BOAT RACE ビッグレース現場レポート

平和島ダービー『前検を斬る!!』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 平和島ダービーの前検が終わりました。まずは、気になって仕方がない10号機vs19号機の新旧エースモーター鑑定なのですが……私の見立てはちょっぴり意外だったかも?

★篠崎仁志=10号機

 うーーーん、悪くはなかった、です。お約束の兄貴との足合わせでは、内からくるりと回って2艇身先行。上体を起こしたまま外の兄が追いつくのを待って、そのまま並走という余裕たっぷりの兄弟マッチでした。が、肝心のスタート練習で、期待したほどのパンチ力が感じられなかった。3本ともに「やや強め」という行き足で、前々節の新良一規の凄まじい加速とは別物に見えましたね。平和島の一般戦を常に定置定点でチェックしている元SGレーサーも「行き足が落ちてるな、前節の後半からちょっとおかしくなってるな」と辛口の評価だった。回り足も含めてトータルでは上位級だと思うのだが、このスタート練習ではS評価は付けにくい。Aランクで明日からの実戦を見つめていきたい。

★魚谷智之=19号機

 人気急上昇の10号機と比べると「落ちぶれたスター歌手」みたいな評価になってしまった19号機。が、スタート練習の気配はかなりのものでした! スローでもダッシュでもスリット付近で軽快に加速し、半艇身~1艇身は抜けていた。全盛期には及ばずとも、こんだけ行き足が良ければ1マークまでに主導権を握れます。前節の向井田で上向いたように見えたのは、やはり錯覚ではなかった? あるいは、魚谷が何らかの調整をしてかつての歌声を取り戻したか。とにかく、スタート練習に限っては仁志10号機よりもパンチが利いているように見えました。迷わず抜群レベルのS級に指名しておきます。

 以上、わずかながら明暗が分かれたツートップでしたが、魚谷19号機よりもさらにゴキゲンに見えたパワーも出現しました!

SS級(節イチ候補)

★深川真二=58号機

 まさか、この58号機がツートップを抑えてSSになるとは!? 元より素性のいいモーターではありますが、私の評価は「回り足抜群」で出足系統寄りと見ていました。が、スタート練習ではスリット付近の破壊力が抜群。特にスローから同じような起こしタイミングでギュイーーーンと他艇を置き去りにした。また、インからの伸び返しも凄まじいものがありました。先の若松メモリアルでは伸び型の銘柄モーターを引いて苦戦した深川ですが、こちらは出足系統も強いので前付けからの先制パンチも可能です。この強力なパートナーとともに、「SGに近い男の悲願制覇ブーム」の流れに乗っかるかも??

S級(抜群候補)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017ボートレースダービー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:16651
  • 累計のページビュー:40633821

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 住之江GP『前検を斬る!!』
  4. エース12号はホワイトシャーク!!
  5. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  6. GPトライアル最終戦ダイジェスト
  7. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ優勝戦 私的回顧
  9. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  10. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss