BOAT RACE ビッグレース現場レポート

津マスターズ優勝戦 私的回顧

このエントリーをはてなブックマークに追加

地味な大天才

12R優勝戦 ①今村 豊(山口) 11 ②江口晃生(群馬) 19 ③大場 敏(静岡) 22 ④三角哲男(東京) 13 ⑤野長瀬正孝(静岡)24 ⑥渡邉睦広(東京) 17

 強かった。その一語しかない。  今村が勝つであろうことは、昨日の準優が終わった段階で確信にも似た予感を抱いていた。が、レースは完璧な予測などできない生命体だ。打倒・今村に燃える江口が優出インタビューで闘争心を剥き出しにし、直前のスタート練習でも1本目は今村より2艇身ほど前に出てみたり、2本目はしばらく今村の真後ろにいて「こっからインに入ろうかな」みたいな仕草をしたり、陽動作戦とも思える動きを見せた。  また、「名前は3カドでも今日は4カド」と言ってファンを笑わせた三角は、チルトを0・5度に跳ねてカド戦の破壊力を増幅させた。5コース想定の野長瀬は、その動きを察知してマーク差しができる仕上がりを目指していた。誰もが、大本命の今村を脅かすために、できうる準備をしていた。

 そして、レース本番。インの今村に冷や汗をかかせたのは、三角だった。跳ねたチルトが物を言って、スリットからぴったり1艇身ほど抜け出した。勢い、握りっぱなしで内2艇を叩き、今村の外もぶん回す。並のイン選手なら一撃で引き波に呑まれるほどの豪快な4カドまくりだった。  が、すべての足をほぼ完ぺきに仕上げたミスターには届かない。パワーだけでなく、今日も今村のスタートは絶品だった。優勝インタビューで「これぞ今村豊スタートです」(起こしからフルッ被りレバー握りっぱなしでスリットを通過するスタイル)と自画自賛したスタート力が、三角の猛攻をシャットアウトする大きな一因でもあっただろう。  ターンの出口、三角マークを決め込んでいた野長瀬が全速の差しハンドルをぶち込んだが、これも届かない。バック直線、仕上げきった24号機がそれらの猛攻を振りきってシュッと突き抜けたとき、2年ぶり3度目の優勝が確実なものになった。もちろん、3度目の優勝は歴代新記録。「ミスターマスター」では語呂が悪すぎるので、将棋の「永世名人」にちなんで「永世マスター」と勝手に呼ばせてもらおう。

 継続の人。  今節、今村を見ていてこんな言葉が浮かんだ。いままで「プリンス」「艇界のエポックメイカー」「天才」「新レジェンド」そして「ミスターボートレース」などなど、ド派手なニックネームを多数保持する今村だが、その根底にあるものは地味な「継続」という言葉ではないか。そんなことを思った。かつて、今村自身がインタビューで語ったセリフも思い出した。 「みんな天才天才って簡単に言うけど、生まれたときからの天才なんていないと思ってます。僕は強くなりたくて、同じことを何度も何度も地道に繰り返してここまできた。僕の好きな言葉は『努力』。天才って呼ばれる人はみんな他の人以上の努力をしてるんじゃないですかね」  確か、そんなセリフだった。「継続の人」という言葉とこのセリフを思い出したのは、記者席に日々配られる「体重履歴一覧表」をつらつら眺めていたときだ。今日までのミスターの体重をここに列挙しておこう。 前検日50・8kg 初日 50・8kg 2日目50・8kg 3日目50・8kg 4日目50・8kg 5日目50・9kg 6日目50・7kg  毎日、ほぼ同じ。しかも制限体重の51キロよりも少しでも軽く、だがしかし調整重量の対象(50・4キロ)にならないギリギリ中間の体重を常に維持し続けてきた。思い起こせば、今村豊の体重はいつもほとんど制限体重ジャストだ(松井繁も)。 「やっぱ、すげえな」  この数字を見ながら私は呟いたのだが、考えてみれば、今村豊という男はいつだってなんだってこんな塩梅なのだ。モーターが噴いても噴かなくても誰よりも水面に出て誰よりも足合わせを重ね、スタート特訓は皆勤賞で「こんな大事な練習に出ないヤツの気が知れない」と眉間に皺を寄せ、スタートの起こしはスローのターンマーク起こしを理想としてそのスタイルを長きに渡って続け、スリットでわずかでも覗けば絶対に差さずに握って内を攻める。同じことを飽きずに繰り返すことで、最善の結果を出してゆく。「継続の人」。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2014マスターズチャンピオン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:37955471

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss