ジョルディのバルセロナ通信

月別アーカイブ :2012年03月

31日のスペイン紙:ペップ対ビエルサ!

3月31日付けのムンド・デポルティーボ紙。タイトルは「巻き返しの夜」。 今夜はスペイン時間で20時からオサスナvsレアル・マドリード戦、22時からバルセロナvsアスレティック・ビルバオ戦が行われるので、2試合の結果次第でマドリードとバルセロナの差が再び縮まる可能性があり、それを踏まえてのタイトとなっています。もちろん結果によっては差が開く可能性もあるわけですが。。。 もう一......続きを読む»

CL:ミラン対バルセロナ ミランが故意に水をまかなかった?

28日に行われたチャンピオンズリーグのミラン対バルセロナは0-0のスコアレスドローに終わっています。 今回の試合でまず注目されたのがホームのミランがアウェーユニフォームで登場したこと。ミランがこれまでタイトルを獲得した際にアウェーユニフォームを着用していたことが多かったことに縁起を担いだようです。 バルセロナは序盤こそミランのプレッシャーに苦しみましたがその後はボールを支配。しかしミラン......続きを読む»

バルセロナ:チアゴのカード取り消しの真意は?

先日、ビジャレアル戦で2枚のイエローカードで退場処分となったセルヒオ・ラモスの次節の出場停止が取り消される決定がありましたが、バランスを取るためなのか今度はバルセロナのチアゴの警告が取り消されています。 セルヒオ・ラモスはビジャレアル戦でイエローカードを2枚受け退場処分となりましたが1枚目のカードが適切ではなかったということで取り消され次節のレアル・ソシエダ戦(5-1)への出場が可能になってい......続きを読む»

チャビ母「ミランに移籍したらお父さんと離婚よ」

今日はチャンピオンズリーグのミラン対バルセロナがありますが、この機会にチャビ(バルセロナ)が10年以上前にミランへ移籍する可能性があったというエピソードを紹介します。 チャビはバルセロナから車で1時間程のテレッサという街の出身。12歳で既に頭角を現していた彼に対してバルセロナはオファーを出しますが、その年で親元から離れてマシア(選手寮)に入ることにチャビの母親が大反対し交渉が難航した経緯があり......続きを読む»

バルセロナ:ミラノ遠征とその他の話題

28日にチャンピオンズリーグの準々決勝・第1戦のミラン戦を控えたバルセロナは、アウェーのマジョルカ戦(0-2で勝利)の後、25日はオフに充て26日から始動、27日にミラノへ前日移動する予定となっています。 また、本来であれば試合の翌日に帰路に着くところですがスペインで29日にゼネストが行われる予定なので交通機関の混乱を考慮してバルセロナの選手団は30日にバルセロナに戻ってくる予定となっています......続きを読む»

マジョルカ0-2バルセロナ:ペップ「6ポイントは大きな差」

3月24日のリーガ第30節マジョルカvsバルセロナ戦は0-2でバルセロナが勝利していますが、レアル・マドリードも5-1でレアル・ソシエダに勝利しているので両チームの勝ち点差は変わらず6ポイントとなっています。 この2試合、戦前からマジョルカ戦は苦戦が、レアル・ソシエダ戦は完勝が予想されましたがその通りの試合展開となっています。ホームでめっぽう強いマジョルカですが、今回の試合を見ると芝の質や長さ......続きを読む»

後世、確かに言えるかもしれない「私はメッシのプレーを見た!」

22日のスペインのムンド・デポルティーボ紙はマドリードの引き分けよりも大きく、「私はメッシのプレーを見た!」というタイトルを表紙に使っています。 ページをめくるとチャビやイニエスタを始め、多くの関係者がそれぞれメッシのユニフォームを持った写真が掲載されていました。チームメイトまでがこれから数十年後に今を振り返って「私はメッシがプレーするのを見た!」と誇れるくらい、メッシという選手は不......続きを読む»

マドリードの2引き分けと審判問題

バルセロナが5-3でグラナダに勝利した翌日の21日、レアル・マドリードはアウェーのビジャレアル戦で1-1の引き分け。バルセロナとの差が6ポイントまで縮まっています。 レアル・マドリードは自力で勝りこの試合も大量得点かと思われましたが、多くのチャンスをフイにしたロスタイムにマルコス・センナに直接フリーキックを決められ同点で試合を終えています。前節のカソルラ(マラガ)の同点弾と同じくロスタイムのゴ......続きを読む»

メッシのゴール記録更新とクラブの歴代記録369ゴール

この1週間は週の半ばにリーガがあったのでスペインのサッカーファンにとっては目まぐるしい7日間でした。 20日にはマドリードに先立ってバルセロナがグラナダに5-3で勝利。セットプレーでのピケのマークミス、アウベスがPKに値するファウルを2度犯しホームのカンプノウで珍しく3失点を喫していますが、一方でメッシが3ゴールを決めクラブの歴代公式戦ゴール数で1位になっています。翌日の新聞は何よりもこの話題......続きを読む»

バルサ、中1日でのミラン戦が回避へ

20日にリーガ・エスパニョーラの第31~34節の日程が発表され、バルセロナ対アスレティック・ビルバオが3月31日(日本時間4月1日5時)に開催されることに決まりました。 チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの日程の関係で29日にドイツで試合を行うアスレティックに配慮し4月1日に同試合が開催される可能性がありましたが、そうすると4月3日にミラン戦を控えるバルセロナにとっては中1日での試合とな......続きを読む»

バレンシアの火祭りでモウリーニョの目突き人形が登場

クラシコでモウリーニョ監督(レアル・マドリード)がビラノバ副監督(バルセロナ)の目に指を突き立てた件はあまりにも有名ですが、19日に行われたバレンシアの火祭りではその目突きを模した人形が登場しています。あの目突きのインパクトの大きさはお祭りにまで影響するんですね。 当時、レアル・マドリードのウルトラスは目突き後に「モウの指が指す先に我々の道がある」という横断幕を掲げ、あまりの不謹慎さに後日......続きを読む»

記録修正!メッシはあと1ゴールで歴代タイ

今季のバルセロナで注目されていることの1つがメッシが歴代最多ゴールを記録することですが、現在1位のセサルのゴール数が235から232に修正される珍事が起きています。 ラテンの国らしい出来事ですが全国紙ラ・バングアルディアの資料担当者がセサルのゴールを再集計したところ19日までにこれまでの集計ミスが判明。FCバルセロナも当時の新聞などの報道ではなく審判による試合記録を再集計したところこのミスを確......続きを読む»

19日のスペイン紙の紙面「リーガはまだ生きている」

18日に行われたレアル・マドリード対マラガは終了間際のカソルラ(マラガ)の直接フリーキックが決まり1-1の同点。しばらく続いた首位レアル・マドリードと2位バルセロナとの差10ポイントが、今回の引き分けで8ポイントに縮まっています。 これを受けて19日付けのムンド・デポルティーボ紙の表紙は「HAY LIGA(リーガの優勝争いはまだ生きている」と報じていますが、8ポイント差というのは......続きを読む»

セビージャ0-2バルサ 舞台裏の話題

日曜日にマラガ戦を戦うマドリードにさきがけ17日にアウェーでセビージャと対戦したバルセロナはチャビのFKとメッシのループシュートで0-2で勝利。一時的に首位マドリードとの差を7ポイントにしています。しかし試合後の会見でグアルディオラ監督は首位との差が注目されることを牽制しています。 グアルディオラ監督のコメント 「前にも言ったがリーガ優勝の可能性について語る必要はない。バルセロ......続きを読む»

バルセロナ:ミラノ、ロンドン、ミュンヘン経由で欧州制覇!

17日付けのムンド・デポルティーボのタイトルは ミラノ ロンドン(or リスボン) ミュンヘン このようにメディアが3つの街の名前を並べるやり方は2009年のチャンピオンズリーグ決勝で初めて目にしました。当時、ローマでの決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦することになっていたバルセロナですが、メディアはそれまでバルセロナがチャンピオンズリーグを制したロンドン(1992)......続きを読む»

バルサ対ミランはELの影響で中1日の強行軍?

チャンピオンズリーグの抽選が発表されましたが、FCバルセロナは準々決勝でミランと対戦する際にヨーロッパリーグの抽選結果にも影響を受ける可能性があります。 バルセロナは4月3日にミランとの第2戦を戦う日程になっており3月31日もしくは4月1日に行われるリーガのビルバオ戦を31日に開催できるのが理想ですが、ヨーロッパリーグを戦うビルバオが3月29日にシャルケ戦を戦うため31日への変更はビルバオ側に......続きを読む»

チャンピオンズリーグ抽選:バルセロナはACミランと対戦!

パリ時間で12時(日本時間20時)から行われていたチャンピオンズリーグの抽選が決まりました。 マルセイユ              ベンフィカ バイエルンM              チェルシー        準決勝 決勝 準決勝 アポエル               ミラン R・マドリード             バルセロナ ムンド・デポルティーボが出した対戦......続きを読む»

バルセロナ:アビダルが生体肝移植のため離脱

15日にFCバルセロナはフランス代表のエリック・アビダルが生体肝移植の為の準備を始めた事を発表しています。 □バルセロナの声明 アビダルは数週間後に肝移植を受けることになる。肝腫瘍の摘出後の回復は順調だったが、一方で1年前から肝移植の選択肢は考えられていた。FCバルセロナは今回の手術にあたって同選手のプライバシーが尊重されるように関係各機関に要望します。 アビダルの手術......続きを読む»

バルサのカンプノウを散歩しよう

昨日、仕事帰りに久しぶりにカンプノウを通ってきました。 カンプノウは私の店の事務所から徒歩数分の距離なんですが、近いと逆にあまり行かなかったりもするんですね。 事務所を出て1分ほど、道路の先にカンプノウが見えてきました。 次のホーム試合であるグラナダ戦のチケット販売告知がしてあります。 (Acces18) 夕日に照らされたカンプノウがきれいです。 ......続きを読む»

グアルディオラの契約延長とビラノバの健康状態

FCバルセロナは11日のラシン戦に勝利後、2日間のオフを取っていますがスポンサーのイベントに参加したチャビがグアルディオラの契約延長が遅れている事に触れています。 チャビ・エルナンデスのコメント 「グアルディオラはロッカールームでチームをまとめているリーダーだよ。彼は就任してから戦術面とメンタル面で選手達を鍛え上げバルサを常勝軍団にした立役者だ。選手達は彼が契約更新をしない状況を想定していな......続きを読む»

メッシ「バルサにとって僕よりもペップの方が重要だ」

依然として契約更新を行っていないグアルディオラ監督ですが、EAスポーツのイベントに出演したメッシがFCバルセロナにとってのグアルディオラ監督の重要さを語っています。 メッシのコメント 「FCバルセロナにとって僕とグアルディオラ、どちらが重要かだって? グアルディオラだよ。彼は監督に就任してからそれまでの全てを変えたんだ。クラブが長期で掲げているプロジェクトにとってグアルディオラはなくてはなら......続きを読む»

モウリーニョのシーズン後の去就は?

数週間前にモウリーニョ監督(レアル・マドリード)が突如ロンドンに姿を現した後から同監督の来季の去就が連日大きく取り上げられています。 チェルシーの監督に再就任する準備として新居を準備しているのでは?というのがメディアの憶測でしたが、一方でモウリーニョ監督はチェルシーを率いた時期に既に2つのアパートを購入しているので来季を睨んで急いで新居を購入する必要はありません。モウリーニョ監督はロンドンに赴......続きを読む»

モウリーニョとの比較を拒否するグアルディオラ

先週一週間はピケのスポルティング戦での退場&抗議の発言が口火となり、審判の問題が大きく取り上げられた週でした。 審判部のサンチェス・アルミニオ会長がピケの「退場は事前に決められていたものだった」という発言に怒りリーガを管轄する協会の競技部にピケへさらなる制裁を求めましたが、処分は最終的にレッドカードによる1試合のみとなりました。 今回の騒動でバルセロナが問題視したのは審判部の2重スタンダ......続きを読む»

リーガ:今節の新聞の見出し

今節のリーガはマドリードがベティスに、バルセロナがラシンにそれぞれ勝利して勝ち点差は変わらず10ポイント。 土曜日に行われたベティス2-3マドリードでは前半は攻守の切り替えが激し過ぎイトゥラルデ主審が腿を負傷。普段は3部の審判を務めている第4審判が後半の笛を吹くというトラブルがありました。 戦力で劣るベティスは何とか2ゴールを決めましたがマドリードは自力で勝り3ゴールを決め逆転勝利。なお......続きを読む»

バルセロナ:ラシン戦の控えは全員カンテラ?

11日にアウェーのラシン・サンタンデール戦を戦うバルセロナは10日に現地入りしています。 今回の遠征では医師からのゴーサインが出ていないプジョルも帯同しているので試合直前まで出場の可否を見極めるものと見られます。先日お伝えした通りバルセロナは負傷や出場停止でセンターバックが不足しており、今回のラシン戦では元のポジションが中盤であるマスチェラーノとブスケッツがセンターバックを務める可能性が高くな......続きを読む»

バルセロナ:センターバック不足で臨むラシン戦

3月11日にリーガ第27節のラシン・サンタンデール戦を戦うFCバルセロナですが、予想される守備陣の欠員から最終ラインのメンバー選考が注目されています。 前節、スポルティング・ヒホン戦で退場処分となったDFジェラール・ピケが1試合の出場停止となりましたが、プジョルも体調が万全でなくアビダルも間に合わない可能性が高いためセンターバックが手薄な状態です。 バルセロナはアルゼンチン代表のハビエル......続きを読む»

国王杯の決勝会場はアトレティコのカルデロン

3月6日にスペインサッカー協会で開かれた会議で国王杯決勝の会場がアトレティコ・マドリードのカルデロン競技場に決まりました。この会議にはバルセロナとアスレティックからそれぞれ代表者も出席しています。 本来であればもっと早く会場が決まっているはずでしたが、今季はシーズン前に決勝の会場を決めなかったためファイナリストが出揃ってから調整が始まり今回の決定となっています。 FCバルセロナとアスレテ......続きを読む»

バルセロナ:レバークーゼン戦プレビュー

さて審判問題は脇においておいて、肝心のサッカーはと言うとチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦セカンドレグが順次行われます。 バルセロナは7日にレバークーゼンと戦いますが、アウェーでの1-3のアドバンテージを生かせるでしょうか。3日のスポルティング戦で足を痛めたアレキスは欠場が確定していますが、軽いランニングを開始するなど復帰に向けて調整しています。負傷中のアビダルはジムでのトレーニング......続きを読む»

リーガ:尾を引く審判問題

今日もリーガの一番大きな話題は審判問題。 スペインサッカー協会の審判部のサンチェス・アルミニオ会長が改めてピケの処分を競技部に求めたのに対しフローレス競技部会長は「まだ試合の報告書や訴えを見ていないから何もいえない」とコメントしています。 この物議の焦点は審判の誤審ではなく、審判に対する発言や行為への対応の違い。レアル・マドリードとバルセロナは誤審による利益、不利益を共に受けている訳です......続きを読む»

審判部のアルミニオ会長「ピケを訴える」

3月3日に行われたリーガのバルセロナ対スポルティングでは3-1でバルセロナが勝利しましたが、バルセロナ陣営から見ると勝利でも覆いきれないほど審判の誤審が目立った試合でした。 前半はケイタがエリア内でジャンプした際に後方から押され転倒したプレーとアウベスがエリア内で斜め後方からのタックルで転倒したプレーでノーホイッスル。 これに対してピケがハーフタイムに審判にケイタが倒されたプレーについて......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:236
  • 累計のページビュー:8840936

(12月12日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss