BOAT RACE ビッグレース現場レポート

若松メモリアルTOPICS 3日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランケン2号

 明日以降は書く余裕がないと思うので、今のうちに書いておこう。赤岩善生。前検からの4日間は、「忙殺」という言葉が相応しい。「報われぬ忙殺」と呼ぶべきか。まず、初日1Rの前に電気一式とクランクシャフト(前検のときに換えたはずだ)を換えたものの、ズブズブの6着大敗。整備巧者と呼ばれるレーサーはいっぺんに多くの部品を換えず、ひとつふたつ単位で換えて走りながら「どこが悪いのか」を探り当てると言う。Aに換えてもダメならB、Bを換えてもダメならC……という要領で、“容疑者”の範囲を狭めていく。今節の赤岩がまさにそれだろう。

 電気一式、クランクシャフトで当たりを見いだせなかった赤岩は、初日の1Rが終わってすぐにシリンダーケースとキャリアボデーを交換した。だが、6Rの結果はズルズルの6着惨敗。明らかに足色はワーストのまま。これで“4人”の容疑者がリストから消えた。整備の名探偵・赤岩が次に着手したのはピストン2個だった。が、2日目1Rはまたしてもドロドロの6着完敗。もう、5種類の部品を換えた時点で赤岩の2号機はほぼほぼ別物のモーターである。人造人間である。そして、これだけ大手術をしてもまったくパワーアップの気配はなし。もはや、万策尽きたか……。  とんでもなかった。今日の1Rの直前情報を聞いて、ぶったまげた。 ――ピストン2個・リング4本・シリンダーケース・キャリアボデー!!??  まさに、最後の切り札か。ピストン×リング×シリンダーケースはいわゆる「セット交換」で、前年度のどれかしらのモーターのセットをそっくり移植したと思われる。2度目のキャリアボデーは前の物に戻したか、別の物に換えたのか。フランケンシュタイン2号機。嗚呼、それでも1Rの赤岩2号機はインの起こしからまったく出足が利かず、2コースの今村豊に簡単にまくられた。ボコボコの6着大惨敗。

 続く6R、さすがに部品交換ラッシュは途切れたが、何かしらの調整をしたであろう赤岩はやはり見せ場すら作れず5着に敗れた。2マークで毒島誠に突っ込んでの5着(減点7点)だから、実質6着に近い。整備という整備をやり尽くしての66665着……もう一度、赤岩が手掛けた大部品を時系列で羅列しておこう。 ――電気一式、クランクシャフト、シリンダーケース、キャリアボデー、ピストン2、ピストン2、ピストンリング4、シリンダーケース、キャリアボデー。  書いているだけで目眩が起きそうなのだから、実際に整備し続けた赤岩はどれほど忙しかっただろう。そして、まだ“犯人”を特定できない悔しさはどれほどだろう。

 10R頃、ピットから戻ってきた黒須田が興味深げに言った。 「赤岩、また整備してましたよ。もはや僕には何をどうしてるのかさっぱりわかりませんけど。とにかく、やってました」  うーーん、まいった。F2持ちの身の上で、もうV戦線とは無縁の成績なのに、さらなる深遠な微調整に埋没しているのだろう。今日の1R1号艇で赤岩が大敗してから、6R5号艇の頭オッズが何倍にも跳ね上がった。300~500倍前後だったのが、直前には真っ黄色(1000倍以上)に染まっていた。ついに、ファンも今節の赤岩を見限りはじめた。が、こうなってからの赤岩が、実はメチャクチャ怖いのだ。明日以降も間違いなく整備をやり続けるから。もちろん、このまま犯人を特定できずに“時効”を迎える可能性は低くない。それくらい、2号機はどうかしている。だがしかし、無類の整備巧者は己のプライドに賭けても戦い続けるはずだ。明日以降、いくら6という数字が並んでも、絶対に軽視してはならない、とお伝えしておく。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017ボートレースメモリアル
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

若松メモリアルTOPICS 3日目

ご指摘ありがとうございます、三本松高校に修正させていただきました!

若松メモリアルTOPICS 3日目

細かいことかもしれませんが
森高選手の母校は「三本木」ではなく
「三本松」高校です。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:153071
  • 累計のページビュー:37056843

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss