでの間に、戦力外通告、ドラフト会議、日本シリーズ後はFAとストーブリーグが活性化してきますので、その前にまずは今年の総括をしたいと思います。
今日は先発投手編から

去年の2017年版にも書いたとおり、管理人が考えるの理想の構成は、ローテ投手5枚、ローテ候補投手5枚、育成投手5枚、それぞれ右投手3枚、左投手2枚が理想です。理由としては、エース級投手の登板数を増やす、ローテ調整をしやすくする、若手にチャンスを与える意味で、基本的に5人いればよく、4人規定投球回到達投手がいれば多い中、6枚固定する必要はないということです。
2017年戦力構想投手編

今期先発として登板した投手は以下のとおり。

1


先発投手陣で貯金を作れておれず、防御率も3.66と決してよい数字とはいえません。また、平均投球回数も5,7と6回もっておらず中継ぎ酷使の原因となりました。やはりネックとなったのが繰り返しになりますが藤浪と岩貞ですね。。。
昨年のメッセ・藤浪・岩貞・能見と4人の規定投球回達成を輩出し、先発投手陣はある程度計算できると思い始まった今シーズンですが、藤浪3勝・岩貞5勝・能見6勝止まり、頼みのメッセンジャーも不運な骨折で離脱、シーズン終盤には日ハムをウェーバーされたメンドーサの獲得にまで動くなどとにかく多難なシーズンとなりました。
その中で希望の光として出てきたのが秋山。ルーキーシーズンの活躍から将来のエースを期待されるも、その後の伸び悩みでファンの間からもいらないくらいの声が聞こえるくらいシーズン前の期待値は低かったのですが、見事な覚醒・成長ぶりを見せてくれました。特筆すべきはBB/9が0.90と堂々のリーグ一位、K/BBも7.69とマイコラスに次ぐリーグ二位(菅野よりよい!)、元々コントロールはよかったものの、直球に力が戻り素晴らしい成績になりました。ここに藤浪・岩貞が昨年並みの活躍をしてくれていれば広島とのゲーム差ももっと縮まっていたでしょうが仕方がありません。技術的にも成熟感が出ているので、来年以降も活躍が期待されます。お願いなので一年だけとならないように大事にオフをすごしてほしいと思います。
藤浪はイップスだかなんだかわからない状態で、長い間二軍での調整も続きましたが、結局解決に至らず。球の力自体は相変わらずあるのですが、調整後も右打者の内角には全然投げておらず、この状態で投げさせても無理があったでしょう。一軍に上げるにしてもこの問題が解決してから上げるべきだと思っていたのですが、いかんせんメッセの怪我、代役候補の横山・島本等の怪我もあり投げさせざるを得なかったというのが実情でしょう。それにしても昇格後広島・巨人にばかり充てるというのはちょっと厳しすぎる気がしました。得意な横浜戦や下位の中日・ヤクルトあたりから投げさせ、自信を取り戻させるほうがよかったのではないかと思いましたがスパルタでしたね。いずれにせよ管理人はWBCによる調整失敗と見ていますので、来年しっかりと調整して元の藤浪に戻ってほしいと思います。
岩貞はオフのトレーニング(筋トレ)に失敗したのか、ストレートの切れが出ず、結果チェンジアップも生きない、自信をなくし大きく負け越してしまいました。藤浪ほど重症ではないものの、オフシーズンはキレをしっかりと戻し来年リベンジしてほしく思います。それにしても苦手の広島戦ばかりに当てるというのは本当に勘弁してほしかったです。。。
能見さんは7回あたりから握力の低下なのか打ち込まれ始めるという状況と援護に恵まれなかったこともあり、6勝止まりとなりましたが、結局シーズンをわたり規定投球回には到達しなかったもののローテを守り続け、シーズン終盤には完投勝利も収めるとまだまだやれるところを見せてくれてました。特筆すべきは能見が登板した試合は15勝8敗と大きく勝ち越しているんですね。早い回で降りることもあり勝ち星には恵まれませんでしたが、かつての下柳的ポジションであれば来期も十分期待できる戦力です。
メッセはいうことはないです。広島登板試合にも4勝1敗とエースとしての活躍を見せてくれました。中日にとって見れば消化試合とはいえ最終戦の7連続三振はまだまだ阪神のエースはメッセンジャーというところを見せてくれました。惜しまれるべきは骨折での離脱ですね。再来年には日本人扱いになるので、来年も同じ調子でがんばって、末永く阪神で活躍してほしいと思います!
メッセの怪我、藤浪・岩貞の不調の穴を埋めてくれたのが小野・青柳・岩田の三名で計37試合に登板しました。小野は好投した試合もあったものの、プロ初勝利まで13試合かかり、結果2勝7敗と大きく負け越してしまいましたが、登板毎に纏まりのある投球が増え、大いにポテンシャルを見せてくれました。一方で変化球の精度はまだまだ高くなく、投げてみないとわからない状態ではあり、来年ローテ候補には入ってくるでしょうが、ローテとして計算するには時期尚早。しかしながら直球の威力は魅力的であり、オフでの成長し課題の克服されればエース級になるポテンシャルは十分に秘めています。
青柳は昨年に比べると成長が見られました。課題の制球もBB/9が5.27から3.92と大いに改善。一方で課題は立ち上がりの失点が多いことと、それまで完璧な投球をしていたものの5回以降急に崩れる傾向にあること。打線が点を取らなかったのもあると思いますが、相手打線3回り目で崩れる予兆が見えるため、早めのスイッチとなった試合が何度もありました。また、対右被打率は.124(!)と完璧なものの、対左が.295とわかり易く打ち込まれており、この辺りも改善が必要です。現状では小野と同じくローテ投手として計算するまでのレベルにはなっていませんが、兎に角、球の力は強く圧倒的な投球を見せてくれる場面が多いため、来年は更なる成長を見せてほしいと思います。こちらもエース級のポテンシャルを秘めており、管理人としては大いに期待しています。
岩田はプチ復活といったところでしょうか。特筆すべきは金本監督からの助言もあり、交わす投球から直球の強さを取り戻したこと。球速も回復しており、140台後半も出ていました。年齢的にも今後の成長というのは難しいと思いますし、ローテ投手としての計算は立たないと思いますが、貴重なバックアッププレーヤーとしてまだまだ活躍してほしいと思います。まだまだ若いので願わくば昔の輝きを取り戻し、4番手あたりに入ってほしいと思います。
メンドーサは緊急獲得の上4試合に登板。まあなんというか聞いていた通りのスペック通り、いい投球はするが5-6回程度、突然崩れる癖ありというまんまの投球でした。それでも終盤先発投手がいない中イニングを潰し、中継ぎ陣の負担を少しでも減らしてくれたことは感謝したいところです。来年はメッセンジャーもまだ日本人扱いにならず、ドリス・マテオは契約延長でしょうから、本人のこれまでキャリアや年齢を考えても二軍控えという訳には行かないでしょうから、残念ながら今年まででしょうか。。。
そして、管理人が毎年期待している横山君。今年も巨人戦で見事な投球を見せてくれ、次の登板機会があった中で、怪我で離脱。ファンから中365日と揶揄されるほどスペ体質なのですが、大体肩・肘周りの故障なんですよね。いつも手術までの大事には至らず、ようやくブルペン投球を開始したとのニュースがでていましたが、投球フォームの問題なんでしょうかね。その辺のメカニックはよく分からないのですが、兎に角まずは怪我に強い体を作ってほしく思います。ポテンシャルは岩貞以上のものがあり、年齢もまだ23歳と若く、大いに期待していますので、今年ブレークした社会人時代の先輩石崎の後を追い、来年はローテに定着してほしいと思います。子供も生まれたとのことなので、がんばってミルク代を稼げ!
一軍で残り登板したのは松田が一試合、福永が一試合でした。これは超谷間の状態であり、松田は球種の少なさから基本的には中継ぎ、福永はお試しで上げましたが、どちら向きかはこれから見極めですかね。

ということで、メッセ離脱+藤浪・岩貞の不調のせいで、6番手以降の投手が合計45試合に登板しました。これはそんなに悪い数字ではなく、先発投手陣が充実しているソフトバンク・広島でも6番手以降の先発登板は40試合程度はあり(ジョンソンの離脱、和田・武田の離脱はありましたが)、ソフトバンクは中田・石川・松本、広島は九里・薮田・中村がカバーしました。
6番手以降の先発投手の登板試合の勝敗を見てみると21勝22敗1分と実は結構がんばっています。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジャイアンツの素晴らしきコーチングスタッフに思う【NO NAME】

ベイスターズは2017CSを勝ち抜けるのか問題【投手編】~濱口投手をどこで使うのか~【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

伊東マリーンズの翔破したところ【鴎道を行く!】

【タイガース】安藤、良太、お疲れさま。ありがとう。【no title】

安藤、良太、狩野、お疲れ様でした。阪神球団で選手人生を全うしてくれてありがとう。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

CSに向けてベイスターズ分析 打者編【べーすぼーるについて】

首脳陣の充実を【トラコ好きの虎男】

【タイガース】背番号について【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:6797
  • 累計のページビュー:2041211

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 一塁手補強
  4. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss