高校、ドラフト、MLBなど(仮)

K/BBから注目するドラフト候補

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、ドラフトが近づいてきたわけなんですが 毎年ドラフト候補を見るときはですね 投手も野手も「三振と四球」に注目するんです

投手は言わずもがな、好投手は当然の如く三振が取れて四球が少なく 野手も三振少なく四球が多く、であればあるほど上のレベルへの対応が早い、と考えられる 良い数値を残している選手を挙げてみたいと思います

(※大学生の4年秋の数字はリーグ戦途中までのものになっています)

注目1(仙台大・馬場皐輔投手)右腕 180センチ・90キロ

大学3年以降…89回 118奪三振/19四死球

神宮優勝〜春夏甲子園出場した2013仙台育英で投手二本柱の一人だった投手。 当時は三振は取れるがコントロールが荒れてる印象だったんですが、大学では3年春以降四球が激減して圧倒的な数値を残してます

地方リーグであることを考慮してもなかなかこれほどの圧倒的な数字は見られない。うむ、ただただ凄いですな これはドラ1でしょう

注目2 (亜細亜大・北村拓巳遊撃手)右投右打 181・83

3年春以降 162打席 22三振/44四死球

3年春からのレギュラーでサンプルは少ないんですが 三振は少なく、四球は多い、OPSは高い… 早大時代の茂木(現楽天)を彷彿とさせる濃い内容を残しています

最後の秋も打率は.269なのですが2三振/11四死球と圧倒的な選球眼を発揮している。 守備力の評価がどの程度なのか未知数ですが、もっと騒がれていい選手でしょう

注目3 (日立製作所・菅野剛士外野手)右投左打 173・83

大学時代 303打席 33三振/55四死球

明治で高山(阪神)と共に下級生時からレギュラーを張っていた選手。 社会人でも1年目で社会人ベストナイン獲得、全日本でも中軸を打っています

大学のときから高山とOPSは同じくらいで三振率と四球率は高山より優秀だった。 (高山は404打席で59三振/37四死球)

タッパがないこと、守備が両翼であることが嫌われたか大学のときは指名漏れしましたが 是非上で見たい打者ですね

注目4 (石川ミリオンスターズ・寺岡寛治投手)右腕 180センチ・85キロ

59回 82奪三振/28四死球

東海大五(現・東海大福岡)のときから149キロ投げて有名投手でしたが 故障〜野手転向を経て投手として155キロ投げて復活。 四球は多いが奪三振能力は非常に高く、プロでも短いイニングなら少々四球出しても速球ゴリ押しで抑えるイメージがわく数値です

注目5 (立命館大・東克樹投手)左腕 170・78

大学4年春秋 82回 104奪三振/9四死球

もうすでに少なくともハズレドラ1は確実、ひょっとしたら単独も、という評価なので最後になりましたが とにかく4年の投球は無双、という言い方が相応しい内容でした。 3年までは四球の少ない好投手、というイメージだったんですが最終年で一気に伸びた。エグいですな

個人的に北村、菅野の両野手に注目しています 特に菅野選手。野手薄いとこが獲ったら面白いと思うけどなあ?

(YouTubeで高校野球、ドラフトについて放談しています。関心ある方 ご一見ください〜 https://m.youtube.com/channel/UCaJvsGmob8l3ljLMZYn07iA)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
プロ野球
高校野球
タグ:
ドラフト プロ野球 高校野球 大学野球 社会人野球

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年広島東洋カープ「CSのリアル」【関東鯉人、ブログ始めました。】

スポナビブログ終了に下剋上完結【アナグラム的分析ラボラトリ】

筒香が二打席連続弾、横浜は強かった ホームランを打てる打者っていいな【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconbotv2014

野球(高校野球、MLB、阪神)が好きな芸人&動画投稿者です
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:12309

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017ドラフト・シミュレートしてみた動画&雑感です
  2. K/BBから注目するドラフト候補

月別アーカイブ

2017
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss