蹴球梵天

監督の力による勝利と言ってもいいくらいだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はハリルホジッチのチーム作りが、基本的には好きでは無かった。 ぶっちゃけ何がやりたいんだかよくわからなかったし、日本人がインテンシティーやデュエルの強度で相手を上回るというのは難しいだろうに、と思っていた。 その思いは今も多少ある。

しかし、オーストラリア戦のハリルにはたまげた。

僕は戦術的な分析能力は持ち合わせていないが、なによりもあのシチュエーションで岡崎、本田、香川の3人を揃ってベンチとしたことに驚いた。

選手の力の優劣云々の問題ではない。

あの状況で、あの3人を外す決断など並の人間にできる芸当ではないと思う。 少し乱暴な言い方をすれば、勝っても負けても責任をとらない自分のような人間やメディアの人間が「コンディションがいい選手を使うのは当たり前」というのは簡単である。そしてそれは正しいとも思う。

そうは思うが、あれだけ大きなものがかかった試合でそれを実際に実行できる監督などそうそういるものでは無い。 どうしたって経験や実績に逃げたくなる。

やっぱり伊達にW杯でドイツと延長まで持ち込んだわけではないわー、と改めて感心した。

昨日のメンバーであれだけの試合をしたことは本当に素晴らしいことだと思う。 予選期間中にこれだけ選手層を厚くした監督も記憶にない。

世代交代だ!というメディアもいるが本田や香川が、このまますんなりとポジションを明け渡すはずもなく彼らがまた本気で代表のポジションを取りにかかってくる、そして若い選手がまたそれを奪おうと躍起になるってのは想像しただけでわくわくする。

ただ、本大会に向けて二つのポジションだけは、、もっというと二人の選手の替えだけは心配である。 言うまでもなく吉田と大迫だ。

この二人については完全に替えが効かない選手になっている。 大迫が欠ければ、戦術そのものを変更しなければならない。 ボールが収まるトップがいない場合アウェーのオーストラリア戦のように本田をトップに置くくらいである。 中盤で時間を作るサッカーでない以上トップのボールの収まりが非常に重要で、今の日本に大迫と並ぶ、どころか大迫に近いような選手もいない。 実際ケルンの試合を見ていても、まぁよくあんなばかでかい選手に当たられまくってロストしないもんだとホトホト感心する。

吉田の場合は単純に守備力が落ちる。 なんのかんの言っても年がら年中プレミアでユナイテッドだシティだアーセナルだトッテナムだなんてとこのフォワードとやりあってポジションを掴んでいる経験というのはW杯では貴重である。

しかし、ずっと懸案だったボランチは井手口が出てきてくれた。 本大会までにFWとCBの選手たちが飛躍してくれることを願いたい。

蛇足であるがオーストラリア戦の主審ファガニさんで良かった。とても良いレフェリングだったと思う。 アジアレベルだと、たまにとんでもないレフェリングにあたるがファガニさんだと知って試合前にほっとした。 さすがである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】大事な試合でオーストラリアから初めて2点取り、見事W杯出場決定!(オーストラリア戦2-0)【サムライブルーの風】

日本代表6大会連続Wカップ本線出場を祝うが、いろいろ思うところもあって・・・【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

サムライブルーのワールドカップ出場を祝う 【多少空想入り】【プロ野球哀愁劇場】

ブロガープロフィール

profile-iconbontenmaru

初めてW杯を見たのはアルゼンチン大会。
当時の日本のサッカーとのあまりの差は子供でも驚いた。

W杯は海外の国の戦いを見て楽しむもの。自分が生きている間に日本が出場することは絶対に無いだろう。そう信じていた。

だから、W杯のたびに日本を応援できる今が幸せだ。

甘口コメント満載?素人の代表感
  • 昨日のページビュー:37
  • 累計のページビュー:557668

(09月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 22人の賢者と1人の愚か者
  2. 個の力って話は、そろそろやめよう
  3. 複雑な心境のグループ
  4. 代表における香川
  5. なめおって。おとといおいで
  6. 代表に対して少し冷静に
  7. 僕がスペイン人ならば
  8. アジア予選折り返し
  9. これからの代表
  10. 日本は、「日本の強さ」を手に入れつつある

月別アーカイブ

2017
09
08
2015
08
06
04
2014
10
09
03
2013
12
11
09
08
07
06
03
2012
11
10
09
08
07
06
05
2011
09
2010
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss