BOAT RACE ビッグレース現場レポート

若松メモリアル 準優ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

「打倒・寺田」宣言

9R ①白井英治(山口)07 ②森高一真(香川)08 ③湯川浩司(大阪)10 ④茅原悠紀(岡山)08 ⑤篠崎元志(福岡)08 ⑥桐生順平(埼玉)07

 準優のレースとして書くべきは、スタートから1マークの出口まで。スリット隊形は御覧の通りの美しすぎるほぼ横一線。こうなると、パワー相場も含めてイン白井が断然有利だ。自慢の行き足でぬかりなくじわじわと舳先を伸ばし、くるりと回って独走態勢だ。焦点は2着争い。この隊形だからして、まずは2、3コースの銀河系が攻める。3日目に意表の2コースツケマイを決めた森高は、今日はすんなりの差し回り。その外から同期の湯川がツケマイ気味に襲い掛かったが、白井の艇尾を掠める形で真横に流れた。

 もっとも惜しかったのは5コース元志の全速アタックだ。「内の動きを見てからでは間に合わない」と判断したであろう元志は、湯川と同じくらいのタイミングで握っていた。で、2コース差し森高と二番差し茅原のど真ん中に舳先を突っ込もうとしたが、そこに1艇が突き抜けるだけの幅員はなく、森高に乗り上げるような形で万事休した。初動といいその後のスピードといい、もう数十センチの間隙があれば森高を捉えきっていただろう。自力で攻めた湯川、元志が不発に終わり、バック中間で白井と森高が後続を一気に突き放した。その後は3着争いが熾烈だったが、準優ダイジェストとしては言及する必要はないだろう。

1着・白井、2着・森高。  白井54号機は2連率20%台モーターだが、前検で指摘した通りそんなレベルのパワーではない。特に起こしからの加速感と行き足へ通ずるツナギの部分が優秀で、「スタートが決めやすく、スローからでも力強く伸び返してゆく」という特長がある。インコースでは必勝パワーだし、2、3コースでも1マークまでに主導権を握りやすいパワーだと思う。ただ、白井本人が「節ニの足」と認めたように、立ちはだかる同県の敵がそれを上回ってはいるのだが……。レース後の共同記者会見で「寺田君に勝てるのは僕しかいない」と言ったセリフが胸に響いた。  森高20号機も2連率30%の低調機だったのだが、こちらも出足~行き足を中心に安定したパワーほ披露している。私の見立ては「全部の足がちょっとずついい中堅上位」で、横一線の4カドからスリット一気に抜け出すパンチ力はない。自力Vよりも内の平本にしっかりくっつき、白井または平本のパワー駆けに乗じて展開を突けば大穴男の本領発揮となるかも??

不気味すぎる28号

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017ボートレースメモリアル
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:51338
  • 累計のページビュー:35517605

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss