BOAT RACE ビッグレース現場レポート

鳴門オーシャン 準優ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

伸びーーる1号艇

10R ①丸岡正典(大阪) 07 ②池田浩二(愛知) 05 ③寺田 祥(山口) 02 ④下條雄太郎(長崎)07 ⑤篠崎元志(福岡) 10 ⑥坪井康晴(静岡) 08

 寺田祥が颯爽と舳先を翻した瞬間、超超満員の鳴門スタンドがドッと沸いた。渾身の勝負手だ。丸岡の頭から買っている私も、ギャッと叫ぶ。予想で「寺ショーが3カドゼロ台全速でもしない限り、丸岡をまくりきるだけのパワーは見当たりません」などと書いたが、マジで艇を引くとは思っていなかった。寺田はスタートも踏み込んだ。コンマ02!! 全速だったかどうかはともかく、今日の寺ショーは実に男前だった。

 だがしかし、その渾身の勝負手は丸岡には届かない。内の池田がやんわりと艇を寄せて3カドの勢いを消し、それから俊敏な差しハンドルを入れた。なんという老獪なターン。やや気勢を削がれた寺田の握りマイは、丸岡に弾かれる形で外に流れた。あとは、逃げる丸岡と差した池田の一騎打ち。バック直線の伸び比べは、明らかに丸岡が強かった。2マークの手前で3艇身近い大差となり、それで1、2着の順位もほぼ確定した。 1着・丸岡、2着・池田。  今日のバック直線を見てわかるように、ストレート系は雲泥の差だった。前検トップ時計の勢いそのままに、丸岡の伸びは強烈の一語。前検を見て「やや後伸びかも」と記したが、今日はスリットからの行き足も強めだった。ただ、「行き足より伸び寄り」という私の評価は変わっておらず、たとえば80m起こしなどの深いイン戦になった場合は不安が残る。しっかり助走距離をキープしてスリットを通過できれば、その後の伸び返しは文句なし。もちろん、明日の丸ちゃんがさらに手前に寄せる整備をする可能性もあり、そのあたりはしっかりチェックしておきたい。

 池田の足は、ぴったり中堅上位か。悪くはないが、突き抜けるほどではない。このやや平凡な足でファイナルまで上り詰めたのは、「さすが!」と絶賛するしかない。昨日はスタート勝負で石野を封じ、今日は曲線的な差しハンドルで3カドの勢いを封じた。玄人をうならせるような渋い勝負手の連発。ただ、スリット同体の4カドから自力でまくりきるだけの伸びはない。明日はそこを求めて調整するか、逆に回り足などの出足系を強化して他力Vを狙うか。ストレート系には限界がありそうで、私は後者を選択するような気がするな。3号艇が、「あの選手」だから。

節イチと凡機

11R ①井口佳典(三重)25 ②辻 栄蔵(広島)22 ③毒島 誠(群馬)18 ④中野次郎(東京)15 ⑤石野貴之(大阪)14 ⑥篠崎仁志(福岡)15

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016オーシャンカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2331
  • 累計のページビュー:33553504

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss