BOAT RACE ビッグレース現場レポート

2015グランプリ

グランプリ優勝戦 私的回顧

画竜点睛 12Rグランプリ優勝戦 並び順 ①山崎智也(群馬)14 ⑥茅原悠紀(岡山)16 ②石野貴之(大阪)12 ③毒島 誠(群馬)20 ④池田浩二(愛知)21 ⑤篠崎元志(福岡)25  やっぱり智也は強く、カッチョ良かった。パワーは平凡でも、進入が荒れても、3コースの石野がスリットで覗いても、まったく動じることなく完璧かつ華麗なインモンキーだ。『画竜点睛』。今年の智也の強さを、まんま象徴す......続きを読む»

シリーズ優勝戦 私的回顧

脱帽 11Rシリーズ優勝戦 並び順 ①長田頼宗(東京)13 ②吉川元浩(兵庫)15 ③西山貴浩(福岡)17 ⑤松井 繁(大阪)17 ④瓜生正義(福岡)10 ⑥井口佳典(三重)09  いやはやなんとも、見事な優勝だった。でもって私は、SG初制覇のゴールを通過する頼宗に「ごめんね」と詫びを入れた。6日間、いや前検から今日まで7日間に渡って長田を軽視し続けた。「足は中堅ちょい」だの「松井にまくられ......続きを読む»

THEピット@グランプリ――水も滴るカッコいい男たちよ!

 午後3時すぎ、プロペラ修整室にはファイナル組の何人かの姿があった。最後の調整のためだ。毒島誠は微妙な力加減で軽く軽く叩きながら、何度もゲージで形を確認。精緻な調整のようだ。篠崎元志はほとんどハンマーを持たず、ゲージで形状をチェックしているようだった。誰もが、最終段階の微調整をしていた。  そんななかでただ一人、山崎智也だけは力強く、ガンガンガンガンとハンマーを叩きおろしていた。この時間帯に!?......続きを読む»

THEピット@シリーズ――東都の夢

 やっと東京支部からSGウイナーが出た。今日の午後4時前まで、東京支部でもっとも若い登番のSG覇者は3590濱野谷憲吾。濱野谷はもちろん現在でもファンタジスタだが、それにしても憲吾のあとに続く若者がなかなかあらわれなかった。東京在住のボートファンとしては、寂しい限りだった。  正直に言えば、次が長田頼宗とはあまり想像していなかった。登番4266まで引っ張られるとも思わなかったし、その間に獲ってお......続きを読む»

『W優勝戦はどっちも2-6だ!!』予想

さあ行こう、W優勝戦!! 11Rシリーズ優勝戦  ①長田頼宗(東京)B+ ◎②吉川元浩(兵庫)S △③西山貴浩(福岡)B+  ④瓜生正義(福岡)B+ ▲⑤松井 繁(大阪)A(行き足S) ○⑥井口佳典(三重)A(伸びS?) 進入125/346  スタート特訓で松井が2・3・4・6コースと変幻に動きました。実戦は何コースか? 吉川がブロックしての3コースが第一候補とみます。本命は2コースから伸びなり......続きを読む»

“本紙予想”ファイナル

11R シリーズ優勝戦 注目データ 吉川2コース逃がし率=55.3% 吉川の逃がし率がかなり高い。長田のSG初制覇だ。 ◎長田 ○瓜生 ▲松井  3連単1-45-全 12R 優勝戦 注目データ 山崎1コース1着率=72.7% まくられ率=5.5% 差され率=18.2% 注目データ 石野2コース逃がし率=50.0% まくり/差し=2/6 注目データ 毒島3コースまくり/差し=0/8 注目データ 池田......続きを読む»

W優勝戦インタビュー!

シリーズ優勝戦 ①長田頼宗(東京)  昨日はある程度しっかり眠れました。今節はエンジンの力を十分に引き出せてると思います。バランスが取れて優勝戦に入ってもしっかりした足だと思います。昨日おとといと同じレースをイメージして、インコースから。優勝戦なので何があってもおかしくないと思うんで、どっからでも行ける準備はしておきたいですね。(誰かが前付けにきたら)回って来た人にはジーーーッと見つめて「......続きを読む»

THEピット――グランプリの朝

 今日は朝イチのピットに入った。優出インタビュー前のファイナル組がどんな動きを見せるのかが気になったからだ。ピットの掲示板には、スタート特訓の1班がシリーズ優勝戦組、2班がグランプリ優勝戦組となっていた。なるほど、もしかしたら誰よりも早く動くのが、彼らではないかと考えたわけだ。  たしかにファイナル組の動きは早かった。サクサクと装着作業を行ない、次々に水面に出ていく。特に1班のシリーズ組はあっと......続きを読む»

本日の“本紙予想”最終日

おはようございます。黒須田です。今日の「アタリ屋」は天丼! いわゆる天とじ丼ですね。今日はワケあって1時間早く住之江入りしたのですが、アタリ屋はすでにオープンしておりました。最高! これが今年最後のアタリ屋。大満足でありました。この勢いで、今日の舟券もアタリ屋になりたい! 1R 注目データ 特になし 赤岩の逃がし率が標準で、その他も突出したデータなし。ならば山口の逃げ。 ◎山口 ○赤岩 ▲菊地......続きを読む»

最終日!

おはようございます。グランプリはいよいよ最終日! いよいよ黄金のヘルメット&1億円を手にする男が決まります。シリーズも優勝戦! 1年でもっとも熱い日が始まります! 12R、もっとも気合が入っているのはやはりこの人でしょうか。(PHOTO/池上一摩) ...続きを読む»

トライアル2nd 第3戦ダイジェスト

当確者、ゼロ?? 11R        ①毒島 誠(群馬)15 ②守田俊介(滋賀)18 ③中島孝平(福井)12 ④峰 竜太(佐賀)15 ⑤篠崎元志(福岡)09 ⑥茅原悠紀(岡山)11  昨日まで9位に低迷していた毒島が、1号艇のチャンスをきっちり活かしきった。1艇身のスタートから余裕のある先マイで、そのままブッチギリのひとり旅。いつ何時でもタイムアタックをする選手なので、1分46秒6(今節......続きを読む»

シリーズ準優ダイジェスト

デビルパワー 8R ①瓜生正義(福岡)16 ②吉川元浩(兵庫)25 ③原田篤志(山口)22 ④篠崎仁志(福岡)15 ⑤新田雄史(三重)21 ⑥辻 栄蔵(広島)17  吉川の鬼足が艇聖・瓜生を引き裂いた。1マークまでは瓜生の独壇場。1艇身のスタートをバチッと決め、一目散に逃げた。今までに何度も見てきた圧勝パターンだ。が、2マークでそれは起こる。瓜生が余裕のある先マイをして、3艇身ほど後方の吉川......続きを読む»

THEピット@グランプリ――強い思い!

 グランプリはやはり特別なタイトルである。これまで10回、現場で取材してきた。そのたびに感じるのは「このタイトルを獲りたいと欲する思いが強い者が勝つ」ということ。勝つというのは、優勝だけを意味しない。トライアルを勝ち抜くことも含まれるだろう。その思いが強ければ強いほど、プレッシャーも大きくなる。緊張感も高まる。だからピリピリする。そういう選手のほうが、結果を出すケースが多いような気がする。逆に、......続きを読む»

THEピット@シリーズ――王者がいる優勝戦

 松井繁がシリーズを走る――それが決まった2日目、また“初日”である3日目はかなり違和感を覚えたものだったが、トライアルの興奮とシリーズの奮闘を見守っていると、さすがに慣れてくるもの。「松井はシリーズでもモチベーションが変わったふうはないね」なんて声は報道陣の間からも聞こえてきていて、たしかにそんな雰囲気でここまで走っているように見えた。最終日まで全力で頑張る――松井が開会式で口にするその言葉は......続きを読む»

速報 グランプリ優勝戦メンバー決定!!

 5日間に渡るすべてのトライアルが終了し、住之江SGグランプリのファイナル6PITが確定しました! 1号艇は2日間の“貯金”を守りきった山崎智也。明日、逃げきれば2度目の黄金メットを戴冠することになります。メイチの勝負駆けを成功させた石野と毒島、連日華麗なテクを披露した池田、イケメン大器・元志らが、この不動の本命にどんな戦いを挑むのか。そしてそしてGP連覇を目論む茅原は、今年もまたグリーンカポックで......続きを読む»

速報 シリーズ優勝戦メンバー決定!!

波乱あり3ケタ配当ありの準優が終わり、GPシリーズの優勝戦6PITが確定しました! 1号艇は、東都の若きエース長田頼宗。GI制覇も飛び越えて、一気にSGウイナーの仲間入りを果たすのか。超抜パワー吉川、王者・松井、伸び凄い井口らとの対決が、楽しみです! 11Rシリーズ優勝戦 ①長田頼宗(東京) ②吉川元浩(兵庫) ③西山貴浩(福岡) ④瓜生正義(福岡) ⑤松井 繁(大阪) ⑥井口佳典(三重) ...続きを読む»

“本紙予想”トライアル第3戦&シリーズ準優

8R 準優勝戦 注目データ 吉川2コース逃がし率=55.3% 吉川の逃がし率が高く、瓜生がしっかり逃げそう。 ◎瓜生 ○吉川 ▲辻 3連単1-26-全 9R 準優勝戦  注目データ 西山2コース逃がし率=43.6% 西山の逃がし率は標準。湯川はまくり優勢だけに攻めそうだ。今垣の逃げと井口の差しの両面狙い。 ◎今垣 ○井口 ▲湯川 3連単1=4-全 14-3-全 10R 準優勝戦 注目データ 原田......続きを読む»

『穴・極撰付き賞典レース5連発予想!!』

まずはシリーズ準優から。 8R ▲①瓜生正義(福岡)A ◎②吉川元浩(兵庫)S  ③原田篤志(山口)B △④篠崎仁志(福岡)A  ⑤新田雄史(三重)B ○⑥辻 栄蔵(広島)A+ 進入123/456か126/345 吉川は今朝も上々の気配。昨日よりも行き足が強そうで、気温が上がった方がバッチリ噴くエンジンのようです。この足を素直に信頼して、差しなら2-1、まくれば2-46の筋を買います。昨日の夜に......続きを読む»

THEピット@グランプリ――穏やかに、気合高まる

 1R展示後にピットに入って、まず目に入ったのは水面にいる太田和美だった。これは早い! すかさず装着場を見渡すと、グランプリ組のボートは軒並み揃っている(守田俊介のモーターには相変わらずペラがついたまま)。そんななか、太田は早くも試運転を走っていた。グランプリボートはカウリングがきらびやかだから、シリーズ組に混じっての試運転ではひときわ目立っている。太田は5着2本で、ボーダー21点とするなら勝っ......続きを読む»

THEピット@シリーズ――これが瓜生、これが今垣

 今日は5日目。最終日前日、だ。この日にはいろんな作業があって、場によって、ボート洗浄だったり、整備室清掃だったり、モーター架台のトレイ清掃など、最終日を翌日に控えてのクリーンアップがさまざま行なわれる。今日の住之江では1R終了後に、架台のトレイ清掃。これに携わるのは当然、若手である。  というわけで、そこにはグランプリ組、シリーズ組が入り交じるかたちで、ニュージェネレーションのユニフォームがず......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:153071
  • 累計のページビュー:37056843

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss