ラテンアメリカの虎

阪神タイガース 一回り終了

このエントリーをはてなブックマークに追加


皆様いつもご覧頂きありがとうございます。

さて、広島とはもう二回対戦しましたが、とりあえず全チームと一巡しました。9勝7敗貯金2とまずまずの走り出しになりましたが、最後の中日戦は正直不満大爆発の試合が2試合続き、開幕当初機能していた打線もここの所噛み合っておらず、中継ぎにも不安が見えてきてしまい、更に作戦・継投面は昨年から全く進歩しておらず、なんとも後味が悪い中でのブログ更新となってしまいました。

取り合えず、気を取り直してここまでの感想です。


【投手陣】

開幕当初は先発陣が総崩れ、頼みのメッセも7回投げられずの状況でしたが、藤浪の好投以降、メッセ、岩貞、能見、秋山、そして中日三回戦の青柳と先発ローテ陣が安定してきました。まあ、開幕当初の雰囲気というのもあるので、ある程度想定できたといえば想定できていたことですが、ここにきて安定してきているのは非常によいことですね。一方で、能見、秋山は明らかなスタミナ不足、青柳も急に崩れる癖が直っておらず、6回QSが精々というところですので、やはり4番手投手に不安がある状況ですね。また3番手の岩貞もまだ一試合(しかも調子の悪い中日相手)しか好投しておらず、予断を許さない状況です。もう一枚イニングを稼げる投手が欲しいところですが、2軍は岩田は相変わらずの不調、小野・竹安・福永は時期尚早、守屋は被弾も多く問題外、横山くらいしか候補がいない状況です。 広島・横浜等は近年ドラフトで獲得した上位投手が活躍してる一方(広島:野村・大瀬良・九里・薮田・岡田・加藤・床田、横浜:井納・山崎・石田・今永・濱口)、阪神は岩貞くらいしか戦力になっておらず、竹安・小野は育成段階だとしても、3年目の上位指名横山・石崎の二人には今年結果を残してもらう必要有り、奮起に期待したいところです。まずは今週の巨人戦で横山が登板予定です。5番手6番手候補は秋山・青柳・能見・岩田等ある程度充実しているので、4番手に食い込めるくらいの内容を見せて欲しいと思います。

まあ、ある程度落ち着いてきたことは梅野の成長もあると思います。開幕当初は0-2から簡単に打たれたり、球威・キレで勝負する投手が多い阪神にて(メッセ・岩貞・藤浪・青柳・能見・ドリス・マテオ・藤川・桑原・岩崎・松田・高橋)、ゾーンを広く使わず厳しいコースを要求したりと、疑問に思うことも多かったのですが、昨年殆どマスクを被っていなかった以上致し方なし。4月中に各投手の生かし方をしっかりと覚えて欲しいと思います。それにしても、コントロールとコンビネーションで勝負する選手が秋山しかいないといのは中々面白いチームですね。。。二軍をみても、安藤くらいじゃないでしょうかね。。

中継ぎ陣に関しては、一番の驚きは桑原でしょう。管理人の中では既に戦力外候補だったのですが、見事な魔改造。150km/h超のストレートと、小さな曲がりに改造したスライダーが有効で、ランナーがいる場面で6/7回に登場しますが、絶対的とはいえないものの見事な投球を見せてくれています。抑えのドリス、左腕高橋も安定した働きを見せてくれています。問題はマテオ。これまで抑えてくれていましたが、決して安定した内容とはいえない状況。更に左打者に被打率5割以上と、.280程度でもよく打たれるといわれる中、正直異常です。 そして、それを大島と勝負させた首脳陣も正直異常です。挙句の果てにはビハインドで投入してBCADを起こしてしまう始末。兎に角、去年はよかったのだから左対策を急ぎ、セットアッパーとしてもう一段安定感を増してもらうが必要あります。また、岩崎・藤川・松田の使い方も定まりませんね。。 管理人の構想ではドリス・マテオorメンデス・岩崎の方程式だったのですが、岩崎の調子が上がってこない。今の使い方であれば、一度ファームに落として久保さんに見てもらい、2軍で調子のよい山本を上げ、球速は出ないが出所がみづらく一巡目では対応できないストレートを取り戻してはどうかと思います。 球児の使い方も不明ですね。2戦目でへんてこ審判のせいで押し出しをしてしまいましたが、その後は三振も取れておりまずますの内容。桑原がビハインドも含めて10試合も登板しているのに、まだ4試合。今日なんてビシエドのところでマテオ使うなら、中4日空いてる球児にすればよかったのに、本当に謎です。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

阪神タイガース 一回り終了

オリンピック大好き様

コメント及びお褒めのお言葉有難う御座います!とても励みになります!

福留から原口の提案をした途端に福留が打ち原口が止まり始めましたね(汗)。。。

今成は下でも打撃の調子がよいみたいなので、左の代打が不足している現状下今成⇔良太or荒木はありかもしれませんね。代走・守備・バント要員は糸原、大和、江越といるので、荒木は現状戦力にはなっていますが、キャンベル/今成セットと良太/荒木セットは入れ替えてもよいように思えます。

糸原を落とす手もありますが、北條に当てるショートの控えがいなくなってしまうので(7番であれば大和でもよい気がしますが、上本の守備固めがいなくなる)、糸原はキープで商ね。

上本はまさに仰るとおりで終盤イップスのように思えます。勝負所の僅差勝負の場合はさっさと大和に切り替えたほうがよいように思えますが、まだシーズン始まったばかりなので上本自身に克服してもらう手を考えて欲しく思います。

まずは、負けでも勝ちでも大差の試合できっちりと守備をこなしてもらい慣れて貰う(という年でもないのですが)、ことが大事でしょうね。

来週も左投手が濱口・今永・バルデスと続き厳しい戦いが続きますが、中谷をうまく起用してホームは勝ち越してほしいですね!

また、是非ご覧ください!

阪神タイガース 一回り終了

Tora0129様

コメントありがとうございます!
上本は悩ましいところですね。打撃面で見てみると、出塁率も高く、何よりだれよりも球数を投げさせられる選手。一方で、大和は結構淡白な打撃が目立ちます。各球団中継ぎがそこまで安定していない状況下、浅い回で先発に球数を投げさせることのできる上本は極めて貴重な存在と思います。
しかしながら、ご指摘のとおり上本はなんともちょんぼが多いことと(決して下手な守備ではないが、堅実さに欠ける)、体力・精神面のスタミナに問題があることから、終盤僅差の場面や、もしくは大勝の場面であれば即大和に切り替えることは有用と思います。打撃面で大和を戦力化することも含めて。巨人戦1回戦は5回で交代させ見事にはまりましたね。

これは糸井にも言えることだと思いますので、江越をうまく活用してほしく思います。

福留は批判した途端に大活躍ですね(汗)。見事に手のひらを返させられました。
結構各球団左投手を充ててきている現状及びベテランということも含めて、相手が左打者の場合は右打者の中谷・キャンベルをうまく使って欲しいですね。そうすれば糸井をライトに置くこともできますので。

一方で、出塁率や経験、勝負強さを考えても福留・鳥谷はまだまだ必要な存在だと思います。一回りもしたので、そろそろ柔軟な運用を検討して欲しく思いますね。

また、是非ご覧ください!

「阪神タイガース 一回り終了」へのコメント

コメント失礼します。

驚くほど私と考えが一致しており、うんうんとなりながら読みました。しかも文章が上手く、長文と感じなかったです。

采配面では、勝ちパターン継投のマテオと桑原をこの時期に無理使いをしないでほしいですね。負けてる展開でこれ以上離されたくないということなら、スクイズでもしてもう1点を取りにいってほしかったです。

盗塁やエンドラン、あるいはバスターを交えて相手を撹乱する攻撃もそろそろ必要です。打線が落ちているから点が取れない、打った時は点が取れるというのでは運任せに思います。

代打のタイプが似ている上に使い方が違うというのも本当にそう思います。ツーアウトランナー無しの荒木は無いですよね。ここで良太使わないといつ使うのって思います。その良太は2塁3塁で起用して案の定の結果。2塁3塁なら足のある荒木の方が転がせば何かが起きる期待感があります。中日の京田のように。

外野手の先発は全員守備固めが必要ですので俊介待機は概ね賛成しますが、あのバント失敗がいかにもイメージが悪いです。初めて変化球を見た選手のようです。私は鳥谷にも守備固めが必要だと思いますので、密かに今成を1度上げてほしいと思っています。

また福留が8回以降に出塁したら荒木を代走に起用してほしいです。なんせ各駅停車でワンヒットでかえってこれないのは痛いです。

打順についても書かれてましたが、素直にいいやんと思いました。原口4番は本人も辛い思いをすることが増えると思いますが、どうせ近い将来通らないといけない道なら、福留糸井がいるうちに据えるのも手かなと思います。

上本は1番タイプだと思いますがいかんせん守備が。それと上本のエラーはなんか7回以降の勝負所で多い気がします。本人も意識していて、余計にエラーをしてしまうんでしょうね。

それでも若手が出るだけで満足してた昨年よりは前進している気がします。その分イライラ、ハラハラもしますが楽しみも増えましたね。

長々とすいませんでした。

阪神タイガース 一回り終了

記事読ませてもらいました!
面白い記事でいろいろ賛同しました。
中でも守備の話は同じ意見なのでコメントさせてもらいます
去年もそうですが・・守備で負ける試合が他球団に比べおおすぎるのが気になりますね。。
別にファインプレーを望んでるわけではなく普通にとれるもしくは、普通にアウトにできる時は確実にアウトにできる選手をつかってほしいです。
私の考えではセンターラインだけは守れる選手を使うべきだと思っています。
そのほかは打撃優先でいいと思いますが・・・
大和を使うべきだと思っています。センターもしくはセカンドでしょうか・・
センター糸井は守備範囲が狭すぎます。
セカンド上本は数字に表れないエラーがおおすぎます
センターラインがしっかり守備できるチームじゃないと優勝はできませんので・・ぜひお願いしたいですね

次に打撃陣のお話ですが福留、鳥谷は必要でしょうか?
私はライト糸井で福留は控えでいいと思ってます。
速球をうてない現状では若手がでて打てないほうが納得がいきます
鳥谷は功労者ですので目をつぶりますが、調子がいいといっても試合を決めれる選手ではありませんし
守備もずいぶん衰えています。
去年のようにまだまだ若手を使いながら打てなくても負けても今後期待のできる試合が見たいものです。
コメント長々としてすいませんでした!
また面白い記事のせてください。
楽しみにしています


こんな記事も読みたい

対戦相手1巡しての感想【トラコ好きの虎男】

大野雄大のこれからについて【ドラゴンズ復権の第一歩はここから】

安部友裕 時は来た【4/20 対横浜戦3回戦】【及ばぬ鯉が滝登り】

青柳の好投に報いることができなかった打線。【愛媛の虎党の呟き】

現地寒戦【言うはヤスシ】

裏目に出まくった試合【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

去年もこのナゴヤドームから阪神はおかしくなった…【じぃちゃん譲りのトラ命(^^)】

相手ありきの戦いではなく、自分たちの野球を。【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

ブロガープロフィール

profile-iconbratora

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1547619

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 阪神タイガース 理想の阪神打線と守備位置
  2. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【投手編】
  3. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【外国人編】
  4. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【捕手編】
  5. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【二遊間編】
  6. 糸井獲得の是非
  7. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【まとめ&おまけ/首脳陣(一軍)編】
  8. 阪神タイガース 2017年以降の編成と補強の必要性 【一/三塁手編】
  9. ドラフト会議と金本監督/フロントの覚悟
  10. 阪神タイガース 背番号シャッフル

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2016
11
10
2015
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss