ジョルディのバルセロナ通信

月別アーカイブ :2010年06月

スペイン:イニエスタが決勝Tの目玉!

スペイン代表MFイニエスタ(FCバルセロナ)がワールドカップで調子を上げてきています。 所属するバルセロナではリーガ終盤を負傷で棒に振り今回のワールドカップでも序盤戦では負傷の再発が心配されていました。しかし決勝トーナメント進出を賭けた大一番のチリ戦では2点目となるゴールを決める大活躍。本人はゴールを決めただけでなくプレーにキレが戻って来ていることに満足しているようです。 イニエスタのコ......続きを読む»

スペイン:ハビ・マルティネス、デビュー!

ワールドカップで決勝トーナメントに駒を進めたスペイン代表の中で本国スペインから熱い視線を送られている選手がいます。それがハビ・マルティネス。 アスレティック・ビルバオに所属するハビ・マルティネスはこれまで各年代の代表に選ばれていましたが、今回のワールドカップではフル代表に初召集され大会前のサウジ・アラビア戦でプレー。そして先日のチリ戦でスペイン・フル代表として公式戦デビューを果たしました。 ......続きを読む»

尻上がりに調子を上げるスペイン

チリ戦を前にスペインで警戒されていたのは名将ビエルサに鍛えられたチリの組織力。 スペインではビエルサはアルゼンチン代表監督に就任する前からRCDエスパニョールの監督として知られており、 「エル・ロコ(サッカーに狂っている)」のあだ名が示す通り頭の中がサッカー漬けの名将の手腕が警戒されていました。 実際に今回のチリ代表はアジア勢を思わせる走力と、攻守に渡って組織作られたプレーが軸になってい......続きを読む»

スペイン、鉄壁のチリ相手に覚醒するか!?

スペイン代表は今日のチリ戦に決勝トーナメント出場を賭けることになります。引分けの場合は他会場の結果次第ですが、勝った場合は地力突破が決まります。 初戦のスイス戦を0-1で落としているスペイン代表はホンジュラスにこそ勝利しましたがスペイン国内での評価はまだイマイチ。その原因はスペイン代表が持ち前のパスワークを発揮しきれていないため。 デル・ボスケ監督は次のように語っています。 「私はスペ......続きを読む»

バルサの選手の獲得&放出の現状

FCバルセロナの選手の獲得&放出状況についていろいろと報道がされていますが、実際には新規の交渉はサンドロ・ロセル新会長の任期が始まる7月1日までまとまらないのではないでしょうか。 例外は退団がほぼ確定しているアンリとトゥーレ・ヤヤで、アンリはフランスに帰国後に米国行きを発表すると見られているので一両日中に正式発表があるでしょう。トゥーレ・ヤヤは参戦中のワールドカップが終わり次第、マンチェスター......続きを読む»

平手ビンタのビジャにお咎めなし

ホンジュラスとの第2戦でDFイサギッレに平手ビンタを食らわしていたスペイン代表FWダビッド・ビジャに制裁は課せられないことになった。 ビジャはイサギッレとプレーで接触後、審判の死角で同選手の頬を平手で打っていた。この模様がテレビ映像で確認されたためスペインではグループリーグ最終戦のチリ戦前にビジャに何らかの制裁が課せられる可能性を危惧していたがFIFAはお咎めなしとしています。 つば吐き......続きを読む»

スペインでは試合序盤から西村主審にNG?

スペイン対ホンジュラスの試合を担当した西村主審にスペインのマスコミは押しなべて低い評価をしています。 スペイン側の心証を悪くしたのは試合序盤でのいくつかのファウルの見逃しでこれにラインズマンが誤審でオフサイドの旗を上げたプレーがリプレイでオフサイドではなかったことが確認されたことで悪い心証は確定されたようです。(これは西村主審の担当ではないですが。。。) 実況者は 「しょせん寿司文化に......続きを読む»

ビジャの2発で地力通過の可能性が復活!

スペイン代表は6月21日に行われたグループリーグ第2戦でホンジュラスに2-0で勝利しグループリーグを地力で突破する可能性を復活させました。 ビジャのPK失敗やトーレスのシュートミスなど反省点はあるものの、「地力でのグループリーグ突破の可能性復活」がスペイン国内に安堵をもたらしています。 スペインはチリとの最終戦で勝利すると無条件で決勝トーナメント進出が決まり、引分けでもホンジュラスがスイ......続きを読む»

R・ソシエダ、エルクレス、レバンテが昇格

スペイン2部リーグ「リーガ・アデランテ」は19日に42試合という長丁場のシーズンを終えました。 この結果、来季のリーガ・エスパニョーラに昇格するのはレアル・ソシエダ、エルクレス、レバンテの3チーム。カディス、ムルシア、レアル・ウニオン、カステッリョンの4チームはセグンダB(3部)へ降格します。 シーズン中にセビージャのデル・ニド会長が同じ街を本拠地とするベティスの1部復帰を希望するコメン......続きを読む»

売り下手バルサにビジャ獲得が追い討ち

FCバルセロナの選手の放出下手はファンの間でも有名で、多くの場合、主力選手を低い移籍金で放出してしまうことに批判があります。 ラポルタ政権の第1期黄金期ではトレーニングを真面目にしなくなりパフォーマンスが落ち始めたロナウジーニョをミランに安価で放出、デコに至ってはクラブの決済報告で赤字を減らすために投げ売り同然でチェルシーに放出されています。 今オフではトゥーレ・ヤヤの移籍交渉は順調に進......続きを読む»

メッシー「バルサでのように温かく見守って」

初戦のナイジェリア戦に勝利して勝点3を得たアルゼンチンは今日の第2戦で韓国と対戦します。 参加国の全ての選手が所属クラブでリーグ戦を戦った疲労を抱えながらワールドカップを戦っているわけですが、その中でも一際疲労が蓄積しているのがアルゼンチン代表のメッシー。 肉体的な疲労はもとよりFCバルセロナのエースとしてプレッシャーに晒されたシーズンを終えた後、精神面で消耗しておりアルゼンチン代表......続きを読む»

黒星スタートにスペイン国内は唖然

スペイン代表はワールドカップの初戦でスイスに0-1で破れましたが、スペイン国内は予想外の黒星スタートに多くの人が唖然としています。 スイスに勝利していれば恐らく自国のゴールシーンを振り返りながら他グループの状況、例えば開催国の南アフリカの予選リーグ敗退が濃厚になっていることなどに触れるのでしょうが、今はそんな余裕はなく報道はスペイン代表の予想外の敗戦一色となっています。 選手達は試合後に......続きを読む»

優勝を義務付けられたスペイン

リーガ・エスパニョーラの繁栄とは裏腹にこれまで国際大会で苦汁を舐め続けてきたスペイン代表ですが、2008年の欧州選手権を制し評価が急上昇しました。スペイン国民が今回のワールドカップで代表チームに課している目標はもちろん「優勝」です。 好調のバルサ所属の選手を軸に、レアル・マドリード、バレンシア、海外組(トーレス、ファブレガス、レイナ)で構成される今回の代表チームは確かに強力で、今日行われる初戦......続きを読む»

FCバルセロナ:ベギリスタイン強化部長の去就は?

今回の会長選挙ではベギリスタイン強化部長は難しいポジションに位置していました。 言わずと知れたクライフ政権下の名選手ベギリスタインは、第2の人生に強化部長という役職を選び成功を収めました。名選手上がりで強化部長としても成功した例は少ないですが、彼のここ数年の功績はバルセロナで高く評価されています。 ベギリスタイン本人はラポルタ会長とベッタリくっついている訳ではありませんがラポルタ政権......続きを読む»

FCバルセロナ 新会長はロセル&選挙当日の模様

6月13日に行われたFCバルセロナの次期会長選挙では、事前の予想通りサンドロ・ロセルが他の3候補を上回り当選しました。 前回、カンプノウでソシオ投票が行われたのはラポルタ政権に対する不信任案決議でその時も多くのソシオが集まりましたが、この日はそれを上回る大入り。まるでこれから試合が行われるかのような込み具合でした。朝9時から開場されたカンプノウでは家族連れが多く見られ敷地内では遊戯施設も仮設さ......続きを読む»

FCバルセロナ:今日は会長選挙の投票日!

今日、6月13日はFCバルセロナの会長選挙日。 先日お伝えしたようにホームグラウンドのカンプノウが今日は投票場となります。午前9時から午後の9時までカンプノウは開放され、夜の11時には投票結果が発表される予定です。(今日のカンプノウの模様は後日お伝えしますね) 今回の選挙ではソシオカードを家のどこかにしまってしまって見つからないという人にも投票してもらうために、スペイン国内のIDカードされ提......続きを読む»

バルサ:チャビとペドロが契約更新

FCバルセロナのチャビ・エルナンデスとペドロ・ロドリゲスが契約を更新しています。 チャビは現行の2014年までの契約に新たにオプションを付け、この2シーズンで半分以上の公式試合に出場した時点で自動的に契約が2016年まで更新されるという変則契約。年俸等はこれまでのものを維持するようです。 ペドロは2014年までの契約を1年延ばし2015年までの延長としています。 (以上、TV3のスポー......続きを読む»

グアルディオラに170万円の罰金

2009-10シーズンのアルメリアvsバルセロナ戦で退場処分となったジョゼップ・グアルディオラ監督(バルセロナ)ですが、8日、規律委員会が約170万円の罰金を課す決定を下しています。 問題となったのは退場処分自体ではなく、試合報告書に記された内容について審判団とグアルディオラ監督の見解が異なり同監督が「審判団は嘘をついている。彼ら自身がそれをよく分かっているはずだ」と後日発言したコメント。 ......続きを読む»

バルサ:カンプノウでは優勝記念の装飾が!

2009-10シーズンのリーガ・エスパニョーラを制したFCバルセロナでは、本拠地のカンプノウの敷地内に優勝を祝う装飾がお目見えしています。 今回はその模様をご紹介します。 これは最終節のバジャドリード戦に勝利し優勝を決めたまさにその直後から敷地内の柱にすぐに取り付けられ始めた優勝記念ポスター(?)。優勝を見越して既に生産していたんですね。 一般の入場者が出入......続きを読む»

バルサ:4人の会長候補

FCバルセロナは6月13日に会長選挙を行いますが、最終的な候補者が出揃っています。候補者は、 ・サンドロ・ロセル ・マルク・イングラ ・ジャウメ・フェレール ・アグスティ・ベネディト 選挙への出馬に必要なソシオの署名獲得数は上記の順になっていますが、反ラポルタ派のサンドロ・ロセルが他候補の3倍近い署名(13000票強)を集めており、投票でも有利になると予想されています。 ......続きを読む»

マドリードのCL第一主義とモウリーニョ招聘

月曜日にサンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリードの監督就任会見をしたモウリーニョ監督。かつてFCバルセロナで監督の補佐として英語-スペイン語の通訳をしていた彼も英国とイタリアでの生活が長かったせいか、今回の会見ではイタリア語が混ざったスペイン語でのお披露目となりました。しかしチームに合流し1ヶ月もすれば彼のスペイン語は回復するとおもわれます。 2009-10シーズンは前年のバルサの6冠に比......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8821327

(11月10日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss