BOAT RACE ビッグレース現場レポート

バトルトーナメント 前検を斬……れない!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回のクイーンズクライマックスで、畠山が「前検を斬れませーん!」と泣いていた。むっふっふ、オッサンの目も年の瀬を迎えて曇ったか、などと内心ほくそ笑んでいたのだが……。  すみません! バトルトーナメント、黒須田も前検を斬れません!  日ごろ、畠山に前検チェックを任せっきりという部分もあるにはあるが、今日の博多水面は実に厄介だった。ホーム強めの向かい風が吹き続け、ただでさえ水面は波立っている。さらには博多名物「うねり」も入ってきていた。強烈な難水面だったのである。  それもあってか、試運転はほとんどが単走ばかり。それも1マーク手前で多くの選手がドカッとレバーを放っていた。数組の足合わせもやはり同様で、落とすタイミングが合わなかったときには2艇旋回が成立しない有様。静水面での足合わせっぽく決まることはほとんどなく、たまたまビタッと決まったのを見たのは市橋卓士と山田祐也くらいだろうか。このマッチアップは、旋回で山田、直線で市橋が良さそうだった。  こうした水面だから、頼みの綱のスタート練習も難しかった。スリットがバラけたり、放り放り行っているように見える選手がいたり。いちおう、良く見えた選手もいるにはいたのだが、正直自信はございません。

瓜生正義/小野生奈/西島義則/笠原亮/松本晶恵/小山勉/吉川元浩/市橋卓士/濱野谷憲吾

 注目モーター以外では、このあたりの名前に「○」を付けていました。  抽選記事に記した注目7機については…… 67号機……佐藤隆太郎  悪くはなかったと思うのだが、際立った動きかというと微妙か、と。 71号機……藤原菜希  雰囲気はたしかに良かった。ただ、今日の時点ではスローよりダッシュのほうが力強かったような気が。トーナメントは3号艇。3カドやらないかなあ。 52号機……権藤俊光  同班の湯川浩司と同じくらいか、少し湯川に分があるように見えた。 18号機……篠崎元志  これは「○」が付きました。3本ともスローから発進して、出ていく雰囲気あり。しっかり合わせ切れば、元志らしい攻撃が可能と見える。 23号機……山田祐也  先述のとおり、市橋との足合わせでは旋回系で分が良さそうだった。スタート練習は特に目立たず。直線系は上積みが必要か。 27号機……吉田凌太郎  スタート練習1本目は枠なりで、両脇の西島と笠原のほうがよさそうに見えたがどうか。 63号機……新田雄史  「○」こそ付けなかったものの、雰囲気は悪くない感じ。2本目のスローからの足が元志とも遜色ないように見えた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2018BOATRACEバトルトーナメント
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:16651
  • 累計のページビュー:40633821

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 住之江GP『前検を斬る!!』
  4. エース12号はホワイトシャーク!!
  5. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  6. GPトライアル最終戦ダイジェスト
  7. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ優勝戦 私的回顧
  9. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  10. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss