ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様いつもご覧頂ありがとうございます。

前回のエントリーに続き、今回は後半戦のチーム・選手への期待(野手編)です。

誰が見ても明らかなように現在の阪神の問題点は打線です。鳥谷を上位にもってきたことにより漸く打線が目を覚まし始めましたが、ここのところ活躍しているのは糸原・上本・大和・鳥谷等いわゆる中軸ではない選手。また、中谷・大山の将来の中軸候補も活躍し始めていますが、本来やってもらわなければいけない主軸である糸井・福留・高山・原口が殊勲選手になることが少なく、打線の脆弱さを物語っています。ということで獲得したのがロジャース選手。まだ海のものか山のものか判りませんが、ロジャースの獲得と西岡の一軍復帰に伴い、ポジション争いが面白いものになってきることが予想されます。

現在阪神は超変革の二年目。特に金本監督は打線の改革を前面に押し出しており昨年より多くの若手を起用しており、いわばベテラン・中堅から若手への移行期です。高山・原口・北條の3名にはもっとやってほしかったのですが、オフの筋トレのし過ぎでスイングが体に合わなくなってしまったのか判りませんが、それぞれマークもきつくなり2年目のジンクスでしょう。まあそう簡単にはいきませんね。

ということで、ロジャース・西岡の参画に伴い、ベテラン・中堅と若手の間で以下のようなポジション争いが勃発します。

捕手:岡崎vs梅野・坂本 一塁:ロジャースvs原口 二塁:上本vs糸原 三塁:鳥谷vs大山 遊撃:大和vs北條 左翼:福留vs中谷 中堅:西岡vs高山 右翼:糸井vs伊藤隼

鳥谷と上本以外はレギュラーと呼ぶにはまだまだ心許ない状況ではありますが、各ポジション毎にレギュラーを狙えるレベルのベテラン・中堅・若手が揃い始めているというのはとてもよい傾向だと思います。実際には西岡・糸原は遊撃の争いに、大山・中谷は一塁の争いに入ってくると思います。若干弱いのが既に若手とはいえない右翼の伊藤隼とレギュラーと呼ぶには弱い岡崎。本来であれば外野には江越・横田にノミネートしてほしかったところ、捕手は原口がレギュラーを取り一塁は陽川が入ってくれていれば構図としては完璧だったのですが、まあ全てはうまくいかないでしょう。

一軍枠は中継ぎを7人にしているので、基本的野手枠は15名。ここにユーティリティの荒木、俊介は入ってくるでしょうから(荒木は唯一控えで盗塁・守備固めができる選手なのでベンチには必要です。)このメンバーから最低3名は一軍から外れることになります。北條は既に二軍調整中ですが、このまま状態が上がらなければ原口・高山もおちおちしていられません。

昨年はゴメス・鳥谷・上本・ヘイグ・大和の不調、西岡の怪我もあり、金本監督も言っていたとおり若い選手を使わざるを得なかったという状況でした。上記メンバーに加え、陽川・緒方・板山・横田・江越がチャンスを貰っていましたが、今年はこれらのメンバーが厳選されつつあります。まだ使わざるを得ない状況は変わりませんが、昨年に比べると随分と構成に進歩が見えているように感じます。

打線の問題としては軸、特に4番適正打者がいないことですので、ロジャースが当たってくれれば打線の相乗効果、競争効果が出て、高いレベルでの中堅・ベテランと若手の競争が勃発するのではないかと期待しています。 ということで、各選手への後半戦の期待です。

① 捕手

梅野:GG賞の獲得 今年の投手陣の安定の一躍は間違えなく梅野の成長が大きいでしょう。盗塁阻止率はリーグ1、壁としての能力も高く、入団当初は北川のような打撃型捕手かと思っていましたが、まさかの守備型捕手として成長しました。最近は坂本にマスクを譲るケースも出ていますが、打撃のポテンシャル、肩を含めた守備のポテンシャルは梅野の方が上だと信じていますので、このままレギュラーをしっかりと確保し、初タイトルのGG賞を獲得してほしいと思います。そして元々大学全日本4番打者、打者としてのポテンシャルもこんなものではないでしょうから、捕手としての配球の経験を打撃に生かし、打撃面でも成長してほしいと思います。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)

777oyoyo777さん

コメントありがとうございます。
西岡は早速スタメンで活躍してくれましたね。一方で糸井が離脱の可能性あり頭が痛いところです。
ロジャースもまだいまいちのようなので、スタメン固定して万全で後半戦とはいきませんが、駒は増えてきたので勝てる布陣で臨んでほしいですね。

采配に関しては、投手編・野手編でそれぞれコメントしてあるのでそちらをご覧いただければと思います。
まあ、やっぱり1軍2軍とも打撃ですね(汗)

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)

オリンピック大好きさん

コメント有難う御座います。
西岡は早速一塁のスタメンで元気な姿を見せてくれましたね。
仰るとおり、怪我明けなので無理はしてほしくないのですが、肉体改造をして二軍でも盗塁をばんばん決めている姿を見ると、期待したくなってしまう次第です。

コンディションは本人や首脳陣が一番わかっていると思いますので、無理がなければ是非トライして欲しいですね!西岡がショートオッケーということになればドラフトの編成も大きく変わってくるので

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)

コメント失礼致します。

先日、大和が左打席で勝ち越し打を打った試合、左の代打には「高山・福留」がいましたが、右の代打の筆頭候補が「俊介」でした。

西岡ならば、左右関係なく終盤のチャンスメイクでもここイチでも相手からすれば非常に嫌な雰囲気をもった選手だと思いますので、今は代打の切り札としてベンチにおいておくのがいいと思いますね。

阪神はまだまだレギュラーを固定することなく、「その日、勝てる確率が一番高い布陣」で挑んでほしいです。首脳陣やスコアラーなど、その日の対応・対策などとても大変だとは思いますが、そういった起用の中で「こいつだけは使いたい」「こいつでダメなら仕方ない」と思わせるアピールをする選手が出てくれば、それに任せればいいと。

D5位の糸原にしても、31歳の桑原にしても、田中・佐々木回避の大山・小野指名にしても、金本監督の慧眼は素晴らしいものがありますので、最終的には信頼して期待して応援するだけです。

ただひとつあるとすれば、コーチです。


★後半戦への期待(コーチ編)を期待しています!!

「阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(野手編)」へのコメント

コメント失礼します。

西岡ですが、昨年もセカンドの守備は範囲を含めて怪しいものがあり、ましてや今年は故障明けですので、ショート起用には不安を感じます。センスの塊ですので、難なくはこなすとは思いますが、大和糸原ともに直近で打撃の結果を出しましたので、しばらくは使ってほしいなと思います。西岡にはまず代打での起用からで慣れてもらいたいです。ただアキレス腱をやってショートを守った選手って今まで記憶がないので、そういう意味では西岡には期待するところがあります。

荒木の1番スタメンは1試合ありましたね。出塁した時に良い走塁を見せ勝利に貢献しました。たまにはスタメンで使ってほしい気がします。本文にもある通り、劣勢時になかなか動かないので、打線停滞時に使うといいなと思います。

こんな記事も読みたい

突きつけられた現実、確かな力の差【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

2017年オールスター初戦、ドラゴンズ戦士の活躍、ちょっと、あったかなあ?その他、雑感。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

* アレはいらんね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

jagdtigerの私的考察 陽川選手【虎フリーク】

阪神タイガース 前半戦終了 後半戦への期待(投手編)【ラテンアメリカの虎】

野球が出来る幸せを、野球を見れる喜びを、いつまでも。【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

二桁勝利に挑む【トラコ好きの虎男】

7/11・7/12 対中日戦(倉敷・甲子園)ダイジェスト~今度こそ打線復調か?~【愛媛の虎党の呟き】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:6052
  • 累計のページビュー:1997866

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  4. 阪神タイガース 一塁手補強
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss