ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんいつもご覧頂ありがとうございます!toruillinoisさんいつもコメントありがとうございます!

今シーズンは広島二連覇となりました。一時は5.5ゲーム差まで詰まり、9月の3連戦で三連勝すればまだまだわからないという状態でしたが、結果は三連敗。その後も先発がもたず、リリーフが登板過多で疲れている中で、中継ぎが打ち込まれるシーンが増え、9月戦線は苦労をしている状況です。
確かに広島は強い、対戦成績も14勝10敗1分と負け越し、ですが完全な力負けをしたわけではなく、特に最後の3連戦は紙一重の戦いでした。確かに走攻守全てにおいて広島にはまだまだ実力に差がある状況です。勝っているのは分厚い中継ぎ陣だけなのですが、そこにも疲れが見え始めている。然しながら、4番打者不在で始まったシーズン、エース/メッセンジャーの離脱、2/3番手の藤浪/岩貞の不調の中でよくここまで頑張ってきたと思います。
もし、獲得調査をしていたマギー・ゲレーロがいたら、もしメッセが離脱しなかったら、もし藤浪/岩貞が去年張りの成績を残せていたら、中継ぎの負担も減り、もっと逼迫した戦いができていたのではないかと思います。結局は4番を固定できないことによる打線の迫力不足、先発の離脱による駒不足が連鎖的に中継ぎに負担をかけてしまい、今の広島とのゲーム差が生まれ、さらにいうと3連敗に繋がってしまったのではないかと思います。
たらればを言っても仕方がないのですが、いいたいことは、後1-2ピースいれば連鎖的に投手陣・打線陣ともに相乗効果がでて、よりよい結果が見込まれただけに、今の現状を憂う必要は全くないということです。今年は元々一塁に関しては若手を育てるというコンセプトで始めたシーズンですので。むしろ育てながら二位、貯金14は超変革二年目においては誇るべき成績だと思います。
広島は特に打線が脂が乗り切った選手が多い中、阪神は投打ともにまだまだ発展途上、今シーズン残り試合は2位死守、そして広島と一桁ゲーム差内で終了し、来年への弾みにしてほしいと思います。そして、まだCSも残されていますので(管理人は優勝以外興味ないのですが)、ここで短期決戦の痺れる戦いをチームとして経験し、若手中心にさらなる経験値を積んでほしいと思います。

ということで、優勝がなくなった今シーズン、CS争いはまだ残されているものの、季節も秋口となりストーブリーグの季節が近づいてまいりました。 ドラフトの動向を大いに左右する早実/清宮君はどうやらプロ入りのようですね。阪神としては1位指名報道が出ていますが、なんせ金本ドラフト、どうなることでしょう。ドラフトに関してはまた時期が近づいてから別の記事を書きたいと思います。

そして安藤・狩野の引退。プロ野球ではドラフトで毎年5-7人程度は獲得しないといけないため、毎年寂しくなるものの退団選手が出てくるのは仕方のないことではあるのですが、功労者の引退は格別に寂しいものがあります。
安藤は2001年自由獲得枠で入団。2003年はセットアッパーとして、2005年は先発として優勝に貢献、その後不調の時期はあったものの2008-2010年は開幕投手も務め、限界とも思われた2013年には中継ぎとして復活し、4年連続50試合登板と、ファンの間では余り派手さはないものの長い間大車輪の活躍をしてくれました。それにしても安藤が出るとブーイングという状況から本当によく復活してくれました。 去年もセットアッパーとして十分な活躍をしていたので、今年も同様の活躍を期待していましたが、今年の中継ぎ陣は隙がなくロングリリーフタイプでも無い為、有事に備え二軍調整が続いていました。後半戦は中継ぎがばてることはある程度想定できていたため終盤に出番があるかなと思っていたのですが、案の定ばててしまった中継ぎ陣をカバーしているのは3年目で球の力が戻った石崎、二軍でも打ち込まれるシーンが目立ってきたこともあり引退への流れとなってしまいました。 管理人としては今年の中継ぎは投げさせすぎ、来年は同様のパフォーマンスにはならないことは大いに予想されるため経験豊富な安藤はもう一年頑張ってほしかったのですが、世代交代の流れとしては仕方のないことでしょう。福原同様先発・中継ぎとも経験豊富で技術で生きていた選手なので、将来的には指導者として次のステージを進んでほしく思います。

狩野は2000年ドラフト3位入団。途中大リーグに行った球児を除けば阪神最古参選手。二軍でもそこそこ結果を出しており、まだ34歳なのでまだまだやれるかと思ったのですが、本人が直球についていけなくなったとのことで引退の運びとなりました。それにしても17年前入団の選手がまだ現役というのは、高卒選手でものになれば本当に魅力的ですね。 2006年にはウエスタン首位打者、2007年にはファンの記憶に深く刻み込まれた、巨人戦プロ初安打サヨナラ安打、そして翌日のプロ初ホームラン、2009年には怪我の矢野に代わり正捕手となり、十分な成績を残してくれましたが、翌年の城島獲得及び現役中常に付いて回った腰の状態もあり、翌年には外野手登録、そして更に怪我の影響で育成落ち、2013年に支配下復帰後は代打の切り札として渋い活躍を見せてくれました。 本人にしてみれば本当にジェットコースターのような現役生活だったと思います。印象的なのは、怪我もありもう今年限りかなと思った矢先に一軍登録され殊勲打を打ってファンを喜ばせてくれました。やはり功労者なので何かしらの役職についてほしいと思いますが、リハビリの経験を生かしトレーニングコーチとかでしょうか。特に原口と被るところが多いので、彼のよき相談役になってほしいと思います。
兎に角、二人ともお疲れ様でした。
他球団で引退/退団報道が出ているのは、D/森野、F/武田久、飯山、M/井口、C/江草ですね。これから戦力外も含めて増えてきますが、戦力外からの補強に関しても別途時期が来たときに記事を書きたいと思います。

さて、ここのところ報道を賑わせているのが掛布二軍監督の退団です。球団発表では世代交代ということですが、報道上は金本監督との折り合いが付かなくなったとの憶測が飛んでいます。金本監督は徹底した管理下での厳しい練習を課することにたいし、掛布二軍監督は選手の自主性を重んじるという考え方が合わなかった、一軍への推薦選手の意見が合わなかった、等々が報道されています。そして、後任二軍監督は今岡/矢野/片岡の名前が出ていますが、どうも金本監督に一任するとの報道が出ています。
前置きが長くなりましたが今日はこのことについて少し考えてみたいと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

夏でも掛け布団さん

コメントありがとうございます。
まさに、勝てなくても許された稀有な監督というのが金本監督のポジションだと思います。電鉄の文化は根強いので、ここで一気に好転してくれるとうれしいですね!

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

だいのじさん

コメントいただきありがとうございます!どうやら清宮君に行くみたいですね。
まあ、まだチームをぶっ壊して二年目、おっしゃるとおり長い目で応援しましょう!

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

コメントありがとうございます!
ほんとどうなるか不安ですね。来年打撃コーチも新しい血をいれて、好転することを祈っています。
今年は、原口・高山・北條の結果が出ませんでしたが、スケールの大きい選手になるためのステップ期間であると信じています

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

長文、お疲れさまです。強振=筋トレ、打撃はそんな単純なものかどうか疑問です。選手の鍛錬方法には、十把一からげはないと思います。高山選手は、このままでは監督に潰されるかもしれません。ヤクルトに、トレードしてもらったほうが双方に良いかも・・・。

こんな記事も読みたい

さらば森野将彦、あの恐怖を忘れない。【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

私が思う3位より大事なこと【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

森野将彦選手、お疲れ様でした。今オフは、多分?落合さんと、ゆっくりノンビリ、話ができるでしょうねえ、、、【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

9/21 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~相手が本気では無かったとは言えども…~【愛媛の虎党の呟き】

【タイガース】残念ながら、本日の試合は参考外【no title】

9/20 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~リベンジ挑戦も…~【愛媛の虎党の呟き】

清宮 プロ志望?阪神は獲得に動くか否か ドラフトについて【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

待たれる左打ち強打者の出現を!【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:2292
  • 累計のページビュー:2034415

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 一塁手補強
  4. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss