ジョルディのバルセロナ通信

月別アーカイブ :2010年07月

バルセロナ:マルケスが退団

数週間前から非公式に伝えられていたマルケスの退団が正式に発表されます。 バカンスを終え数日前にバルセロナ入りしたマルケスはクラブと2012年までの契約の失効手続きを行い31日(現地時間)に退団会見を開くことが発表されています。 移籍先はアンリと同じアメリカのレッド・ブルズと見られています。 バルサではライカールト政権で多く起用されましたが、グアルディオラが監督に就任後はセンターバッ......続きを読む»

ベンゲルはセスク放出を拒否

セスク・ファブレガス(アーセナル)がクラブハウスでベンゲル監督と会談を持った30日、アーセナルはチームのHPでベンゲル監督のコメントを発表しています。 ベンゲル監督 「我々はセスクの移籍には応じない。彼はガナーズの大事なキャプテンであり彼を放出することは検討していないのだ。ある家を買いたくてもその家の持ち主が交渉に応じなければ買えないのと同じだ。選手と監督の会話は外部に漏れては......続きを読む»

バルサ:セスクが会談 週末には会長が渡英

バカンスを早めに切り上げロンドンに戻ったセスク・ファブレガス(アーセナル)が今日ベンゲル監督と移籍についての会談を行います。 セスクは去就について明言を避けていますが 「ベンゲルとの前回の話し合いは僕の人生の中で1番か2番に難しいものだった」 と語っています。 戦力的にはセスク放出のメリットが何もないアーセナルですが、移籍の焦点は心が既にバルセロナに移っているセスクをアーセナ......続きを読む»

バルサの赤字問題:元財務担当「長期収支を無視している」

FCバルセロナの試合中継を見たことがある人なら、首脳陣が陣取るVIP席でラポルタ会長の横にいつもカラフルなスーツを着た人物を見たことがあるのではないでしょうか。 この人物がラポルタ前政権でソリアーノ副会長が辞任した後に財務担当となったサラ・イ・マルティン氏。FCバルセロナのロセル新政権が前政権の財政収支の洗い出しをしている件でサラ・イ・マルティン氏が反論をしています。 サラ......続きを読む»

バルサ:セスクとの契約準備が進行中

セスク・ファブレガス(アーセナル)のFCバルセロナへの移籍を巡っては今週末に動きがあるのでは?という憶測が流れています。 マスコミがリークした情報ではすでにセスクとバルサは契約年数、年俸、諸条件、加えて背番号についてまで合意していて残すは選手のサインのみ。 背番号は退団が決定的なマルケスの4番(これはグアルディオラが現役時代に付けていた番号でもあります)。 今週末に動きがあるかどうかは実......続きを読む»

グティとラウルが退団 次のリーダーは?

レアル・マドリードに長く在籍したグティとラウルがチームを去ることが明らかになっていますが、これでレアル・マドリードのロッカールームには新しい勢力バランスができることになります。 欧州ではチームに大きな影響を与えるロッカールームの人間関係。 これまでこの2人がその中心にいましたが、新シーズンからはカシージャス、セルヒオ・ラモスといったスペイン人選手のグループとクリスティアーノ......続きを読む»

ベンゲルとの会談を早めたセスク

FCバルセロナが獲得に全力を傾けているフランセスク・ファブレガス(アーセナル)がクラブ側へバルサ移籍を直訴するためにバカンスを早めに切り上げています。 セスクは来週末にベンゲル監督(アーセナル)と去就について電話で話し合う予定でしたが、その予定を急遽変更。バカンスを早めに切り上げ来週にはロンドン入り、ベンゲル監督に直に会って移籍を直訴するようです。 FCバルセロナは新シーズンに向けた布陣......続きを読む»

バルサ:実は再優先補強ではないセスク獲得?

連日、セスク(アーセナル)のバルサ移籍の可能性が報じられていますが現在のFCバルセロナの布陣を見ると、 セスクの獲得=プラスアルファの補強 守備的MFと右サイドバックの獲得=最優先課題 のように思われます。 4-3-3システムの守備ラインでは右サイドバックが唯一手薄で、アウベスの不在時にセンターバックのプジョルが代役を務められるほか新加入の左サイ......続きを読む»

エル・クラシコは11月28日!

7月20日にリーガ・エスパニョーラの2010-11シーズンの日程が発表されました。当然、真っ先に見たのがバルサ対レアル・マドリードの「エル・クラシコ」の日程。 11月28日 第13節 バルセロナvsレアル・マドリード 4月17日  第32節 レアル・マドリードvsバルセロナ 昨季のエル・クラシコはクリスティアーノ・ロナウドの加入で例年以上の注目を浴びましたが、今季は同じ陣容......続きを読む»

スペイン優勝でナイキが苦肉の策

スペイン代表がワールドカップで初優勝を遂げお祝いムードに包まれているスペイン国内ですが、これを複雑な思い出で見ているのがナイキ・スペイン。 ナイキは8年ほど前からFCバルセロナと合弁会社「FCバルセロナ・マーチャンダイジング」を立ち上げ世界展開が遅れていたバルサのマーケティング部門を急成長させました。その影響力は大きくカンプノウ競技場のスタンドにも巨大なナイキマークのモザイクが入れられるほど。......続きを読む»

バルサ:新加入アドリアーノの起用法は?

FCバルセロナが17日にセビージャからアドリアーノを補強したことを発表しました。契約は4年+1年の契約延長のオプション付き。 このニュースに驚いたのがバルサファンで、短期資金に困っているバルサがセスク(アーセナル)獲得のためにどう資金を捻出するかという状況で、急を要さない左サイドバックの補強に皆が「え!?」と驚いています。 現在のFCバルセロナには左サイドでアビダルとマクス......続きを読む»

バルサ、170億円の融資を受ける

FCバルセロナのロセル新政権が発足して半月。FCバルセロナは前政権が公表していなかった財政の問題が発覚し銀行など計10社から総額170億円の融資を受けることになりました。 前回、お伝えしたオリバー元ディレクターへの過大な報酬とは別に、クラブが短期資金に窮していたことが発覚しました。 通常、選手を放出した移籍金は一括で支払われることはなく分割で3~4年に分けて相手側のクラブから入金......続きを読む»

バルサ:元ディレクターに1億円のボーナス?

ここ数日バルセロナを賑わしているのが、ラポルタ前政権のディレクターが自身に約1億円の支払いを行っていた問題。 統括ディレクターを務めていたジョアン・オリバーが自分がロセル新政権の組閣から外れる事が明らかになった時点でクラブからの給料として自分の口座に1億円弱(827,787euro)を振り込んでいた事が新政権によって発表されています。 渦中のオリバー氏 これに対して前政権......続きを読む»

ベップ、最短の1年契約で合意へ

FCバルセロナとジョゼップ・グアルディオラ監督が今日(14日)に契約更改を行います(クラブの公式発表より)。契約は1年契約と見られ長期契約を望んだクラブ側が根負けした形。 (契約更改を伝える地元紙) 元々、グアルディオラは金銭面で多くを望まず、それよりも指導環境を重視する監督のため数試合の結果で周囲の評価が激変するFCバルセロナで長期契約を結びことには難色を示していました。 ......続きを読む»

スペイン優勝 新聞は1時間で完売!

スペイン代表がワールドカップで初優勝を遂げました。 普段はスペイン代表の話題で盛り上がらない反スペインのカタルーニャ州も今回は地元FCバルセロナから多くの選手を代表に送り込んでいるために大盛り上がり。優勝決定後には街の中心のスペイン広場に1万人近い人が集結しました。 スペインでは街のいたるところにキオスコ(新聞スタンド)があり新聞はそこで購入するシステムですが、優勝翌日は国内N......続きを読む»

スペインではタコが報道ジャック

スペインではバカンスが始まるちょうど今、タコ料理が最盛期を迎えるのでニュースでも取り上げられますが、折りしもワールドカップの勝敗予想で活躍中のパウル君もタコということで昨日はニュースにタコが出ずっぱりでした。 ドイツの水族館で飼育されているタコのパウル君がワールドカップの勝敗予想を当てていることは日本でも報道されていますが、スペインはまさにその当事者ということでスポーツ新聞の一面もこの通りパウ......続きを読む»

スペイン初の決勝進出 バルセロナでは異例の旗が!

南アフリカW杯でスペイン代表が準決勝のドイツ戦に1-0で勝利し同国史上初の決勝進出を果たしました。 今回のスペインの決勝進出で驚いたのが私が住んでいるバルセロナの街でスペイン国旗が翻っていたこと。 バルセロナがあるカタルーニャ州は独立運動も起こるほど反スペインなのですが、この日は決勝進出を祝うために多くの人が街の中心のスペイン広場に試合後に繰り出しスペイン国旗を振りました。 ......続きを読む»

スペイン代表:トーレスの先発落ちはあるか?

今回のワールドカップでスペイン代表の試合を見た方の中にはフォワードのトーレスのスタメン起用に?と思っている方も多いはず。 事実、負傷から復帰したばかりのトーレスはまだ本調子ではなく交代出場で長身のジョレンテや俊足のペドロが投入された後の方がスペイン代表は軽快な攻撃を展開します。 しかし一方でトーレスはスペイン国内ではエースとして不動の地位を築いておりこれまでも重要な試合でゴールを決めてき......続きを読む»

バルサ:チグリ放出でCBの世代交代に遅れ

FCバルセロナはセンターバックのチグリンスキーの放出を一両日中に決めることになりそうです。 獲得に名乗りを上げたのが前所属クラブのシャクター。バルサがチグリンスキーの獲得に支払った移籍金2500万ユーロ(約28億円)の半値である14~17億円でオファーが届いておりバルサはこの申し出を受ける姿勢を見せています。 これで振り出しに戻るのが次世代のセンターバック探し。 バルサは近い将......続きを読む»

スペイン:聖イケルと賞賛されるカシージャス

パラグアイ戦でPKを止めたスペイン代表の不動のゴールキーパー、イケル・カシージャスはスペインが優勝した欧州選手権でもスーパーセーブを見せ、その時からカシージャスがスーパーセーブを見せるたびにスペインでは彼のことを聖人のように「サン・イケル」と呼んでいます。 この日もDFピケがエリア内でカルドーソ(パラグアイ)を倒し与えたPKをカシージャスが見事ブロック。 テレビの実況者は「サン・イケル!サン・......続きを読む»

スペイン準決勝進出:ビジャ「とにかく嬉しい」

今回のワールドカップのスペイン代表ではダビッド・ビジャに勝利の女神が微笑んでいるようです。大事な場面でのゴールは最終的に彼が決める流れが生まれていて何か決勝まで続くドラマ性を感じますね。 今回のパラグアイ戦でも本来であればペドロのシュートが決まっている場面でシュートはポストを直撃。その跳ね返りがビジャの元に来てビジャがゴールを決めています。 ダビッド・ビジャのコメント 「今はまず勝利す......続きを読む»

FCバルセロナ:ロセル新会長「バルサはソシオのもの」

FCバルセロナのサンドロ・ロセル新会長の就任式がカンプノウの敷地内にあるマシアで行われました。(マシアは旧選手寮であると共にバルサを象徴する建物の1つでカンプノウ脇にあります) この就任式にはラポルタ前会長も出席し表面上は友好的なムードで行われましたが、ロセル会長は前政権との違いを就任演説でチクリと指摘しています。 ロセル会長 「バルセロナニズモと共に今日から新しい黄金期を作ろう。バル......続きを読む»

FCバルセロナ:ロセル新体制が始動 クライフを排除?

6月13日にFCバルセロナの次期会長選挙で当選していたサンド・ロセル。 これまで新シーズンに向けた彼のビジョンが報道されることは多かったが、ラポルタ前会長の任期が6月30日までだったためこの半月は公に行動は出来ていなかった。彼の任期が今日(7月1日)から始まりいよいよ新政権が動き出す。 移行期間に徐々に輪郭を見せ始めた新シーズンに向けてのプラン。そこで注目されたのがラポルタ前政権から引き......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8821327

(11月10日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss