BOAT RACE ビッグレース現場レポート

住之江グランプリ優勝戦 私的回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンドからの死闘

12R 進入順 ①桐生順平(埼玉)16 ③峰 竜太(佐賀)19 ⑥菊地孝平(静岡)13 ②井口佳典(三重)30 ④石野貴之(大阪)31 ⑤毒島 誠(群馬)31

 桐生順平が2017年のボート界の頂点に立った。おめでとう!   このレースも私はスタンドの2マーク寄りに立っていた。前付けに動きそうな、あの男を見たかったから。ファンファーレの前から凄まじい歓声。住之江のこのスポットはピットに手が届きそうなほど近いから、選手たちへの思いがまんま叫び声となってスタンドに轟く。もちろん、その声の多くは「イシノ」という単語だった。  ファンファーレとともに、ボルテージが一気に上がる。 「頼むぞ、頑張れ、イシノーーーッ!!」  若者が叫んでから、こう付け加えた。 「その前に、とりあえずキック、頑張れーー!」  菊地が激しく動けば、それに比例して石野のチャンスも増幅する。そう考えているに違いない。その期待に応えるように、菊地が動いた。抵抗する毒島の外からグンと加速してゆく。同時に、2号艇の井口の舳先がスッとその争いから退いた。

 菊地を入れてのダッシュ戦法。  そうと知った観衆は、蜂を突いたような大騒ぎだ。 「やった、やった、やると思ったっ!!」  誰かが叫ぶ。 「よっしゃ、それでええっ!!」  先刻、石野と菊地にエールを送った若者も絶叫する。並びは136/245。今節、もっともスリットから激しく攻めたてている井口10号機の4カド。その井口が昨日までと同じように攻めたら、外からマークする石野にも一撃マーク差しの展開が生まれる。  一方、私はズンズン前へ進んでいくスロー勢、特に緑色のカポックを凝視していた。今日の菊地ならロケットスタートから井口を止めて、そのまままくりきれる。そう思いながら……。

 12秒針が回ってダッシュ3艇が動き、間もなくスロー勢も発進した。2マーク寄りの観戦は待機行動を堪能できるが、ここから先は肉眼ではわかりにくい。私の視線は大型モニターへと移ったのだが、すぐに妙な違和感を抱いた。  ダッシュ勢が、遅い!  スリットラインでそれは明確なものになる。スタートは上記の通り。外3艇は完全にタイミングを逸した。直前に気圧が極端に下がったせいなのか、井口が起こしのタイミングを踏み違えたのか。そして石野と毒島は、井口との連動を意識し過ぎたのか……とにかく、これだけの大差があっては井口10号機でも先攻めは不可能だ。内3艇に絞られた1マーク争奪戦で、まずはスッと伸びたのが3コースの菊地だった。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017グランプリ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:16651
  • 累計のページビュー:40633821

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 住之江GP『前検を斬る!!』
  4. エース12号はホワイトシャーク!!
  5. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  6. GPトライアル最終戦ダイジェスト
  7. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ優勝戦 私的回顧
  9. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  10. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss