ジョルディのバルセロナ通信

リーガ・エスパニョーラ

ヘタフェvsエイバルでは乾と柴崎が入れ違いでプレー

12月9日に行われたリーガ第15節ヘタフェvsエイバルでは柴崎岳(ヘタフェ)とエイバル(乾貴士)の日本人対決がスペインでも注目され、試合前には日本でもお馴染のスペイン人フィギアスケーター、ハビエル・フェルナンデスと柴崎、乾の3人がキックオフセレモニーを行い、ゴール裏には「こんにちは、日本」と書かれた日章旗が掲げられました。試合時間が13時(日本時間21時)に設定されたのも今回のセレモニーを意識したも......続きを読む»

時速31キロのアスパスを追ってウムティティは全治2ヵ月

リーガ第14節ではバルセロナがセルタと2-2で引き分け前節(バレンシア戦)に続き勝ち点2を落としましたが、首位バルセロナを追走するバレンシアがヘタフェに敗れ、レアル・マドリードがアスレティックと引き分けたため、上位陣では唯一勝ち星を挙げたアトレティコ・マドリードがバルセロナとの差を8ポイントから6ポイントに縮めています。 今回セルタを率いるのは昨季まで3年に渡りエンリケ前監督の右腕(副監督)を務め......続きを読む»

バルセロナ:カンテラからの昇格は促進されるか!?

今季からバルベルデ体制となったFCバルセロナですが、過去3年間のエンリケ体制で批判されたカンテラ(下部組織)からの昇格の少なさが今季から改善されるかどうかが注目されています。 今季のトップチームの陣容ではデウロフェウがレンタル先から復帰したことが話題となっていますが、バルセロナB(スペイン2部)からトップチームへのダイレクトな定着となるとまだ先のこととなりそうです。 バルベルデ監督にとってカンテ......続きを読む»

バレンシア戦で誤審の審判が4日後の国王杯でも誤審でPKを献上

先週末行われたリーガ第13節バレンシアvsバルセロナ(1-1)の頂上決戦で誤審を犯したイグレシアス・ビラヌエバ主審が、31日に行われた国王杯エスパニョールvsテネリフェ(3-2)でもボールの位置を1メートル以上見誤りPKを与える誤審を犯しています。 バレンシアvsバルセロナ戦では前半にメッシがエリア外から放ったシュートがキーパーのファンブルを誘いボールはキーパーの股を抜けて一度ゴールラインを割った......続きを読む»

メッシの契約更改の発表とこれまでの年俸の推移

11月24日のゴールデンシューズ(欧州最多ゴール)賞の授賞式では契約更改について口をつぐんでいたメッシですが、翌25日にバルセロナはメッシとの契約延長を発表し周囲を驚かせています。 今回の契約では期間が2021年まで延長され、契約解除金は3億ユーロ(405億円)から7億ユーロ(945億円)に増額されています。クラブ側は終身契約を提示していますが、メッシ側が2021年までの延長を希望しています。......続きを読む»

メッシが欧州最多ゴール賞をセルタ戦でお披露目へ

1週間前の出来事ですが、触れずにおくことはできないのでメッシのゴールデンシューズ賞受賞のニュースから振り返りたいと思います。 毎年、欧州の主要リーグの1シーズンの最多ゴール選手を表彰するゴールデンシューズ賞の授賞式が11月24日に同賞のスポンサーであるビール会社ダムの旧工場で行われ、2016-17シーズンの受賞者としてリオネル・メッシが表彰されています。メッシがこの賞を受賞するのは4度目で、今回......続きを読む»

バルセロナ:マスチェ、スアレスがネイマール退団に伴う変化を語る

今週はFIFA(国際サッカー連盟)の代表週間で、普段はクラブの規制でインタビューを受けない選手がメディアの要望に応えています。その中でバルセロナのマスチェラーノとスアレスが、バルベルデ新監督とネイマールの退団について語っています。 マスチェラーノへのインタビュー Q:ネイマール退団の影響について聞かせてください。 マスチェラーノ「ネイマールほどの選手がいなくなった穴はとても大きく、チームは......続きを読む»

アトレティコ:強豪が狙うグリーズマンが今季は絶不調

アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの去就を巡って同選手の周辺が騒がしくなってきました。 レアル・ソシエダで頭角を現しアトレティコのエースになったグリーズマンは今夏にマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったようですが、アトレティコが未成年の選手獲得に関する違反でFIFA(国際サッカー連盟)から補強を禁止される制裁を受けたため、代役を補強できないア......続きを読む»

エイバル、敗色濃厚なレバンテ戦で乾のシュートが同点弾を呼び込む

リーガ第10節でレバンテをホームに迎えたエイバルは、乾のシュートが同点弾に繋がり敗色濃厚な試合で貴重な勝ち点1を得ています。 大雨の中で行われたこの試合では、前半35分に最終ラインの裏を突いたモラレス(レバンテ)がキーパーとの1対1でシュートを決めて先制しますが、この失点でエイバルの集中力が落ちたのか2分後にもレバンテの攻撃がエイバルゴールを襲いバルディの得点でアウェイのレバンテが前半を0-2のリ......続きを読む»

バルセロナ:バルベルデ監督「独立の問題があるがサッカー関係者はサッカーに集中すべき」

今季からチームを率いるバルベルデ監督(バルセロナ)にとってはチャンピオンズリーグではオリンピアコスとの対戦が古巣との対決で、リーガでは昨季まで率いたアスレティックとの今日の試合が古巣との対戦となります。 バルベルデ監督 「過去にバルセロナと対戦する側だった時に、選手たちはバルセロナ相手だと普段以上にやる気を出していた。今回の対戦でもアスレティックの選手たちは闘志をむき出しに勝ちに来るだろうから、友......続きを読む»

バレンシア、大活躍のゲデスは今季で見納め!?

リーガで好調のバレンシアは国王杯でもサラゴサをアウェイで0-2で下し今季無敗を守っています。 マルセリーノ監督に率いられたバレンシアは、敵守備網をかいくぐるパスワークが相手チームよりも頭一つ抜けており、グデス、サンティ・ミナ、ザザといった攻撃陣が相手ゴールに襲いかかる型が上手く機能しています。 開幕からバレンシアの攻撃陣をけん引しているゴンサロ・ゲデスはパリ・サンジェルマンからのレンタルですが、......続きを読む»

2選手が疑惑の負傷の中、バルセロナは国王杯で3年ぶりの初戦勝利

24日から3日かけて行われている国王杯ベスト32のファーストレグですが、バルセロナはアウェイのムルシアで0-3の勝利を飾っています。国王杯で3連覇中のバルセロナが初戦で勝利したのは3年ぶり。 今回のムルシア戦は21日のリーガのマラガ戦(2-0)から中2日で行われましたが、この1戦に向けて招集選手の入れ替えが注目されました。というのもマラガ戦翌日(22日)のリカバリー練習前に、マラガ戦には招集され......続きを読む»

メッシがトップチームデビュー13周年を迎える

昨日、10月16日はFCバルセロナのメッシがトップチームにデビューしてから13周年記念日でした。 メッシがトップチームにデビューしたのは2004年10月16日で、当時のライカールト監督とテン・カテ副監督によってリーグ戦のバルセロナ・ダービーであるアウェイのエスパニョール戦の後半39分からピッチに送り出されています。 実はこの試合、私もスタンドから観戦していました。バルセロナの下部組織で驚異的な成......続きを読む»

バレンシアの躍進は監督のパレッホ慰留から始まった

今季のバレンシアはここ数年と一味違う。 10月15日に行われたリーガ第8節ベティス戦では、アウェイのベニート・ベジャマリン競技場に乗り込んだバレンシアがベティスを3-6という歴史的な大勝で下し首位バルセロナとの勝ち点差を2ポイント縮めて2位に付けています。 振り返れば一番これに匹敵する好調を維持したのはウナイ・エメリ監督(現PSG)が率いた2008-2012の4シーズンで、2011-12シーズン......続きを読む»

終身型の契約を結んだイニエスタ「大事なのはクラブに貢献できるかどうか」

バルセロナのアンドレス・イニエスタが1週間前の10月6日にバルセロナと引退するまでの終身契約を結んだことを発表しています。 今回の契約はクラブと選手間で結ばれる通常の契約と異なり、イニエスタがシーズン終盤の毎年4月30日に翌シーズンの続投の意思をクラブに伝える形になっています。年俸は非公表。サッカー選手が契約をしていないシーズンも1クラブに縛られる法律はないので、イニエスタが他クラブと契約する(で......続きを読む»

対話による独立問題解決を求めるピケの会見全文

スペイン代表はアルバニア、イスラエルとのワールドカップ予選を控えていますが、代表合宿初日の公開練習でカタルーニャの独立問題に関して観客からブーイングを受けたジェラール・ピケ(バルセロナ)が公式会見に姿を見せ30分にわたって報道陣の質問に答えています。以下はその会見の全文。 ジェラール・ピケ 「合宿の初日の公開練習は私にとって難しい状況だった。本来であれば自分たちを応援してくれるはずの観客が指笛やブ......続きを読む»

代表合宿でカタルーニャ独立派のピケへブーイング

10月1日にカタルーニャで行われたスペインからの独立を問う住民投票が多くの場所で警察に阻止された騒動がスペイン代表にも影響を及ぼしています。 10月1日の午後に試合を行ったFCバルセロナは、ラス・パルマス戦後にピケがインタビューに応じ涙を流しながら「今日、カタルーニャで投票をしようとした人々が警察に蹂躙された映像を見ると言葉がない。私の存在がスペイン代表にとって問題なら、その場所からいなくなること......続きを読む»

独立に揺れるバルセロナが異例の無観客試合で7連勝

カタルーニャの独立を問う住民投票と同じ日に開催されたリーガ第7節バルセロナvsラス・パルマスは、無観客試合で行われ3-0で勝利したバルセロナが連勝を7に伸ばしています。 スペインからの独立を求めるカタルーニャではスペイン政府が認めない住民投票が数ヵ月前から予定され、投票日の「1-O (10月1日/1 de Octubre)」という合言葉が定着していました。カタルーニャ州政府は10月1日に投票を......続きを読む»

バルセロナの6連勝でベネディートは不信任投票を断念へ

FCバルセロナは開幕以降、リーガで6連勝、チャンピオンズリーグで2連勝と負け知らずの快進撃を続けています。この好調にファン、15万人のソシオ(クラブ会員)は喜んでいますが、その中で喜べていないソシオの一人がアウグスティ・ベネディートです。 過去2回の会長選挙に出馬し落選しているベネディートは、現執行部への不信任決議投票を実施するために予備署名を集めクラブに提出し、9月1日から投票開催に必要な15万......続きを読む»

バルセロナ:スアレスのリーガ100試合とカタルーニャの独立問題

今回はここ1週間のバルセロナ周辺の動きをそれぞれ触れていきます。 ■スアレスが100試合出場達成 リーガ第6節ではリーガ初参戦のジローナとバルセロナによる初のカタルーニャ ダービーが実現しています。 アウェイのジローナに乗り込んだバルセロナは、前半17分にコーナーキックのチャンスでキッカーのメッシが逆サイドのエリア外で待つアルバにロングパスを送り、アルバのダイレクトシュートがエリア内でアダイ(......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:356
  • 累計のページビュー:8840701

(12月11日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss