ジョルディのバルセロナ通信

月別アーカイブ :2011年11月

今年のカタルーニャ選抜の相手はチュニジア代表

年末のカタルーニャ代表の対戦相手がチュニジア代表に決まっています。試合はモンジュイック・オリンピック競技場で12月30日19時キックオフ。 カタルーニャ代表は公式には「州代表チーム」ですがスペインからの独立を目指すカタルーニャの象徴として、カタルーニャ・サッカー協会は年に1度の試合に「1国のフル代表」を招待し「国際試合」という形式を実現することを前提にマッチメイクをしています。 これまで......続きを読む»

クラシコ前のイエローカードの消化

リーガ第14節はマドリードがアトレティコに4-1で勝利し2位のバルセロナがヘタフェに1-0で敗れた結果、勝ち点差は6点となりました。その一方で注目されているのがクラシコ前にイエローカードの累積をどう解決するかという問題。 リーガではイエローカードの累積5枚で1試合の出場停止となりますが、スペインでは「累積カードをきれいにする」という表現で意図的にカードをもらいに行く行為が公然と行われていま......続きを読む»

バルセロナ敗戦!ペップ「サイドを上手く使えなかった」

リーガ第14節ではバルセロナがアウェーのヘタフェ戦を1-0で落とし今季初黒星を喫しています。 過密日程の中にいるバルセロナはクラシコと日本遠征を控えプジョル、セスクを非招集にし温存。バルセロナは圧倒的なボール保持率で試合を支配するもののサイドへの展開に欠け、一方のヘタフェはカウンターアタックから得たコーナーキックをゴールに結びつけ1-0の勝利を勝ち取っています。 グアルディオラ監督のコメ......続きを読む»

モウリーニョがライカールトの後任の座を狙っていた

FCバルセロナのラポルタ前政権で副会長を務めたイングラ氏が地元のテレビ番組「エフェクティバメンテ」(Esport3)に出演し当時のトップシークレットをいくつか紹介しています。 その中で注目を浴びたのが2008年にライカールト前監督の退任が濃厚になった際に、モウリーニョ監督がバルセロナの首脳陣にコンタクトを取ってきたというエピソード。 マルク・イングラ前副会長のコメント 「ライカールト前......続きを読む»

バルセロナ:ペップ「サンシーロで勝てたのは名誉なことだ」

11月23日に行われたチャンピオンズリーグのミラン対バルセロナは、2-3でバルセロナに軍配が上がりバルセロナはグループ首位を確定させました。 これで決勝トーナメント1回戦の相手は他グループの2位となりますが、残り1試合を残してマンチェスター・シティなどの強豪が他グループで2位になる可能性が出てきています。もちろん他グループの1位もこのグループ2位のミランと対戦する訳ですから決勝トーナメントで強......続きを読む»

バルサ初の日本人選手が地元紙に

バルセロナの地元紙ムンド・デポルティーボは23日付けの電子版で日本人初のカンテラ(下部組織)所属選手である久保健英(たけふさ)君を取り上げています。 バルセロナのカンテラでは韓国人の2選手に続いて今季から入団することになった久保選手はアレビン(U-10~11)のCチームに所属しフォワードとしてゴールを量産しています。7人制サッカーのフォワードとして適切なタイミングで中盤に下がる動きも高い評価を......続きを読む»

バルセロナのビラノバ副監督が緊急手術

チャンピオンズリーグのミラン戦を控えるFCバルセロナですが、グアルディオラの右腕であるティト・ビラノバ副監督が耳下腺腫瘍の手術の為、チームから離脱しています。 22日の手術当日までマスコミはもちろん選手たちにまで伏せられたビラノバ副監督の手術は5時間を要し無事に終わっています。現場復帰まで全治4週間と見られています。 22日の9時から行われた練習の冒頭でグアルディオラから選手たちにこの件......続きを読む»

バルセロナ、ミラン戦に向けて

23日(日本時間24日4時45分)にミランと対戦するFCバルセロナの情報をいくつかお伝えします。 まず最終的にバルセロナは4700人分のチケットを確保しソシオに分配しています。一般入場を合わせれば5千人以上のバルサファンが当日のサンシーロを埋めるでしょう。 またサラゴサ戦でタックルを受け腿を負傷したイニエスタが非招集となっています。大事な一戦ですが両チームとも決勝トーナメント進出は決まっ......続きを読む»

モウリーニョの馬乗りとハンドの有無

バルセロナが僅差で勝つ週はマドリードが大勝し、バルセロナが大勝する週はマドリードが僅差で勝つ印象がある今季です。 今節はバルセロナはチーム全体が疲労しており自他共に認める内容の悪さでしたが、反撃の糸口がつかめないサラゴサに4-0と大勝。バルセロナはサラゴサとの相性が良くカンプノウで負けたのは1960年代の試合が最後。サラゴサに対するゴールもスペインで一番決めているそうです。 さてバル......続きを読む»

バルセロナが快勝 ビジャ控えの真意は?

19日に行われたリーガではバルセロナがサラゴサに4-0で勝利しています。試合前日の会見ではメッシ温存の可能性を伝えるメディアに対してグアルディオラ監督が反論する場面もありました。 試合はセットプレーからピケが先制ゴールを決めるとメッシが2点目を決め、さらにプジョルとビジャのゴールで4点と快勝。リーガ12試合で6度目となるベンチスタートとなったビジャについては「温存というよりスタメン落ちでは?」......続きを読む»

ミランがバルサにチケット4500枚を提供

チャンピオンズリーグのミラン対バルセロナ戦を控えて、ミランからバルセロナには計4500枚のチケットが回されることになりました。 4000枚はUEFAのチャンピオンズリーグ規定で義務付けられた対戦相手への提供枚数で残りの500枚はバルサの要請にミランが応じ追加されました。(TV3のスポーツニュースより) 同じ欧州でも客席の区切り方の慣習には違いがあり、スペインは対戦チームのファン用の席をス......続きを読む»

バルサ寄りのメディアがFIFAウイルスに大激怒

今回もFIFAの代表週間がスペインのマスコミの批判の的となっています。こちらでは代表週間をFIFAウイルスと呼び、その悪影響はたびたび取り上げられます。 バルセロナ寄りのムンド・デポルティーボは過密日程が負傷者増加の原因になっていると糾弾していますが、同時に収入目当てのマッチメイクを優先するスペインサッカー協会の方針も批判されています。 バルセロナでは今回はアドリアーノがブラジル代表に合......続きを読む»

アビダルの契約更改が難航

肝腫瘍の手術から復帰し活躍しているアビダルですが、FCバルセロナとの契約更改交渉は難航しているようです。 当初、アビダルは手術後の自身のプレーに納得できるまで交渉はしないスタンスを取ってましたが、体調も大分元に戻りクラブ側との交渉を再開していました。 しかしアビダルの代理人は「交渉するたびに両者の溝は開いて行く」と語っています。焦点になっているのは年俸ではなく契約年数。アビダルは2~3年......続きを読む»

コスタリカvsスペイン 2失点を挽回し引き分け

15日にコスタリカとの親善試合を戦ったスペインは、一時コスタリカに2-0とリードされましたが終盤に追い付き2-2の引き分けに終わっています。 先週のイングランド戦では第2GKのレイナが出場し今回のコスタリカ戦では第3GKのバルデスが出場していることからも分かるように、デル・ボスケ監督はこの2つの親善試合で控え選手にも十分に出場機会を与える方針のようです。 終盤のゴールはイニエスタのエ......続きを読む»

バルサの来季の補強計画がスタート?

カタルーニャの地元マスコミの間ではFCバルセロナ内部で来季に向けた補強会議が既に行われたと伝えられています。 今季獲得したアレキスとセスクについても昨季のこの時期に獲得の方針が固められシーズン終盤にかけてクラブが動いたと言われていますが、今回の会議ではグアルディオラ監督が補強を要するポジションを強化部に伝え、それに沿って1月までに強化部がグアルディオラ監督に候補者と獲得の難易度を伝えると見られ......続きを読む»

2011-12クラシコ第1戦の日程が決定

今季のエル・クラシコ第1戦(マドリードvsバルセロナ)の日程が発表されています。開催日は12月10日(日本時間12月11日朝6時)。 数シーズンぶりに第1戦がマドリードのサンティアゴ・ベルナベウ競技場で行われる今回のクラシコはバルセロナが日本でのFIFAクラブW杯に出場するため開催日が何曜日になるか注目されていました。今回の決定でバルセロナは10日に試合を行い11日の便で日本に向かうことが確定......続きを読む»

国王杯:ピント(バルサ)に再び口笛疑惑

先週の水曜日に行われたスペイン国王杯のオスピタレット対バルセロナ(0-1)の一戦で、バルセロナのゴールマウスを守ったGKピントに再び疑惑の目が向けられています。 問題となったのは前半のオスピタレットの決定機。カウンターからシュートのチャンスを得たオスピタレットのFWアロが急ブレーキをかけプレーを止めた場面。アロは数秒後、審判がオフサイドの笛を吹いていないことに気付き愕然としました。そしてその視......続きを読む»

スペイン敗戦もダメージは少なく?

国際親善試合で対戦したイングランドとスペインは1-0でイングランドが勝利。 試合を決定づけたのはイングランドのフリーキックの場面で、ゴール正面からのヘディングがポストを直撃し無人のゴール正面に跳ね返ったところをランパードが押し込みゴール。スペインは試合全般の内容が良かったことから地元メディアも「ゴールこそなかったがサッカーのプレーは良かった」と敗戦を悲観的に捉えてはいません。 FCバ......続きを読む»

国王杯:バルサが初戦で先勝

9日に行われた国王杯1回戦1stレグでバルセロナはオスピタレットに0-1で勝利しています。 アルゼンチンやブラジル代表の選手は代表合宿のため欠場しましたが、セスク、ビジャ、イニエスタ、チャビ、プジョルなど1軍の選手をスタメンに並べたグアルディオラ監督。守備を固めるオスピタレットに対してバルセロナは前半終了間際にイニエスタが決めたゴールを守り切りアウェーで0-1と辛勝。 ここからチャン......続きを読む»

バルサ国王杯、オスピタレットは勝ちを狙わず?

11月9日に国王杯の1回戦を戦うバルセロナですが、対戦相手のオスピタレットはこの試合を記念試合と位置付けているようです。 元バルサの選手であるジョルディ・ビニャルス監督率いるオスピタレットですが、同監督はバルセロナとの対戦で全選手を計2試合でスタメン出場させる予定であることを明かしています。 ビニャルス監督のコメント 「バルセロナと対戦するところまで予選を勝ち抜いたのは選手たちの手柄だ......続きを読む»

エッレーラがバルデスの無失点記録に終止符

アスレティック・ビルバオ対バルセロナ(2-2)では試合前からアンデル・エッレーラの活躍が期待されていましたが、試合ではこの試合まで800分以上も無失点記録を続けていたGKバルデス(バルセロナ)の牙城を崩す先制ゴールを決めています。 スペインアンダー代表のエッレーラは今季サラゴサから移籍。ビルバオが首脳陣交代で監督もカパロスからビエルサに代わるなどクラブ内の異動でシーズン前の補強が遅れましたが、......続きを読む»

グアルディオラ監督「ビエルサは他のどの監督も違う」

今週はカタルーニャ州は雨模様でバルセロナの選手たちも雨の中の練習を強いられた週でした。チームは土曜日までバルセロナで調整し試合が行われる日曜日にビルバオに移動。常に激戦となるビルバオとの試合に臨むことになります。前日会見に臨んだグアルディオラ監督は次のように抱負を語っています。 グアルディオラ監督のコメント 「ビエルサ監督が率いるチームというのは特別だ。試合を見に行ってそのチームのプレーを見......続きを読む»

イブラヒモビッチのバルセロナ在籍と批判

今週、09-10シーズンにバルセロナに所属したイブラヒモビッチが自叙伝を発売しその中でグアルディオラ監督を痛烈に批判したためバルセロナではその内容が毎日細切れに報道されています。 イブラヒモビッチはバルセロナで一定の結果を出しておりそれに見合う評価はされていますが、監督と上手くいかなかったために後味の悪い形で退団しておりそれが今日まで尾を引いています。 元々、イブラヒモビッチのバルセロナ......続きを読む»

ペップとビエルサの関係

今週末にバルセロナが対戦するビルバオを率いるビエルサ監督。地元紙ムンド・デポルティーボ(11月4日付け)によるとビエルサ監督とグアルディオラ監督は旧知の仲とのこと。 2人が知り合ったのは2007年。当時、現役を引退し監督としてキャリアの準備をしていたグアルディオラ監督はアルゼンチンに飛び複数の監督を訪問しています。その内の1人がビエルサ監督で、ビエルサ監督はグアルディオラを自宅に招き11時間に......続きを読む»

バルセロナ:グアルディオラ監督「難しい試合だった」

11月1日にチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節のビクトリア戦を戦ったバルセロナは、グアルディオラ監督の下では最速となる4試合での決勝トーナメント進出を果たしています。 グアルディオラ監督のコメント 「一番重要なのは決勝トーナメントへの出場を確定させたことだ。これでチームは精神的に一休憩できる。あとは1位通過を目指してミランとの試合に臨むだけだ。今回のビクトリア戦は結果は4ゴールで勝利......続きを読む»

CL第4節 メッシが202ゴール達成

11月1日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節ではバルセロナが敵地でビクトリアを0-4で下し早くも準々決勝進出を決めています。 バルセロナはメッシの公式戦2試合連続となるハットトリックで大勝していますが、メッシはこの3得点で公式戦でのゴール記録を202ゴール(286試合)に伸ばしています。 また今回の試合では0-0の状況でビクトリアのカウンターアタックを阻止したバルデ......続きを読む»

メッシが200ゴールに王手! バルセロナ5-0マジョルカ

バルセロナはメッシのハットトリックなどでマジョルカに5-0で大勝。 メッシは1960年代の英雄クバラの公式戦ゴール記録を破りましたが、今回のハットトリックでゴール数を199とし200ゴールに王手です。バルセロナの歴代得点王はセサルの235ゴールですが、メッシがその記録を破るのは時間の問題でしょう。 <ハイライト動画> CLグループリーグ第4節ビクトリア0-4バルセロナ ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:2892
  • 累計のページビュー:8829639

(11月11日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss