■booby論■

アビスパの一番長い日(十)

このエントリーをはてなブックマークに追加


堤が、イ・グァンソンが。 古賀が、中原秀人が、負傷した酒井までもが。 肩を組み、仲間を信じ切ったアビスパの控え選手達が、ピッチに雪崩れ込む。 井原監督とコーチ陣がベンチの前で固く手を握る。 アウェイスタンドから祝福と歓喜の咆哮がこだましている。

1-1。 決着。 アビスパのJ1昇格が決まった。

神山と城後。アビスパ一筋に歩んできた二人のバンディエラが真っ先に抱き合う。 ともに10年を超えるアビスパに奉げた人生。 苦しみの方が多かった。 城後の目には涙が滲んでいる。
神山竜一。 100キロにも届く巨躯に比例する筋肉量が生み出す規格外のセービングは「神セーブ」と呼ばれ、最後方からアビスパを支え続けてきたラスボス。 安直な比較記事は何かとGK交代後の失点数を取り上げるが、航輔にポジションを譲った時期はウェリントンや田村の出場時期とも重なっている。GKだけで全ては変わらない。チームの変化の過程で、選ばれたピースが神山ではなかっただけ。 衰えはない。いつでもアビスパゴールを守り通せる。 そんな神山の存在が、後半戦に航輔がみせた数々のプレーにも繋がった。 自らが託したゴールを守りぬいた航輔を抱き上げる神山。 航輔が無邪気なガッツポーズを繰り返している。 中村航輔。 柏ユースの最高傑作。 若き守護神はアビスパやレイソルだけではなく、その先までも掴み取れる可能性を秘めている。
歓喜の対岸で、長居のホームスタンドが沈黙している。 玉田はコーナーフラッグ後ろでうつむき、関口は仰向けに倒れ天を仰いでいる。 呆然と立ち尽くし、或いはしゃがみ込み現実を受け入れる苦痛に涙するセレッソの選手達。 いくつかの力に振り回された数年間。 不本意な悪役を受け入れてでも戻りたかったJ1、閉ざされた道。 来期、この重い扉を彼らが通り抜けられるのか、今はまだわからない。




・・・たしか両手を突き上げたと思う。 そのままゲートの壁にもたれかかりしゃがみこんだ。 両脚に接地感がない。音もよく聞こえず、モノクロの視野は朧。 周りの人たちと抱き合っても半ばうつつで実感がない。 昇格、決まったんだよな・・・? 抜殻の自身を魂が俯瞰しているかのように、現実にときこめないでいる。 後で誰かに話しても理解してもらえるかどうか。 数秒か数分の間、私は狭間の時を彷徨っていた。 ぼうっとしたまま振り返る。 いつの間にか、後ろに立っている人がいた。
眼鏡の奥の細まった瞳は、泣いているのか笑っているのか、よくわからない。 D3ゲートは狂騒の宴から遮断されそこだけ荘厳な石窟寺院のよう。 たたずむその人の、菩薩にも似たそんな表情は初めて見た。 苦しい時も辛い時も苦しい時も、アビスパと共に歩み、諫言と鼓舞をしてアビスパを支え、時に立場を忘れハッチで思いのたけをぶちまけ大騒ぎし、今日もいつものように明け方まで仕事に追われ、「いつものことなので開き直ってます。何より大切なことは[いつも通り]やることですからね。」と言ってたのに。 なんだその顔、全然いつも通りじゃないじゃないか。 差し出された右手を固く握りしめた。
「・・・ありがとうございます!」
何も言わずに中倉一志氏はそっと振り返り、また静かにコンコースへと歩いて行った。 中倉さん、今夜はいつも通りに冷静な記事が書けるのだろうか。 握手をした右手が熱い。 情景に彩色が混じりだす。 歓声が蘇ってくる。 じんわりと涙が滲む。
これが、昇格だ。
実感が、湧いてきた。


2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アビスパ福岡
タグ:
セレッソ大阪
アビスパ福岡
J1昇格プレーオフ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

天皇杯決勝から見えてきた、浦和が王者になれない理由・前編・【試合序盤に行われた,真綿でしめつけるようなボールポゼッション】【キキアシワアタマ】

またもG大阪にやられたけれども【パルシェン】

【天皇杯】もうナショナルダービーといってもいい【スポーツ徒然草】

アビスパの一番長い日(九)【■booby論■】

アビスパの一番長い日(八)【■booby論■】

アビスパの一番長い日(七)【■booby論■】

新加入・退団選手情報 ②【吉塚FC日記+】

亀川完全移籍で残留【avi背番号12】

ブロガープロフィール

profile-iconbooby

このブログをはじめ、いろんな場所で、いろんな形でboobyを応援してくれた方々に感謝します!

「盟主~」でちょうど500回でした。
これを区切りに、しばらくブログはお休みしています。
忘れられた頃にひっそりと復活するかもです。
それでは!
  • 昨日のページビュー:32
  • 累計のページビュー:2115625

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NO!アイドル。
  2. 訂正し謝罪します、が。
  3. 強く汚いものたち。
  4. 黄金時代。
  5. 違和感原因。
  6. いくらだろう?
  7. 魂の試合。
  8. 死にたくない。
  9. 言わんこっちゃない。
  10. 無意味。

月別アーカイブ

2017
11
09
08
02
2016
11
10
09
08
07
04
03
02
01
2015
12
11
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
03
01
2009
12
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss