ジョルディのバルセロナ通信

月別アーカイブ :2011年09月

メッシが2ゴールを決めクラブ歴代2位に

28日に行われたチャンピオンズリーグのバテvsバルセロナは0-5でバルセロナが完勝。大雨の中での試合でしたが、バルセロナがクオリティの違いを見せつけた試合でした。 前日の27日には往年の名選手チュス・ペレダ(享年73歳)が亡くなったのでレアル・マドリードとバルセロナはそれぞれの試合で喪章をつけて試合に臨んでいます。ペレダはレアル・マドリード、セビージャ、そして1961~1969年の8シーズ......続きを読む»

2つの政権に板挟みのグアルディオラ

FCバルセロナの現在の首脳陣が前首脳陣(ラポルタ前会長の執行部)の使途不明な支出に対して法的処置を進めている件で、前政権を擁護するグアルディオラ監督は難しい立場にあります。 グアルディオラ監督は自身のバルセロナでの成功には選出者(前政権)の存在が必要不可欠だったと常々語っており、運営面での問題が指摘されている前政権とは先週の木曜日にラポルタ、そしてご意見番のクライフと会食をするなど現在も良好な......続きを読む»

モウリーニョがCLアヤックス戦で出場停止処分を消化

27日に行われるチャンピオンズリーグのレアル・マドリードvsアヤックスでジョゼ・モウリーニョ監督がUEFAから課せられた3試合の出場停止を全て消化します。 昨季のチャンピオンズリーグ準決勝・第1戦のバルセロナ戦でぺぺの退場に抗議し試合後にも会見でUEFAを批判したモウリーニョ監督には5試合の出場停止が課せられていましたが公聴会で上告した結果、出場停止は5試合から3試合に軽減され昨季のCL準決勝......続きを読む»

バルセロナ:ビジャ「控えに回ることはしょうがないこと」

FCバルセロナのスペイン代表FWダビッド・ビジャがクラブの公式会見でメッシやチームについて語っています。 ダビッド・ビジャのコメント 「メッシが成し遂げていることには本当に驚かされる。彼を他の選手と比較することはできない。毎回、多くの記録を塗り替え、彼自身の記録もどんどん更新している。素晴らしいの一言に尽きるね。彼と同じユニフォームを着てピッチに立てることを嬉しく思っている」 「控えで......続きを読む»

首位チームの敗戦も地元メディアはスルー

月曜日に行われたリーガ第6節のヘタフェvsベティス戦はディエゴ・カストロのゴールでヘタフェが1-0で勝利。 これまで開幕4連勝を飾っていたベティスは敗れはしましたが勝ち点12で首位を堅持。ただバルセロナの地元メディアは最初から中堅チームが上位にいることには興味がないようで、ムンド・デポルティーボは翌日の新聞で一面でベティス戦には全く触れずチャンピオンズリーグを特集。ベティス戦の記事は22ペ......続きを読む»

バルセロナ:ソシオ総会と負傷者情報

FCバルセロナの周辺情報をいくつかお伝えします。 (1)24日に行われたソシオ総会でクラブが進めている政策についてソシオ投票が行われています。議題は以下の4つで、その全てが賛成多数で可決されています。 ・ゴール裏に応援団専用のゾーンを新規に区画 クラブ側が一部年間シート保持者に席の移動を強制しゴール裏に応援団専用の区画「応援スタンド(Grada animacion)」を設置する......続きを読む»

3-4-3システムを追及するグアルディオラ監督

最近のサッカーシーンではほぼ消えかけていた3バックですが、グアルディオラ監督(バルセロナ)は自身が選手として活躍したクライフ政権下のドリームチームが使った3-4-3システムの現代版の具現を目指しています。 マスコミはバレンシア戦での引き分け、アトレティコ戦での大勝という対極の結果を前にしてその是非を棚上げにしていますがグアルディオラ監督は方針を貫くことを明言しています。 グアルディオラ監......続きを読む»

グアルディオラ「問題はシステムではない」

前節、バレンシアで2-2の引き分けを演じたバルセロナですが、マスコミが取り上げたのはグアルディオラ監督がここ数試合で試している3-4-3システムの守備の欠陥。しかし同監督はこの論調に反論しています。 グアルディオラ監督のコメント 「バレンシア戦での失点をシステムの問題として扱う報道があるがそれは違う。バレンシアは過去にもバルセロナを苦しめてきた相手であり、違うシステムで戦っても苦戦するのは同......続きを読む»

モウリーニョ「チームは危機になど陥っていない」

24日にラージョ・バジェカーノと対戦するレアル・マドリードですがモウリーニョ監督はチームへの批判を強めるマスコミに試合前日の公式会見で反論をしています。 モウリーニョ監督のコメント 「マドリードは危機になど陥ってはいない。ここにいるマスコミの方々の多くがマドリードの躓きを期待していることだろう。しかし批判の多くは新聞の販売数を伸ばすために行われているもので、サッカーを真に理解して行われている......続きを読む»

バレンシアの対バルサ戦ベストゲーム?

バルセロナ、レアル・マドリードに次ぐ有力クラブのバレンシアですが、今回の試合ではここ数年のバルセロナ戦の中でもベストゲームといえるプレーを見せたのではないでしょうか? バルセロナはペドロとセスクのゴールで追いつきましたが、マドリードも引き分けたため2チームの差は変わらず。 <その他の記事> ・スーパーカップ その後(2)暴行を報告しなかった審判 ・バレンシアvsバルサ:ペッ......続きを読む»

スーパーカップ その後(2)暴行を報告しなかった審判

「スペイン・スーパーカップのその後」について、だいぶ時間が経ってしまいましたが多くの話題があるので振り返ってみます。 第2戦(3-2/カンプノウ)の試合終盤にマルセロ(レアル・マドリード)がセスク(バルセロナ)にしたタックルをきっかけに起こった両チームの乱闘ですが、この騒ぎの中、モウリーニョ監督(レアル・マドリード)がティト・ビラノーバ副監督(バルセロナ)の目に指を突き立てたことが問題になりま......続きを読む»

バレンシアvsバルサ:ペップ「エメリ監督は卓越している」

今週は火曜日から木曜日にかけてリーガ第5節が行われます。注目はやはり上位対決となるバレンシアvsバルセロナ。 バルセロナはイニエスタが4週間の負傷を負っているので中盤の3つの枠をチャビ、セスク、ケイタ、ブスケッツ、ティアゴが争う形になります。地元紙のスタメン予想ではチャビ、セスク、ケイタとなっています。以下はグアルディオラ監督の試合前日のコメント。 グアルディオラ監督のコメント  「今......続きを読む»

セビージャ: この取りこぼしは、、、

バルセロナ、R・マドリードだけの優勝争いにならないようにその他の有力チームの健闘も期待していますが、セビージャのこの取りこぼしは痛いですね。 ところでセビージャの胸のスポンサーは撤退したのでしょうか? セビージャのデル・ニード会長がビッククラブとの経済格差解消を訴えていますが、身近ではこういう収入減もあったんですね。 <その他の記事> ・モウリーニョ監督「敗戦はケディラ......続きを読む»

モウリーニョ監督「敗戦はケディラとジャッジのせいだ

18日に行われたリーガ第4節ではレバンテがホームでレアル・マドリードを下す大番狂わせがありました。 試合はマドリードペースで始まり多くの決定機を作りますが、マドリードがこのチャンスを全て外し前半は0-0。後半、ディ・マリアのスライディングをきっかけに起こった小競り合いで審判が両チームの複数の選手にイエローカードを提示しましたが、これが2枚目のカードとなったケディラは退場処分に。 1選......続きを読む»

バルセロナ:マスコミ遮断の効果? 8-0で大勝

リーガ第4節はFCバルセロナがオサスナ相手に8-0で大勝。 前節のレアル・ソシエダ戦はチャンピオンズリーグを控え戦力を温存した結果、2-2の引き分け。メッシ等を後半15分から投入するも勝ち切れませんでした。 そして火曜日のチャンピオンズリーグではミランに開始直後とロスタイムにゴールを許しこちらも2-2の引き分け。 この2分けでオサスナ戦までの数日間はマスコミからの批判が噴出しま......続きを読む»

ネイマールが今日にもマドリードと契約?

週末のリーガの話題もそこそこに、スペインではネイマール(サントス/ブラジル)の去就が注目を集めています。 ネイマールについては夏の移籍マーケットでマドリード入りが噂されましたが交渉は合意に至らず、今冬、もしくは来夏の加入が見込まれていました。しかし移籍マーケットが落ち着いた9月になってバルセロナもネイマール獲得を検討しているという情報が飛び交いました。 情報の出元はブラジルのエスタダン紙......続きを読む»

バルセロナ、ミラン戦引き分け&イニエスタ負傷

チャンピオンズリーグのグループリーグ初戦を13日に戦ったFCバルセロナは、ACミランを相手に2-2の引き分け。 開始1分とロスタイムの失点という、決められる側からするとこの上なく後味が悪い2失点で大事なチャンピオンズリーグ初戦を引き分けています。また前半に負傷交代したイニエスタは全治1カ月という診断が下っています。 この引き分けにミランのアッレーグリ監督は「運がよかった」と語っていま......続きを読む»

グアルディオラの魔法の地下室

今回はお伝えしそびれていた先週の話題を。 FIFAの代表週間で各クラブの監督のスケジュールに余裕ができた先週、カタルーニャ自治政府は2010年のスポーツ功労章をグアルディオラ監督に授与しています。 9月9日に行われた授賞式にグアルディオラはパートナーのクリスティーナと3人の子供を引き連れて出席。 グアルディオラ監督のコメント 「私がサッカー界で結果を出してこれたのは選手時代に関わ......続きを読む»

CL:バルセロナ対ミラン イブラが負傷で欠場

13日に行われるチャンピオンズリーグのグループリーグ第1戦のバルセロナ対ミランですが、注目されたイブラヒモビッチ(ミラン)はスペインへの移動前の練習で負傷しこの試合を欠場することになりました。 09-10シーズンにバルセロナに在籍したイブラヒモビッチは1シーズンで21ゴールを決めリーガ優勝とFIFAクラブW杯優勝に貢献するも、グアルディオラ監督との確執、そしてラポルタ前政権と結んだ契約(年俸約......続きを読む»

ソシエダvsバルセロナ アレキスの負傷からバルデスのあわや失態まで

10日のソシエダ戦でエストラーダのタックルを受けて負傷したアレキスですが11日に精密検査を受けた結果、全治8週間という診断が下されています。 ソシエダ戦の前半30分に左サイドを駆け上がったアレキスに並走していたエストラーダがアレキスの足を刈る形でスライディング。この瞬間、アレキスが右足太腿の裏を抑え痛がっている映像が流されると、テレビの実況者も 「あ~、これはまずいですね。腿の裏であ......続きを読む»

バルサ、代表戦後の引き分け率50%

9月11日付けのムンド・デポルティーボの1面。タイトルは「REGALO(プレゼント)」。ソシエダに勝ち点1を与えたという意味。マドリードに与えられたPKが誤審だったことも報じています。 リーガ第3節を前にバルセロナ寄りのメディアでは代表戦のバルセロナの引き分けの多さを危惧する報道がありましたが、試合はその予想が的中し2-2の引き分けに終わっています。 グアルディオラ監督のバルセロナ......続きを読む»

バルセロナ:アビダルの契約更新は健康状態を見てから

バルセロナとの契約が更新されていないフランス代表DFアビダルですが、地元紙ムンド・デポルティーボのインタビューで契約更新が行われて理由を説明しています。 当初、マスコミはバルセロナでの引退を希望するアビダルが2-3年の契約延長を望んでいるのに対し、クラブが1年+1年延長の条件を出したため両者が合意していないと見ていました。しかしアビダルはこの件に対し契約期間や年俸の問題ではなく、肝腫瘍の手術後......続きを読む»

リーガ:セビージャで反ビック2の会議がスタート

経営難のクラブが続出しているリーガ・エスパニョーラですが、テレビ放映権料がバルセロナとレアル・マドリードに偏っていることに異議を唱えているデル・ニド会長(セビージャ)が発起人となってこの問題を解決するための会議が8日にセビージャで開かれます。 高い視聴率を得られるバルセロナとマドリードが他チームよりも多くの収入を得ることは自然ですが、この10年でその格差が年々開き他チームは運営もままならない状......続きを読む»

スペインが6戦全勝で予選突破

チーム内でバルサ勢とマドリード勢の関係がこじれかけたりといろいろ問題はあったと思いますが、まずはワールドカップ覇者の貫禄を見せることができました。 2008年の欧州選手権制覇から続いている良い流れを2012年の欧州選手権でも継続できるか注目されます。 <商品情報> 9月7日までスペイン代表マーキングが50%! <その他の記事> [[・スペイン代表......続きを読む»

スペイン代表:デル・ボスケ監督が選手たちを叱咤

2日にチリとの親善試合に3-2で勝利したスペイン代表ですが、0-2と先行された前半の出来にデル・ボスケ監督はお冠。6日の欧州選手権予選リヒテンシュタイン戦を前に選手たちの引き締めに入っています。 4日にマドリード郊外のラス・ロサスでトレーニングを行ったスペイン代表ですが練習前にデル・ボスケ監督は15分間の長いミーティングをピッチ上でしています。 システム練習などを見る限り、次戦に向けてメ......続きを読む»

セスク、バルサ加入が代表でもプラスに?

9月2日にスイスで行われた国際親善試合スペイン3-2チリでは、セスクが試合の主役となりました。 スペインの勝利を伝える地元紙ムンド・デポルティーボ(2011/9/3) これまで代表の10番を背負いながらも控えとしてベンチを温めていたセスクですが、バルセロナ移籍後にチャビやイニエスタ、ブスケッツと巧みなコンビネーションを披露したことがデル・ボスケ監督の目に留まったのではないでしょ......続きを読む»

スペイン対チリ:チリ代表のホテルが窃盗に遭う

9月2日に行われた国際親善試合スペイン3-2チリですが、チリ代表が宿泊していたホテルに窃盗団が入り選手の所持品が盗まれています。 スイスで行われた同試合ではチリが2点を先行するも、後半にスペインが巻き返し3-2で勝利。ただ終盤にアルベロアが相手選手を突き飛ばしたのを皮切りに乱闘になる荒れ試合となっていました。 この試合を終えてホテルに戻ったチリ代表ですが、ホテルに着くと非常ベルの通報によ......続きを読む»

来季、モウリーニョがパリ・サンジェルマンの監督に!?

8月31日、カタルーニャのTV局「TV3」がモウリーニョ監督とその代理人メンデス氏と親交があるポルトのダ・コスタ会長からの情報として、モウリーニョ監督(レアル・マドリード)が2012-13シーズンはパリ・サンジェルマン(以下PSG)を率いる可能性があると報じています。 TV3によるとPSGの50%の株式を保有するアラブの富豪ビン・アリファ氏が今年の6月に1度、モウリーニョ監督の獲得を試みている......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:356
  • 累計のページビュー:8840701

(12月11日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss