BOAT RACE ビッグレース現場レポート

シリーズ優勝戦 私的回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

枠なりからの激闘

11Rシリーズ優勝戦 ①竹井奈美(福岡) 28 ②中谷朋子(兵庫) 25 ③廣中智紗衣(東京)20 ④鈴木成美(静岡) 13 ⑤谷川里江(愛知) 26 ⑥日高逸子(福岡) 25

 わ……わくなりぃっ!!!???  ピットアウトからの数十秒を凝視していた私は、その場でのけ反った。朝のスタート特訓から谷川がインに居座るわ、日高が3コースの80m起こしを誇示するわ、「何かが起こるでしょう」(by深川真二)的な空気が充満していた。間違いなく、枠なりにはならないと確信していた。スタート展示の枠なり3対3を見ても、「いやいやそんなそんな、谷川さん日高さん、本当にお茶目なんだからぁ」程度にか思っていなかったのだ。  が、本番はまごうことなき枠なり3対3。逸子ママは前付けに動こうとしたが、里江姐さんがしっかりブロックした格好だ。それでも、グレートマザーは強引すぎるくらいゴリゴリに攻めると思っていたのだが……もちろん、それは批難すべき出来事ではなく、戦前に「ただ動くだけでは意味がないので、舟券に絡めそうな位置を確保します」と言った逸子ママの“位置”のひとつが6コースだったのだろう。つまり、勝ち負けはともかくして、今日の機力(特にストレート)に自信があったのだ。  勝手な妄想が弾け飛んだ私は、のけ反りながら「こうなると楽インから竹井のイン逃げ圧勝かな」と思っていた。私だけでなく、多くのファンがそう思ったはずだ。

 だかしかし、ボートレースはわからない。枠なり3対3から、想像をはるかに超える大激闘が生まれたのだ。仕掛け人は4カドの鈴木。スロー3艇が控えめなスタートだった中、鈴木はコンマ13のトップスタートから一気に絞めはじめた。その猛アタックに、まずはカド受けの廣中が舳先半分で抵抗した。抵抗しながら一緒に絞め込むと、今度は2コースの中谷が舳先半分で抵抗し、そのままジカまくりを狙いに行った。

 たまらないのはインの竹井だ。ただでさえ窮屈なインコースに1段2段3段ロケットがいっぺんに襲い掛かったのである。もちろん竹井も身体を張って抵抗し、4艇が玉突き状態で1マークに殺到した。そんな熾烈な局地戦を制したのは、力強く舳先を突き出した廣中だった。名付けるなら、「まくられブロック2段まくり」。  廣中に先を越された鈴木はすぐに差しハンドルに切り替えたが、廣中のまくりに届くだけのスピードはなかった。そして、3艇に外から蹂躙された大本命の竹井は、舟券の圏外までぶっ飛んでいた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017クイーンズクライマックス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2463
  • 累計のページビュー:40652494

(01月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 住之江GP『前検を斬る!!』
  4. エース12号はホワイトシャーク!!
  5. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  6. GPトライアル最終戦ダイジェスト
  7. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ優勝戦 私的回顧
  9. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  10. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss