BOAT RACE ビッグレース現場レポート

大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

地味な超抜

10R ①森高一真(香川)08 ②魚谷智之(兵庫)12 ③丸岡正典(大阪)10 ④菊地孝平(静岡)01 ⑤篠崎仁志(福岡)01 ⑥平本真之(愛知)01

「456のアウトセットかっ??」と思わせる悶絶スリット。タイミングは上記の通りで、これでダッシュ勢が全速だったら一気に内3艇を呑み込んだか。が、スリットの直前で菊地のスピードが一気に落ちた。おそらくアジャスト。デジタル頭脳によってFの危機は回避されたが、同時に内のスロー勢が息を吹き返した。森高がしっかりと1マークを先制し、魚谷が差し、丸岡が全速マイ。  大村の準優らしい3艇の堅い決着か、と思ったところに、スパンッと黄色い矢が飛んできた。仁志のスピーディなまくり差し。岡崎や毒島、茅原などでお馴染みの「見る前に飛ぶ全速ニュージェネまくり差し」。これがあるから、彼らからは目が離せない。一瞬、仁志の舳先が逃げる森高を捕えた。もうひと伸びあれば両者の体は入れ替わっただろう。が、そこから伸びたのは外の森高だった。森高の足は派手ではないがストレート系が何気に強い。その差が、はっきりと見て取れるバック中間だった。

 1着・森高、2着・仁志。  地味だけれど何気にストレートが強い53号機とともに、明日の森高は2度目のチャレカ制覇と“初めての”グランプリ参戦を目指す。GPが12人制だった3年前は僅差で齊藤仁にその座を譲ったが、明日は文句なしにそれが決まる。  仁志は敗れはしたがSG初優出。こちらは優勝すれば嬉しい初タイトルに加え、兄を飛び越し王者を蹴落としてのTOP6=GPトライアル2nd入りが確定する。兄の背中を追って、この若者は日々年々強くなっている。

Vのフラグ

11R ①石野貴之(大阪)15 ②重成一人(香川)12 ③坪井康晴(静岡)13 ④井口佳典(三重)15 ⑤岡崎恭裕(福岡)16 ⑥谷村一哉(山口)15

 強い。スリットはぴったりの1艇身。しかも、舳先が真一文字に並ぶような横一線。持ってる男は、スリット隊形すらも己に優位にしてしまうのか。そのまま6艇は並走し、誰も仕掛けられないうちに石野はくるりと1マークを回った。回った瞬間、3艇身差。もう揺るがない。前検で前宣言通りにエース44号機をゲット、昨日はあれよあれよと準優1号艇圏内に浮上、そしてこの一連のレースの流れ……まだファイナルの艇番がわからない状態で「石野Vのフラグが立ったのではないか」などと考えていた。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016チャレンジカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2331
  • 累計のページビュー:33553504

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss