ジョルディのバルセロナ通信

バルセロナCL敗退:エンリケ監督「観客からの声援が心に響いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FCバルセロナがチャンピオンズリーグから敗退しました。 ADIOS CON ORGULLO 誇りと共に惜別 ADIOS CON ORGULLO 誇りと共に惜別

4月19日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝・第2戦のバルセロナvsユベントス戦は0-0の引き分けに終わり、第1戦のトリノでの3-0の結果を逆転することは叶いませんでした。 ユベントス戦の観客席から

今回の試合では、大会からの敗退が濃厚になった試合終盤に観客がフラッグを振り選手に感謝を伝えるという珍事が起きています。通常、カンプノウでは不甲斐ない試合では容赦ないブーイングが浴びせられますが、エンリケ監督の今季限りの退任が発表された3月からここまで、パリ・サンジェルマン戦での6-1の大逆転を経てチームが一つのサイクルの終わりを迎えたことを観客が受け入れたのでしょう。 試合後に選手に声援を送るカンプノウの観客

ホームでのパリ・サンジェルマンこそ大勝しましたが、今季のバルセロナは精彩を欠く試合も多く、「疲弊」を理由に退任を表明したエンリケ監督の精神状態がチームのパフォーマンスに影響を与えていたのかもしれません。

組織的に守るユベントスに対してバルセロナは単騎で打開を試みるプレーが多く特に球離れが悪いネイマールがその象徴でしたが、試合が今季のバルセロナの節目となったためかメディアは概ねネイマールに優し目の採点を与えています。 ムンド・デポルティーボの選手評点 スポルトの選手評点

そのネイマールは試合終了と共に泣き、昨季までバルセロナに所属したアウベスに慰められるシーンもありました。アウベスは試合後に「今のチームの勝利は嬉しいが、バルセロナの敗退は胸が詰まる思いだ」と語り、ロッカールームでのユベントスの記念写真も控えめポーズで収まっています。

試合のルイス・エンリケ監督はこの2連戦を振り返り、週末に控えたエル・クラシコに向けた抱負を語っています。

「この敗戦はとても悲しいものだが、観客がチームに送ってくれた声援は1試合の出来事を越えて心に響くものだった。今回の試合では敵にプレッシャーをかけ試合の流れを変える先制点を決めたかったが、放った14本のシュートは枠の中に入りたがらなかったようだ。トリノでの前半の不出来は今後も長い間、私の記憶に残るだろう。選手たちの落胆は大きなものだが、今回の試合での観客の後押しが、週末のベルナベウでの決戦に向けて多くの力を与えてくれた」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FCバルセロナ
チャンピオンズリーグ
タグ:
ネイマール
メッシ
ユベントス
チャンピオンズリーグ
エンリケ監督
バルセロナ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

両SBが負傷したA・マドリード、フアンフランは離脱もF・ルイスは患部固定で出場へ【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

CLの問題点【サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”】

【 岡崎慎司 】 パフォーマンスは良かったが戦術的に仕方ない交代だった。 【 レスター vs A・マドリード 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconbotiga

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8675929

(06月21日現在)

関連サイト:リーガ専門店botiga BCN

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バルサの久保君が地元紙に登場
  2. バルセロナ:地元紙が久保選手らの将来を懸念する
  3. バルサの最終ラインの補強候補にまさかの...
  4. 2012年のバロンドール有力候補はメッシ?
  5. バルセロナ:手痛い引き分けとメッシの戦線離脱
  6. スペイン:日本戦敗戦翌日の地元新聞
  7. ネイマール「韓国の守備陣は女友達のようなもの」
  8. バルセロナ:チアゴの移籍金は8月1日まで80%オフ!
  9. 補強禁止のバルサ、早くも右SBの2選手が戦力外
  10. アトレティコの脱落とマドリード戦の誤審による騒動

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss