ラテンアメリカの虎

糸井獲得の是非

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本シリーズも終わりストーブリーグ突入です。 ドラフトではびっくり且つぐだぐだと文句を書きましたがもう過去のこと、大山君と小野君の活躍に期待しましょう。まずは神宮大会ですかね(T横山、G桜井をみると余り参考にならなそうですが)。早速大山君はHRを打ちましたね!!M佐々木は流石の安定、田中はどうした。。。。小野君は球がすっぽ抜けがちの過去の動画しか見てないですが、ドラフト前の秋はよかったようなのでどういう風に成長しているか楽しみです。

さて、いよいよストーブリーグがはじまり、まずはFA戦線です。連日報道が流れていますが、既に残留を決めた選手もおり、これから一週間の宣言→交渉が見ものです。わが阪神に関しては連日糸井選手獲得に向けた報道が為されていますが、阪神獲得の是非を考察してみたいと思います。

まず、糸井選手のスペックについて。打撃に関しては打率(.301)・出塁率(.398)・OPS(.849)・得点圏打率(.313)共に文句のつけようがないでしょう。また好不調の波が少ないのも評価ポイント、更に左の中距離打者という観点でも、甲子園に合う選手。走塁面も35歳で盗塁王とこちらも阪神弱点の一つである機動力をカバーでき、50盗塁とは言わずも30盗塁はしてくれそうです。今年の阪神は特に1・2番の出塁率が悪く、福留が過去最高の成績を収めたにも拘らず、打点がたったの59しか稼いでおらず(HRが少ないのはあるにしても)、一番に座ってもらえると打撃面・走塁面とも大いなる相乗効果が期待できます。

特に走塁面は阪神の場合盗塁能力と出塁率を持ち合わせてる低い選手が少なく(横田・江越・大和etc…)、及第点は上本(守備難・怪我多い)くらいで、いずれにせよ不調の鳥谷がチーム盗塁王、二位が西岡というのはどうしようもない状況です。更に、金本阪神はクリーンナップ候補の育成に注力しており、伝統的に阪神に多い粘り強く、野球を知っている1・2番タイプは後回しにされている感があります。これはこれで構わないと思うし、小兵タイプの平野コーチを上に上げたのはこの部分を改善する狙いもあるのでしょう(平野は盗塁下手だったけど)。

スペックに関して懸念点は、年齢と守備でしょう。年齢に関しては、アスリート型選手ということもあり、ここ3年くらいはまだまだやってくれるのではないでしょうか。金本もFAしたのは同じような時期でしたし。問題は守備面ですが、2015年の膝の怪我の影響で今年もDHでの出場も多く不安な部分、さらに守備指標も下がっていますが、一方で盗塁王を取るほど足は回復しており、天然芝の甲子園を本拠地にすれば中堅は難しくとも両翼はきっちりやってくれるのではないでしょうか(今年は怪我の原因になりやすい守備で無理をしなかったと考えたい)。まあ、このあたりはしっかり調査してほしいですな。

ということで、来年度の戦いにおいては糸井選手の獲得は、打撃面・出塁面・走塁面ともに大きく貢献してくれると思います。

一方で、今後の編成面はどうでしょう。今年の開幕は、左翼:高山、中堅:横田、右翼:福留で始まりましたが、中堅はその後、江越・中谷・大和・板山・緒方etc…色々な選手を試したものの定着には及ばず、狩野・俊介・柴田がスタメンに引っ張り出されるという状況にもなりました。一方で、中谷・横田に関しては過去最高の成績を残しており、板山・江越に関してもまだ伸び代が期待できる状況(江越はもっと期待してたが)、もう一年みたいなという気持ちはあります。但し、彼らには来年40歳の福留の休息日や、DHのある交流戦、対左時のスタメンでチャンスは訪れるでしょう。今年よりチャンスは減りますが、それは今年十分に結果を残せなかったからで仕方のない話。福留がスタメンを張れるのがコンサバに考えて来年までと考えると、やはり獲得は正しい選択に思えます。(本当は高山・江越・横田のスタメンが見たいんだけど)。守備面は来年高山を中堅にするとファイアーフォーメションですが、江越・横田あたりが再来年中堅取れれば、左翼糸井、中堅横田/江越、右翼高山で、中々の守備体系になるでしょう。糸井を凌駕する成績を江越/横田が残してくれればお金の無駄にはなりますが、これはこれで万々歳。とにかく福留劣化に対する早めの手当てという観点では最高の補強でしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

糸井獲得の是非

コメント有難うございます!トラ吉大先輩ですね。
当方関東出身者なので、関西出身者を厚くしてほしいという気持ちは余りないのですが(地元チームという観点がないので)、プロ野球は関西出身の一流プレーヤー多いですよね、古くはPL、最近では履正社、桐蔭と。

清宮君はお父さんも本人も阪神ファンなのでぜひ来てほしいのですが、履正社安田君に行って巨人と東西を分けるのも面白いですね。

糸井獲得の是非

コメントありがとう御座います。
入った選手には全員活躍して欲しいし、2軍が好きな方は、全員成長する前提でスタメン組んじゃったりしますよね。自分もそうですがその妄想もファンの楽しみなのでよいかなと思います。

勿論名前を出さなかった、中谷、陽川、江越、板山、緒方、梅野、坂本にも期待しています!
中谷は高山・北條・原口の影に隠れ目立たないですが、管理人特に期待の選手です。去年をみても、漸くチャンスをもらえ打撃・守備ともに成長しており、穴も少なく大きく育つんじゃないかと思っています。一方で、他の選手は陽川(外角穴多し、守備難)、江越(ストライクにバットが当らない)、緒方(小兵タイプにしては打撃粘れない、守備確実性低い)、梅野(打撃伸び悩み)、坂本(スケール感に乏しい)感じで、勿論成長して欲しいですが、フェニックスにいかなかった組(高山・北條・原口・中谷)に比べるとステップを確実に上っている感じがせず、気弱なファンとしては余り来期は期待しないで観ています。一番分からないのは板山ですね。顔の似ている平野のようになるか、便利屋で終わるか。植田・横田は確実にステップを上っていますが、再来年以降に期待です!

原口は是非捕手で大成して欲しいですね!肩・腰が万全になることお切望してます。今キャンプでも可也慎重にやっているようですし、首脳陣も大事に使ってるでしょう。

糸井獲得の是非

虎キチ40年の私ですが、今後のNPBを考えると清宮は巨人でいいんじゃないですか。
早実出身のエリートだから、イメージが巨人。関東出身でも雑草の掛布とは違う。
デビュー戦で晋太郎が4三振奪ってくれるでしょう。
同じくイメージで宮台はロッテ。

中田のFAによる奪取は大賛成。桐蔭やしね。キャプテンシーもある(少しチャラいが)
宇宙人と呼ばれる糸井とは違い、性格面でチームにも貢献しそう(兄貴のイメージ)

なんで寺島を取りに行かなかったのかな。江夏みたいになったのに。
育成中心になる必要はないんやけど、関西圏の選手は厚くしてほしい。
ひそかに山田哲人のFA奪取を希望してます。あいつ豊岡出身やしね。
でも本人は「東京の女は綺麗やな~」と浮かれとるらしいです(yahoo情報)


糸井獲得の是非

とても素敵なスタメン拝見していました。
横田、植田、清宮、中田、、、
多くの選手に成功してもらいたいのですが、実際成功できるのは一握りですね。
だから、自前で選手を育ててもらいたいと思います。

名前の無かった中谷、江越も良いもの持っていますね。
何が足らないのでしょうか。

あと原口は肩や腰の状況さえ問題ないなら日本を代表する捕手になれると思いますが。如何?
糸井は阪神に来るような気がします。若手は乗り越えなくてはならないでしょうね。

こんな記事も読みたい

岸はまだまだ西武に不可欠か?【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

横浜DeNAベイスターズ 今オフの最大の焦点は山口投手ですね【とりあえず、ベイスターズ】

夢の舞台・幻の対決【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

金本監督は阪神の新陳代謝化を貫け!【横浜発!カズ大橋のプロ野球放談】

* 日本シリーズが終わって、これからが長いわ(笑)そんで、北條クンね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

今季追想と来季変貌へ【鳥谷敬編】【老若男虎】

第47回明治神宮野球大会への出場をかけて②【猛虎の雄叫び】

今季追想と来季変貌へ【大和編】【老若男虎】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:1102
  • 累計のページビュー:2032124

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 一塁手補強
  4. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  5. 阪神タイガース 2017年ドラフト結果
  6. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  8. 阪神タイガース 2017年ドラフト戦略①
  9. 糸井獲得の是非
  10. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss